医療・医薬・福祉 美容・健康

【THE PREVENTION CLINIC TOKYO】iPS細胞バンキングサービス開始

株式会社ウェルメディカルグループ
THE PREVENTION CLINIC TOKYOでは、2022年9月よりiPS細胞バンキングサービスを開始しました。

ザ・ペニンシュラ東京4階に構えるVIP人間ドック「THE PREVENTION CLINIC TOKYO」では、将来のあらゆるリスクに備えるためiPS細胞バンキングサービスを始めました。


5つ星ホテルであるザ・ペニンシュラ東京4階に構える会員制VIP人間ドック「THE PREVENTION CLINIC TOKYO(ザプ リベンションクリニックトウキョウ)」では、「病気をみつける」こと以外に「病気の予兆とその原因」をみつけだし、 将来起こりえる病気を未然に防ぐための対策をご提案しております。 ハイスペックな機器を取り揃えた人間ドック施設。血液検査・画像診断においてはテクノロジーを駆使し専門医による的確なメディカルアドバイスを行います。5つ星ホテル内のラグジュアリーな空間と皇居に面したアクセス抜群の立地、プライバシーを十分に配慮したオペレーションでご案内いたします。
2022年9月、米国カリフォルニアに本社のあるI PEACE(アイピース)社との連携により、ザ・プリベンションクリニック東京において、iPS細胞バンキングが可能となりました。



iPS細胞とは


iPS細胞は、成熟した細胞を、多能性を持つ状態へ初期化した幹細胞です。2006年に日本の研究者により初めて生成され、ノーベル賞を受賞しました。

iPS細胞の特徴
1. 体のあらゆる種類の細胞から作製可能(当クリニックでは血液を使用)
2. 体の様々な組織や臓器(心臓/神経/皮膚等)の細胞に変化できる
3. 無限に増殖するので、必要な数の細胞を獲得できる



iPS細胞バンキングの特徴


将来の再生医療等への活用が期待されるiPS細胞をお客様の血液から作製し、保管するサービスです。
●将来の臨床応用に向けて
現在、様々な疾病にiPS細胞を使った治療を適用するための研究が進められています。自分のiPS細胞があれば、治療への適用が認められた際にスムーズに治療へと活用できると考えられます。
●いざという時の備え
iPS細胞の製造には時間がかかります。あらかじめiPS細胞がバンキングされていれば、時間との戦いとなる怪我や病気にタイムリーに活用ができ、いざというとき有効活用できる可能性が高まります。



iPS細胞バンキングの流れと価格


1.サービスのご案内・ご説明
2.同意書・契約書にサイン
3.採血・ウイルス検査
4.細胞製造開始
➄品質検査
6.保管

サービス費用:220万円(税別)+ 保管費用別



THE PREVENTION CLINIC 院長紹介




THE PREVENTION CLINIC TOKYO 院長 大亀浩久
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医、日本消化管学会胃腸科認定医、がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医。日本大学医学部医学科1992年卒業。日本大学医学部消化器外科、東松山市民病院外科医長、日本大学医学部消化器外科外来医長、津田沼中央総合病院外科医長、セレンクリニック東京院長などを歴任。

【THE PREVENTION CLINIC TOKYO】
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 4階
TEL 0120-090-263
対応時間:9:00-18:00 (休:日曜、月曜)
URL https://preventionclinic.tokyo/

交通アクセス
東京メトロ日比谷線・千代田線 都営三田線「日比谷駅」 A7出口
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」
JR「有楽町駅」 中央西口 徒歩約2分
東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」 C4出口 徒歩約3分
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)