医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

『E-コンサル(R)』を提供するMediiが、日経メディカルにて連載開始

Medii
実際にE−コンサル内で行われた主治医と専門医の相談内容を紹介

株式会社Medii(東京都渋谷区、代表取締役医師:山田裕揮、以下Medii)は2022年8月より日経メディカルにて連載を開始いたしました。Mediiが提供する地域に分散・不足している専門知見を有する専門医と、専門医からアドバイスを受けたい医師を繋げる医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)』で実際に症例相談を行った事例が順次掲載されます。




『E-コンサル(R)』では全ての専門領域の専門医が主治医の先生へアドバイスを行っています。特に1対1でアドバイスを行うため、主治医が患者の状況を含めて、第一線で活躍する専門医に専門的かつ実臨床的な相談をできることが特徴です。

この度、日経メディカルで開始した連載記事は、『臨床のお悩み解決!専門医にE-コンサルをしてみたら』と題し、実際に相談があった事例の一部を紹介し、医師の方々にとって今後の診察に役立つ情報となっています。


*Medii連載記事


第1回 呼吸器内科医への相談「この特発性肺線維症、ステロイドを減量できる?」


https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cadetto/column/medii/202208/575885.html



第2回 感染症内科医への相談「予定脾摘患者のワクチン接種、何が必要?」


https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cadetto/column/medii/202209/576413.html


Mediiは、「どこにいても より良い医療を 全ての人に」をビジョンに掲げ、医師専用オンライン専門医相談サービス『 E-コンサル(R)』を通じて、どの地域にいても専門的な医療が提供できる社会の実現を目指し、専門医偏在問題の解消に努めてまいります。


■E-コンサル(R)とは
『E-コンサル(R)』は医師が院外や遠方の専門医に無料で1対1のコンサルを受けられるオンラインサービスです。診断が難しい症例や自身の専門外の症例を『Eコンサル(R)』上のチャット機能及びビデオ通話を通じて匿名で相談が可能です。
回答には全専門領域にわたり、各領域の医師にご推薦いただいた600名以上の専門医が協力しており、相談医からの内容に応じて、最適な専門医へシステム通知され、その内の1名とマッチングされます。地域偏在の課題が大きく知見が行き渡っていない免疫難病や希少疾患を中心に全ての専門領域を扱っています。
詳細:https://medii.jp/service/



■会社概要
Mediiは「専門医偏在問題の解決を目指す」ことをMissionとして、医師専用オンライン専門医相談サービスを運営するスタートアップ企業です。代表の山田は現役のリウマチ膠原病専門医であると同時に自身も免疫難病患者でもあり、医師と患者の双方向の視点で医療構造を仕組みから変えるためにMediiを創業しました。医師が少ないどんな地域に住んでいてもより良い医療を全ての人が受けられる世界を実現するため、多くの専門医の先生のご協力ご支援の元、特に課題の大きな希少難病を中心とした専門医知見をオンラインで拡げる事業を展開しています。

会社名:株式会社Medii
所在地:東京都渋谷区2丁目6-6 Good morning building by ANRI 201
設立 :2020年2月20日
資本金:100,000,000円
代表者:代表取締役医師 山田 裕揮
事業内容:オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)︎』の提供
URL :https://medii.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)