美容・健康

先進皮膚研究から生まれた幹細胞培養エキス「ENGY ステムS」をコア成分とする新ブランド「Reinca(レインカ)」販売開始日のお知らせ

PWS

 プレミア・ウェルネスサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:細山 紳ニ、以下「PWS」)は、東京大学との共同研究(※1)成果として発表しておりました独自の歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」(※2)をコア成分とする新ブランド「Reinca(レインカ)」、以下「Reinca」の販売を、2022年9月21日(水)より開始いたします。



1. ブランド概要
 Reincaは " SKIN & SENCE サイエンスの力で、肌と感性の源に向きあう "をコンセプトに、先進皮膚研究から生まれた肌の細胞ケアと、身体感覚の心地よさを追求した五感ケアを提唱します。





細胞治療・再生医療の分野では、幹細胞が注目されてきましたが、近年は細胞ではなく、細胞から分泌される成分を含んだ培地「幹細胞培養上清液」の有用性が発見され、幹細胞を移植する治療と同等の効果が期待できることが分かってまいりました。
 そのような背景から、医療だけでなく、アンチエイジングなど様々な分野への活用が期待されております。
 一方で、透明性の高いトレーサビリティ、複数の安全性実証、培地中有効成分の科学的検証、ヒトでの効果実証など、実用化に向けては多くの課題がございました。これらの課題を解決すべく、PWSはこれまで、東京大学と共同研究を行い、当該研究成果としてスキンケアに特化した独自の歯髄幹細胞培養上清液「ENGY ステムS」の開発・実用化に成功しておりました。





2. 本リリースに関する取材・お問い合わせ先




3. 本リリースについて
 ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。


※1 東京大学との共同研究
 国立大学法人東京大学と、2021年3月22日より開始した共同研究「間葉系幹細胞培養上清液を用いた新規機能性素材の開発及び製品実用化」
https://p-wellnessscience.co.jp/info/info-149/

※2 ENGY ステムS
 国立大学法人東京大学と、2021年3月22日より開始した共同研究「間葉系幹細胞培養上清液を用いた新規機能性素材の開発及び製品実用化」の成果として開発・実用化に至った独自の歯髄幹細胞培養上清液をいう
https://p-wellnessscience.co.jp/info/20220902/

※3 DIAプロテオーム解析
 溶液中などに含まれるたんぱく質をすべて一括解析、同定すること。どのようなタンパク質が、どの程度の量含まれているかを分析する最先端の解析技術。癌などの医療研究やCovid-19研究でも多く利用されている
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)