美容・健康 教育・資格・人材

【コロナ禍での経営】健康・美容・リラクゼーション業界の4割以上が“売上”が減って困っている!対策として行っていることとは

株式会社シーシーティー協会
6割以上の方が“今年を乗り切るための予算は100万円以上みている”と回答!

株式会社シーシーティー協会(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:飯間 百子)は、40歳以上の健康・美容・リラクゼーション業界に属する女性経営者・個人事業主を対象に、「健康・美容・リラクゼーション業界」に関する実態調査を実施しました。


美容師、エステティシャン、スポーツトレーナーなど、美や健康に関する職業は、多くの人を笑顔にします。
自分の腕一本で食べていきたい、人の役に立ちたい、技術を身につけたい、といった思いを持った方にはピッタリなお仕事ですね。

また、何年間か腕を磨いて技術が身につくと、独立開業を考え始める方も多くいらっしゃるでしょう。
最近はインターネットを使って比較的簡単に広告宣伝や集客ができるため、店の意向に縛られることなく、自分の裁量で活動できる可能性も広がります。

一方で、オーナーとして独立して経営を安定させるには、念入りな準備が必要です。
なんとなく開業したい、という憧れだけでは、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。
特に昨今のコロナ禍で、せっかく独立したのにお客様が来ないというサロンも少なくありません。
では、実際に独立を果たした先輩オーナーたちは、このような難局をどのように乗り切ったのでしょう?

このような疑問にお答えするために、セラピスト養成講座リボディバランスhttps://rebody-bs.com/lp/index.php)を主催する株式会社シーシーティー協会は、40歳以上の健康・美容・リラクゼーション業界に属する女性経営者・個人事業主を対象に、「健康・美容・リラクゼーション業界」に関する実態調査を実施しました。


健康・美容・リラクゼーション業界の平均的な顧客のコア年代とは


今回調査にご協力いただいた方を職業別にすると以下のようになりました。

『セラピスト、エステティシャン、整体師(373名)』『美容師(167名)』『化粧品・健康食品販売(106名)』『ヨガトレーナー(97名)』『スポーツトレーナー(77名)』『カウンセラー、心理学コーチ(72名)』『その他(109名)』



はじめに、「顧客のコア年代を教えてください」と質問したところ、『20代から30代(6.5%)』『30代から40代(31.2%)』『40代から50代(41.2%)』『50代から60代前半(14.4%)』『シニア世代(65歳以上)(6.7%)』という回答結果になりました。

40代から50代の顧客が多いと回答した方が4割以上と多いようです。


【50%以上ダウンしたケースも?!】コロナ禍がオーナーたちに与えた影響

コロナ禍から2年以上経ちましたが、現状の売上規模はどれくらいなのでしょうか?



そこで、「現状の月売上規模はどれくらいですか?」と質問したところ、『50万未満(35.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『100~300万未満(21.1%)』『50~100万未満(17.5%)』と続きました。

お店の規模などにもよりますが、平均的に、月に50万円未満ということが分かりました。

では、コロナ禍前と比べて売上に変化はあったのでしょうか?

続いて、「コロナ禍前に比べて売上はどうなりましたか?」と質問したところ、『変わらない(28.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『20%程度下がった(12.5%)』『30%程度下がった(10.5%)』と続きました。

変わらないと回答した方が最多ですが、やはりコロナ禍以降は売上が下がった方が多い様子が窺えます。


【売上低迷に一番困った】オーナーたちのコロナ禍での悩み

先程の調査結果で、現状の売上が分かりました。

さまざまな業種に影響を与えた新型コロナウイルスですが、健康・美容・リラクゼーション業界にはどのような影響が生じたのでしょうか?


そこで、「コロナ禍において、事業へ影響があったことはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、『売上が減った(43.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『新客が減った(34.7%)』『リピーターが減った(28.4%)』と続きました。

やはり、売上が減った方が4割以上いるようです。
また、新客が減ったりリピーターが減ったりと、新型コロナウイルス感染拡大による自粛心理などの影響も受けている様子が窺えます。

では、コロナ禍によって事業に影響があった方は、具体的にどのようなことに困っているのでしょうか?


前の質問で『特にない』以外を選択した方に、「コロナ禍で最も困っていることは何ですか?」と質問したところ、『売上低迷(38.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『集客低迷(30.1%)』『スタッフ不足(12.3%)』と続きました。

売上や集客が低迷していることに困っている方が非常に多いようですが、コロナ禍を乗り切るためにどのような対策をしているのでしょうか?

「コロナ禍を乗り切るためにどのようなことをしていますか?(複数回答可)」と質問したところ、『経費削減の徹底(34.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『集客・売上手段の追加(33.3%)』『特に何もしていない(24.5%)』と続きました。

経費削減を徹底したり、売上や集客が低迷していることから集客や売上手段を追加したりしている方が多いようです。
一方で、特に何もしていないという方も約4人に1人にのぼることが分かりました。


【情報はインターネットから】オーナーたちが経費をかけるならどこ?

コロナ禍で、事業への影響や困っていること、また、行っている対策が明らかになりました。

先程の質問で、経費削減を徹底している方もいましたが、コロナ禍の今、経費をかけるとしたらどのようなことに費やしたいのでしょうか?


「今、経費をかけるとしたらどのようなことですか?」と質問したところ、『経費をかける余裕はない(47.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『人件・採用・教育研修費(22.7%)』『広告費(16.4%)』と続きました。

半数近くの方が経費をかける余裕はないと回答したことから、新型コロナウイルスの影響で経営がひっ迫している実態が浮き彫りになりました。

しかしながら、こんなときこそ人件・採用・教育研修費に費用をかけてサービスの質を上げたいという方も2割以上と決して少なくないようです。

では、教育研修などスキルアップのためのセミナーに参加する場合、どこから情報を得るのでしょうか?

そこで、「スキルアップセミナーに参加するとしたらどこから情報を得ますか?」と質問したところ、『インターネット検索(28.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『Instagram、TwitterなどのSNS(24.3%)』『YouTubeなどの動画サイト(15.7%)』と続きました。

インターネット検索や、SNSで情報を得ている方が多いことが分かりました。

スキルアップセミナーへの参加など、売上を回復させるためには何かしら行動を起こさなければなりませんが費用もかかりますよね。
今年もあと数ヵ月ですが、乗り切るための予算としてどのくらいみているのでしょうか?


続いて、「今年を乗り切るための予算はどの程度とみていますか?」と質問したところ、『500万円以上(14.2%)』『300~500万円未満(22.0%)』『100~300万円未満(23.5%)』『100万円未満(40.3%)』という回答結果になりました。


【まとめ】独立して成功するには他との差別化が必要。そのためにスキルアップセミナーを!

今回の調査で、健康・美容・リラクゼーション業界の方がコロナ禍において売上や顧客数が減るといった影響を受けていることが分かりました。

売上や集客低迷に困っており、対策として経費削減や集客・売上手段を追加している方がいる一方で、特に何もしていない方も少なくないようです。

現状、経費をかける余裕はないと回答した方も多いことから、何もしていないのではなく、何もできないというのが本音なのかもしれません。

このような状況で経費をかける余裕がない方が4割以上とやはり多い一方で、経費をかけるなら人件・採用・教育研修に費やしたいと思う方も2割以上いることが分かりました。

研修やセミナーを受ける際は初期投資が必要になりますが、スキルアップすることで顧客が増え、売上増加も期待できるのではないでしょうか?


スキルアップを目指すなら『Re・Bodybalance』




今回調査をした株式会社シーシーティー協会は経営ノウハウを学べる『Re・Bodybalance』https://ccta.co.jp/)を運営しています。

年齢や環境など想いがあってもなかなか受け入れられないもどかしさ、将来への不安…。
手に職をつけて、個人事業主・オーナーセラピストとしてNext Challengeしてみませんか?

■技術・知識の習得
加齢とともに現れる不調に合わせて構成された「健康を意識した女性」のための技術、知識を習得。
健康の基本「心・食・体」の体機能に着目し、サロンケア×セルフケアを纏めた未病サポートメソッドを学ぶことができます。

■経営のノウハウを学ぶ
自分のお店は持ちたいけれど…このような不安はありませんか?
・︎自分のサロンを持つために何から始めていいのかわからない…
・︎1人で始めるのが不安…
・︎サロンをオープンするためにたくさんの資金が必要…
・︎毎月のお店の家賃を支払えるか不安…
・︎オープンした後もお客様はきてくれるかな…

TCP(セラピストキャリアプロデュース)はリピート率の高い施術スキルを習得するコースから、プロセラピストとしてのトータル技術・資質を身につけるコース、独立開業後・サロンマネージメントを学ぶコースまで、サロンノウハウをトータルで学べます。
未来をより良くしたいと心から願う女性をTCPは本気でサポートいたします。

大手エステサロン、リラクゼーションサロンが最も取り組むリーダー育成を軸に、サロン集客に特化した「マーケティング」「経営のノウハウ」の思考と行動力を実践習得。
実際のモデルサロンで時代の変化とともに日々更新される顧客ニーズに合わせた経営学が学べます。

■ご自身の目的に合わせて受講
<経営を学びたい方>
「分析し、考え、行動し、成果を得る」習慣づくり、経営に必要な視点・行動を身につけ、自分らしいビジネス展開をサポートします。
多くの女性を幸せにする「女性のための経営学」を学びます。

<セラピストとして心身を癒したい方>
エイジケア「経筋コンディショニング」を習得し、心身のバランスケアを提供するセラピスト育成。
ライフステージに訪れる心身の不調に寄り添うパーソナルケアで、お客様を笑顔&元気に。

<未病コンディショナーとしてセルフケアをサポートしたい方>
未病コンディショニングで健康サポート。
ストレス時代に必要なセルフケアセミナーを身近な方や地域に密着し、自宅や訪問で自分らしく開催。

<スキルアップしたい方>
今あるスキルや経験にプラスして、よりお客様のお悩みに応えるスキルを学び、ゴットハンドの感性を養います。
人気セラピストから次のステップに向けて自分らしいビジネスストーリーをサポートします。

■開業をサポート
技術や知識、経営のノウハウを習得してからが本番。
開業サポートはもちろん、独立後を支える「パートナーライセンス」制度もご用意しています。

あなたの目指すビジネスの形をサポートします。
コロナ禍のピンチをチャンスに、個人事業主・オーナーセラピストとしての新たな道に挑戦してみてはいかがでしょうか?


■Re・Bodybalance:https://rebody-b.com
■株式会社シーシーティー協会:https://ccta.co.jp/
■お問い合わせ:03-5937-6988


調査概要:「健康・美容・リラクゼーション業界」に関する実態調査
【調査期間】2022年8月23日(火)~2022年8月27日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,001人
【調査対象】40歳以上の健康・美容・リラクゼーション業界の女性経営者・個人事業主
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)