スポーツ・アウトドア 美容・健康

運動スポーツがもっと好きになる!野口研治トレーナーの「走り方教室」 夏休み開催は好評のうちに終了。

ITCテニススクール
テニス、サッカー、野球、様々なスポーツの上達につながるヒントがいっぱい!

 関西を中心に全19施設を運営するITCテニススクール(株式会社ITC 本社:兵庫県神戸市長田区、代表取締役:諏澤誠治)は、「野口研治トレーナーの走り方教室」夏休み開催を、好評のうちに終了いたしました。 かけっこ教室、陸上スポーツ指導・企画運営のスペシャリスト集団「T&F.net KOBE」代表 野口研治トレーナーによる、ITCテニススクールとのコラボレーション企画。 各会場、野口トレーナーといっしょに、運動能力を向上につながる楽しいトレーニングメニューに、みんなで汗を流しました。 |8月21日(日) スカイコート リラテニスクラブ (神戸市北区藤原台中町/078-982-4005) |8月27日(土) ITC神戸 インドアテニススクール (神戸市長田区若松町/078-642-1850)




■ 野口トレーナーといっしょにテニスコートを駆け抜けろ!
  スポーツの基本「走り」をバージョンアップ!


「野口研治トレーナーの走り方教室」夏休み開催は無事終了


走ることを楽しむ心や運動能力は、限られた子どもたちだけが持って生まれたものだと思っていませんか?

陸上スポーツ・企画のスペシャリスト集団 T&F.net KOBEの野口 研治トレーナーが、楽しく走ることを通じて、子どもが本来持っている力を最大限に引き出す、話題の「走り方教室」。

広くて安全なテニスコートを利用した、ITCとのコラボレーション企画は、いずれの開催も好評を博しています。

2022年の夏休み開催も、夏の日差しに負けず、野口トレーナーといっしょに、正しい身体のコントロール能力を身につけて運動能力を向上させることを目標に、夏空の下みんなで運動の楽しさを満喫しました。


子どもが本来持っている力を最大限に引き出す魔法のトレーニング


|8月21日(日) スカイコート リラテニスクラブ (神戸市北区藤原台中町/078-982-4005)
|8月27日(土) ITC神戸 インドアテニススクール (神戸市長田区若松町/078-642-1850)




■ キーワードは”コーディネーション”。
  自分の身体を自由自在に操れるようになろう。





無駄なく美しい走りのフォームを身に着けるには、まず自分の身体のコントロール能力を磨くことが大切。

ただ走りこむだけではない、子供の興味を引き付ける楽しいトレーニングを通じて、目と耳から周囲の情報を取り込み、身体で表現できることを目指します。

野口トレーナー独自の「スピードアップトレーニング」「コーディネーショントレーニング」を中心に行い、運動神経や体力アップなど、子どもたちの将来に向けての財産を作ることを目指し、元気いっぱい楽しいトレーニングは無事終了となりました。



主任講師 野口 研治(T&F.net KOBE代表)
競技暦20年以上。小学生指導暦10年以上。ドイツから帰国後は神戸FCとコラボし「スピード&コーディネーションクラブ」を設立しサッカー選手への指導もスタート。全国障害者スポーツ大会神戸市選手団陸上コーチなども務め、障がいの有無関係なく指導にあたる。2016年近畿・兵庫マスターズ100m・400mで優勝し2冠達成。2017年神戸市民大会30代の部11秒78で優勝。
資格
ライプチヒ大学公認コオーディネーショントレーナー/日本陸連公認ジュニアコーチ/SAQレベル1インストラクター/中級障害者スポーツ指導員/幼児体育指導員初級




新型コロナウィルス感染対策
プレー中の選手以外の、全員マスク徹底。観戦時の距離の確保、応援保護者の人数制限など、安全確保のための注意事項を、関係者全員で確認を行ったうえで、開催の運びとなりました。
皆様のご協力ありがとうございました。






■ スポーツを通じた身体と心の育成。
  ITCテニススクールがジュニアプログラムにかける想い。




走ることにはじまり、跳ぶ、止まる、ひねる、打つといった、多様な動作を要するテニスは、生涯にわたって役立つ基本的な運動技能を養うことができるスポーツとして、いま改めて注目されています。

緩急多彩なボールに反応する瞬発力、最後ま
でがんばれる持久力、広いコートであきらめずにひとりでやり通す精神力のほかにも、ラケットという道具を駆使することで、脳の発育を刺激し、ボールと相手を視ることで、眼の力が鍛えられるなど、とくに発育著しい子ども期に親しむ運動としては、たいへん優れたスポーツと言われています。




ITCテニススクールでは、一時的なテニス熱に流されず、常に、真剣な中での「楽しみ」、 楽しむ中での「真剣」を大切に、子どもの育成を続けてきました。
この世界中で親しまれるテニスというスポーツを、子どもの成長、個人差に合わせ、無理や負荷をおさえた楽しい遊びから指導をはじめます。


仲間づくり、 相手への敬意、 フェアな精神、 最後まであきらめない気持ちの強さ、 ルールを遵守してゲームを組み立てる知性を、遊びからスポーツに移る中で学んでいきます。


仲間やライバルたちと切磋琢磨し、競技としての勝つことの喜び、負けるくやしさを経験しながら、生涯親しめる競技能力を身につけることを目指します。また、テニスを通じて得た様々な経験は、きっとスポーツの場以外でも役立つ時が来ることでしょう。

私たちは、ひとつひとつステップを踏みながら、子どもたちの成長を保護者のみなさまとともに、見守っていきます。


「殻(カラ)を打ち破ろう」 ITCジュニアクラブ プログラム



■ ITCテニススクールからお客様への5つのお約束。


私たちITCは、 テニスのスキルだけを提供したいのではありません。
あいことばは ”ハートフル テニス コミュニケーション”(テニスであたたかいふれあいを!) 。

テニスのある暮らしで、健やかな人生をお送りするお手伝いをします。


たのしみながらうまくなることをお手伝いします
ITCテニススクールでは、常にテニスを愛する、たのしむというこころを、上達の土台にして、レッスンや施設運営に工夫を重ねています。
おひとりおひとりの体力や目的に合わせたレッスンをします
テニスのたのしみ方は人それぞれ。健康維持や、なかまづくり、大会へのチャレンジ。誰もがご自分の目標に向かって、マイペースで継続できる環境を提供し、サポートします。
利用者の皆様、地域の皆様とあたたかいこころの交流をします
私たちはあの阪神淡路大震災を経験し、地域社会での役割、つながりの大切さを深くこころに刻みました。今後もこの経験を胸に、スポーツイベントやトライやる活動、指定事業者制度などを通じ、地域社会に貢献します。
テニスをお教えするだけでなく、チャレンジする姿勢や思いやるこころを育むことをサポートします
「さあ殻(カラ)を打ち破ろう!」それがITCテニススクール・ジュニアクラブのメインテーマ。テニスを通じて、挑戦するこころ、感謝や礼儀、フェアな精神、なかまを思いやるこころを育みます。また公益社団法人マナーキッズプロジェクト兵庫支部として、その活動を推進します。
テニスや運動を生涯たのしんでいただけるようにサポートします
テニスは生涯スポーツ。ずっとたのしみたいからこそ、からだに無理な負担がないよう、最新の運動理論をとり入れながら、レッスンを行います。またシニアやキッズが一緒にたのしめる”イージーテニス”や、”コアフィールド トレーニング”をとリ入れています。






■ イベント概要

□ タイトル: 「夏休み生活、ずっとお家ばっかりになっていませんか?野口研治トレーナーの「走り方教室」今年も元気に募集開始!」

□ 協力: T&F.net KOBE

□ 会場・日時 【いずれも好評のうちに終了しました。】
|8月21日(日)  スカイコート リラテニスクラブ(神戸市北区藤原台中町/078-982-4005)
|8月27日(土)  ITC神戸 インドアテニススクール(神戸市長田区若松町/078-642-1850)
(※8月20日 ITCユニバー神戸テニス倶楽部 は諸事情のため開催見送りとなりました。)



【感染予防・熱中症対策】安心・安全の心得は、ホームページからもご確認いただけます。
https://www.i-tennis.co.jp/go_out
https://www.i-tennis.co.jp/heatillness

(イラスト素材:freepik)

==================================
■ 株式会社ITC
" Heartful Tennis Communication "
テニスであたたかいふれあいを!
https://www.i-tennis.co.jp
https://www.facebook.com/tennis.ITC
https://www.instagram.com/tennis.itc
https://goo.gl/yyoDFs
[New!]
https://www.tiktok.com/@tennis.itc
https://www.tiktok.com/@softtennis.itc

〒653-0038
兵庫県神戸市長田区若松町2-1-3
営業時間 09:00~18:00
定休日 毎週 土・日曜日
TEL 078-642-3092
FAX 078-642-1874
==================================

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)