医療・医薬・福祉 美容・健康

高血圧パラドクスの解消に向けた新サービス「高血圧イーメディカル」を支える専門医療チームを稼働

一般社団法人テレメディーズ
―最大の罹患人口を持つ高血圧診療におけるアンメットニーズを解消するため、高血圧オンライン診療の普及に向けた「高血圧イーメディカル」の医療部門を担う―

 一般社団法人テレメディーズ(代表理事 谷田部 淳一、所在地:東京都千代田区、以下:テレメディーズ)は、イーメディカルジャパン株式会社(以下:イーメディカルジャパン)が提供する「高血圧イーメディカル」の運営において協業することとなり、診療や患者サポートを実施する高血圧専門医療チームを組成して稼働を開始いたしましたのでお知らせいたします。テレメディーズは、イーメディカルジャパンと連携し、4,300万人という我が国において最大の罹患人口を持つ高血圧症でお困りの皆様のご要望に、デジタルを活用してお応えして参ります。


高血圧パラドクスとは?

(図:高血圧治療ガイドライン2019より引用)
 
 高血圧症は、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患による死亡の最大の原因であるとともに、健康寿命を棄損する第1の危険因子です。わが国では、140/90 mmHgを超える高血圧者の約半数が、無対応で放置していると考えられています。また、治療中であっても良好にコントロールされている割合は20%程度にすぎません。過去20年以上にわたり、家庭血圧計が広く普及し、有効な薬剤が次々と登場するなど、診断法や治療法が著しく進歩したにも関わらず、現在もこの状況は不変であるため、これを「高血圧パラドクス(逆説)」と呼び、世界的に警鐘を鳴らしています。

高血圧イーメディカルについて
 イーメディカルジャパンが提供を開始した「高血圧イーメディカル」は、1:初診から通院不要でオンラインで診療 2:高血圧に特化した専門医療集団 3:アプリと家庭血圧計を使った継続的なモニタリング を実現した新しいオンライン診療サービスです。

 テレメディーズが開発・運営する「テレメディーズ(R) BP(2019年度グッドデザイン賞受賞)」のノウハウを活用し、本サービスを拡大することで高血圧パラドクスの解消に挑みます。
テレメディーズ(R)BP(個人向け)は高血圧イーメディカルへ





 テレメディーズは、「高血圧イーメディカル」において、日本高血圧学会認定高血圧専門医、循環器病予防療養指導士などの資格を有する医師・医療従事者からなる専門チームを運用し、ユーザー様・患者様とのコミュニケーション、医療相談・オンライン受診勧奨の実施を担います。さらに、複数の医療機関と連携し、オンライン診療や適切なタイミングでの対面診療を提供いたします。

「高血圧イーメディカル」サービスの詳細や申し込みはWebサイトをご確認ください。
https://e-medicaljapan.co.jp/

イーメディカルジャパンについて
 イーメディカルジャパンは、「高血圧イーメディカル」の運営会社です。詳細につきましては、下記のプレスリリースをご参照ください。
https://katana-marketing.co.jp/news/detail_135.html

テレメディーズについて
 テレメディーズは、2018年の設立以降、高血圧症を中心に延べ数千回にわたってオンライン診療の実施支援を行ってきました。また、IoTを活用し、家庭からリアルタイムに血圧・体重・体温等のバイタルサインの送信を受け、モニタリング(見守り)を行うサービスを運用しています。今後も、高血圧パラドクスを解消し、高血圧を最大の原因とする心血管病の発症を減らすために有用な研究開発と実装を続けます。
 「デジタル医療やオンライン診療の活用により高血圧を克服する」というミッションを掲げ、大切な人と長く健やかにに過ごせる社会の実現に向けて活動して参ります。

【会社概要】
社名:一般社団法人テレメディーズ
設立:2018年5月17日(高血圧の日/国際高血圧デー)
所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
代表理事:谷田部 淳一
事業内容:高血圧オンライン診療支援事業、ヘルスプロモーション事業、ヘルスコンサルティング事業
URL:https://telemedease.org/

<本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人テレメディーズ
担当:大橋千秋
E-mail: info@telemedease.org 
TEL: 03-6869-6938

<「高血圧イーメディカル」のサービスや今後の展開についてのお問い合わせ>
イーメディカルジャパン株式会社
広報担当:久保田真也
E-mail: pr@katana-marketing.co.jp 
TEL: 080-2588-0972
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)