美容・健康

東京大学とプレミア・ウェルネスサイエンスがスキンケアに特化した独自の歯髄由来幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」の開発・実用化に成功

PWS
~ヒトでの有用性実証およびスキンケアに有用な新たな因子を同定~


プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:細山 紳ニ、以下「プレミア・ウェルネスサイエンス」) と、国立大学法人東京大学(総長:藤井 輝夫、以下「東京大学」)は、2021年3月22日より開始した共同研究「間葉系幹細胞(※1)培養上清液(※2)を用いた新規機能性素材の開発及び製品実用化」の成果の第一弾として、スキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」の開発・実用化に成功しましたのでお知らせいたします。





1. 共同研究・開発の背景
 再生医療領域では細胞治療が注目を浴びております。細胞治療ではこれまで幹細胞が注目されてきましたが、近年は細胞ではなく、細胞から分泌される成分を含んだ培地、「幹細胞培養上清液」の有用性が発見され、幹細胞を移植する治療と同等の効果が期待できることが分かってまいりました。
 そのような背景から、医療だけでなく、アンチエイジングなど様々な分野への活用が期待されております。一方で、透明性の高いトレーサビリティ、複数の安全性実証、培地中有効成分の科学的検証、ヒトでの効果実証など、実用化に向けては多くの課題がございました。これらの課題を解決すべく東京大学と共同研究を行い、その成果の第一弾として、スキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」の開発・実用化に成功しました。

2. 歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」とは
 ENGY ステムSはヒト成人歯髄由来の幹細胞培養上清液です。歯髄は、脂肪や骨髄など他の間葉系由来幹細胞培養上清液と比較検証し、成長因子をより豊富に含んでいたため、体内の細胞を活性化させる効果を期待して選定しました。さらに、研究過程で東京大学オリジナル培養法を開発し、スキンケアに有用な成分(タンパク質、エクソソーム(※4))を豊富に含んだ独自の幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」を開発しました(図1)。
 また、品質についても、東京大学医学部附属病院との連携によるドナー管理、トレーサビリティにより、市場に提供できる品質を確保いたしました。さらにこれまでほとんど実施されていなかった幹細胞培養上清液中の全タンパク質同定を行い、スキンケアに有用な因子の同定に成功しております。






図1
ENGYステムSの優位性:脂肪由来幹細胞培養液との比較
n=5, mean±SD, student t-test, *<0.05


3. 本研究成果に基づく実用製品の開発
 本成果となる歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」は、プレミア・ウェルネスサイエンスから今秋ローンチ予定となっている新ブランドへ実用化される見通しです。

4. 両者の概要
■ プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社(Premier Wellness Science Co.,Ltd.)



■ 国立大学法人東京大学(The University of Tokyo)




5. 本リリースに関する取材・お問い合わせ先





6. 本リリースについて
 ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

※1 幹細胞:体を作る細胞(体細胞)の大元となる細胞。部位や臓器別に種類があり、脂肪、臍帯、皮膚などそれぞれ存在している。ケガ、病気、老化などで損なわれた細胞を修復、補う機能があるといわれる特殊な細胞。

※2 幹細胞培養上清液:幹細胞を培養する際に分泌される有用因子を含んだ培地(上澄み液)

※3 歯髄:歯の神経

※4 エクソソーム:細胞同士が連絡(コミュニケーション)する際に放出される、脂質で包まれたカプセル。中にmRNAやタンパク質を含んでおり、細胞間の情報伝達機能を持つ。近年幹細胞培養上清液の再生機能を司る要因として知られてきた。

※5 DIAプロテオーム解析:溶液中などに含まれるたんぱく質をすべて一括解析、同定することで、どのようなタンパク質が、どの程度の量含まれているかを分析する最先端の解析技術。癌などの医療研究やCovid-19研究でも多く利用されている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)