医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

9月「がん征圧月間」にあわせて展開する当社のアドボカシー活動について

武田薬品工業株式会社
―9月11日(日)に第3回「これからのがん医療とケア」シンポジウムを日本対がん協会らの後援を得て開催。 ―がん患者さんを支える方たち向けに、日々のサポートのヒントをまとめたノート「A compass for life with cancer(ご家族・大切な人ががんと診断されたら)」を制作、無料公開。


当社 日本オンコロジー事業部は、がん患者さんとご家族の皆様が医療関係者との適切な対話を通じて最良の治療やケアを選択いただくための環境整備を目指したアドボカシー活動を継続して行っています。毎年9月は、公益財団法人日本対がん協会(東京都中央区、垣添忠生会長)が定めた「がん征圧月間」です。当社は、昨年に続き今年もがん患者さんとご家族の心のケアをテーマとした無料オンラインシンポジウムを開催し、また、新たに制作したがん患者さんを日々サポートする方々向けにヒントをまとめたノートを無料公開します。

本年度9月「がん征圧月間」における当社の取り組み詳細
<「これからのがん医療とケア」オンラインシンポジウム 概要>
名称:第3回これからのがん医療とケア~患者さん・家族の心の健康と治療への向き合い方~
日時:2022年9月11日(日)午前10:00~11:30
主催:武田薬品工業株式会社
後援:厚生労働省、国立研究開発法人国立がん研究センター、公益財団法人日本対がん協会、公益財団法人がん研究会 有明病院、一般社団法人 日本サイコオンコロジー学会
対象:ご関心のある方であればどなたでも

登壇者
高橋都 先生(NPO法人日本がんサバイバーシップネットワーク代表理事)
清水研 先生(公益財団法人がん研究会 有明病院 腫瘍精神科部長)
品田雄市 氏(東京医科大学八王子医療センター 総合相談・支援センター 課長補佐 医療ソーシャルワーカー 社会福祉士)
櫻井 公恵 氏(NPO法人GISTERS 副理事長)

詳細・お申込み: https://cosmopr-events.jp/cancer-symp03/

<「A compass for life with cancer」概要>
がん患者さんとご家族に向けたノートをそれぞれ発行しています。がんと診断された方が気持ちを整理し治療に前向きに取り組んでいただけるように、がん患者さんを支える方が日々のサポートのヒントにしていただけるように、特定非営利活動法人キャンサーリボンズと共に作成しました。
o 『ご家族・大切な人ががんと診断されたら』(がん患者さんのご家族・周囲の方向け)
o 『自分らしい人生と治療のために』(がん患者さん向け)

今回新たに公開するがん患者さんのご家族・周囲の方対象の『ご家族・大切な人ががんと診断されたら』は、精神腫瘍医とがん看護専門看護師からの助言をもとに、がん患者さんとの関係づくりや支援に関するヒントを掲載しています。

本冊子の閲覧およびダウンロードはこちら
https://www.cancer-pedia.com/tell/care_tools/

当社は、引き続き、がん患者さんとご家族の気持ちに少しでも寄り添い課題解決につながるご支援ができるよう、患者支援団体や医療関係者の皆様のご協力のもと、アドボカシー活動を継続してまいります。

以上

<武田薬品について>
武田薬品工業株式会社(TSE:4502/NYSE:TAK)は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(治療手段)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。
詳細については、 https://www.takeda.com/jp/ をご覧ください。


本ニュースリリースのPDFダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=c-90178-2022090507-722f996dba26a7778533a761773d017b.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)