その他 医療・医薬・福祉

一般社団法人 日本ウェルリビング推進機構 9月29日に設立キックオフシンポジウムをオンライン開催

一般社団法人日本ウェルリビング推進機構
~テーマは「ヘルスケア課題から読み解く人的資本経営」~

「一般社団法人 日本ウェルリビング推進機構」(以下、JWLF)は、2022年8月1日(月)に当法人を設立し、2022年9月29日(木)に、設立キックオフシンポジウムをオンラインにて開催します。 当法人は、「Well-living~よりよく生きる。よりよく変える~」を理念に、ダイバーシティ&インクルージョンの観点から、一人ひとりの“Well-living”をデザインするために、個人のみならず組織に向けた意識・行動変革の機会を創出します。



■キックオフシンポジウム「ヘルスケア課題から読み解く人的資本経営」
「女性活躍推進」における日本の課題、社会的背景を踏まえ、今、企業や団体に求められる「ヘルスケア課題から読み解く人的資本経営」をテーマとしたシンポジウムを9月29日にオンライン開催します。産婦人科医や行政機関、企業の担当者を招き、組織の成長に必要な女性の労働力や健康施策についての講演や、「従業員の意欲と能力を引き出すヘルスケア対策とは何か」についてのパネルディスカッションを行います。
また、JWLFの代表理事からは、法人設立に至った背景や、JWLFのプロジェクトへの参画を呼びかけます。
≪シンポジウム参加ご希望の方≫
以下の申込フォーマットよりお申込みいただけます▼
(URL)https://form.k3r.jp/goodandco/220929symposium

【開催概要】
テーマ   :「ヘルスケア課題から読み解く人的資本経営」
日時    :2022年9月29日(木) 13:00~14:30
開催形式  :オンライン配信(ZOOMウェビナー形式) 事前申込制・セミナー参加無料
申込み締切 :2022年9月29日(木) 10:00まで
申込方法  :以下の申込フォーマットよりお申込みください
   (URL)https://form.k3r.jp/goodandco/220929symposium
主催    :一般社団法人日本ウェルリビング推進機構
後援    :経済産業省(申請中)
登壇者   :株式会社あしたのチーム 代表取締役社長 CEO 赤羽 博行 氏
       経済産業省経済産業政策局経済社会政策室 室長 川村 美穂 氏
  一般社団法人FemTech Community Japan Founding Member 鈴木 智之 氏
  一般社団法人日本ウェルリビング推進機構 名誉会長 吉村 泰典 氏
プログラム :
    1) 代表挨拶 / 谷村 江美(代表理事)
    2) ビデオメッセージ
    3) 基調講演 「組織の成長に必要な女性の労働力を健康から考える」 / 吉村 泰典氏
    4) パネルディスカッション「従業員の意欲と能力を引き出すヘルスケア対策とは何か」
  モデレーター / 難波美智代(理事)
   パネリスト / 赤羽 博行 氏、川村 美穂 氏、鈴木 智之 氏、吉村 泰典 氏
    5) クロージングトーク 「人的資本経営に効く!8つの女性の健康施策」/ 谷村 江美(代表理事)
    6) 司会挨拶 / 難波 美智代(理事)

■一般社団法人 日本ウェルリビング推進機構 概要
名称: 一般社団法人日本ウェルリビング推進機構 (Japan Well-living Foundation)
設立日: 2022年8月1日
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目23番5号
代表理事: 谷村 江美(代表理事)
ウェブサイト:  http://jwlf.jp/

■日本ウェルリビング推進機構のVISION
 「Well-living~よりよく生きる。よりよく変える~」
そのためには、「ヘルスケア(心身の健康)」というテーマを個人だけに任せるのでなく、組織の意識・行動変容が欠かせません。
「女性活躍」の推進が社会の重要テーマになる中、当事者である女性自身は、“女性特有の心身の課題”を抱えながらキャリア設計をしなければならない現実があります。企業経営の観点では、女性の身体やホルモンの変化などへの理解を深めながら、従業員にとって価値ある健康経営を実現することが重要です。女性の“Well-Living(よりよく生きる)”をデザインするためのサポートが、エンゲージメントを高める上でも欠かせない時代に突入しています。
ヘルスケアを基軸とした、従業員ひとり一人に沿った“本質的なケア”の実践の環境デザインこそが、“強く、やさしい組織”を生み出し、企業のしなやかな持続可能的成長を促します。

■機構メンバープロフィール
名誉会長 吉村 泰典(よしむら やすのり)
1975年慶應義塾大学医学部卒。米国ペンシルバニア病院、ジョンズホプキンス大学等での勤務を経て、1995年慶應義塾大学医学部産婦人科教授に就任。2007年より日本産科婦人科学会理事長、2010年日本生殖医学会理事長、2011年日本産科婦人科内視鏡学会理事長、2013年内閣官房参与(少子化対策・子育て支援担当)等、婦人科領域の要職を歴任し、2014年慶應義塾大学名誉教授に就任する。

代表理事 谷村 江美(たにむら えみ)
一般社団法人日本ウェルリビング推進機代表理事。2021年株式会社グッドアンドカンパニー代表取締役社長に就任。“女性が自分自身のカラダについて正しく知り、学ぶきっかけづくり”の啓発を推進する女性活躍デザインプロジェクト「W society」のコアアイデアを着想。女性の心身的課題と社会的課題の両面から、女性一人ひとりの“Well-Living”をデザインする同プロジェクトの主宰としても活動中。

理事  難波 美智代(なんば みちよ)
一般社団法人シンクパール 代表理事、アンビデクストラス株式会社(女性からだ情報局)取締役、日本女性ウェルビーイング学会 副代表。金融機関人事部を経て、女性の人生を応援する「7doors」を29歳で起業。2009年子宮頸がん罹患をきっかけに、同年12月にNPO法人を設立。女性の健康教育と女性特有の疾患啓発を目指す「女性からだ会議(R)」ファウンダーとして、厚生労働省がん対策推進協議会委員、東京都健康教育推進協議会委員等、政府・地方自治体の有識者委員を歴任。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)