ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

産業保健スタッフ対象オンラインコミュニティ「さんぽLAB(ラボ)」の登録者数が約3カ月で800人を突破

株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント
LINE公式アカウントを新規開設し、情報へのアクセス効率化へ

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントは、本年5月に開設した産業保健スタッフ(以下、「産保スタッフ」)を対象としたオンラインコミュニティ「さんぽLAB(ラボ)」 https://sampolab-ad.com/ の登録者数が800人を突破したことをお知らせします。会員数増加に伴い、新たにLINE公式アカウントも開設いたしました。さんぽLABユーザーとの接点を増やし、コンテンツへのアクセス効率化を図ります。


当社は本年5月、産保スタッフの専門家間の情報交換を目的としたオンラインコミュニティ「さんぽ LAB」を開設いたしました。当コミュニティは、産業医や保健師に加え、心理職なども含めた、産業保健に関わる有資格者すべてを対象とするプラットフォームで、産保スタッフ同士が活発にコミュニケーションを取り合い、情報交換の場として活用できるコミュニティを目指しています。開設以来、想定を超えるスピードで登録者数が増え、開設3カ月で800名を突破いたしました。


ユーザーへのアンケートから、「産保スタッフとのつながりの場」や「情報を得る場」として評価されており、「さんぽLAB」が産保スタッフを支える心強いコミュニティとしてニーズを満たしていることがうかがえます。最近ではユーザーからの紹介も増えています。
また、開設当初と比較しコラムや衛生講和資料、法令情報等のコンテンツへのアクセスが増えていること、かつモバイル端末でのアクセスが増えていることを受け、よりユーザーが情報にアクセスしやすい環境を整えるべく、LINE公式アカウントを開設いたしました。
ユーザーのさらなる満足度向上のため、情報との接点を増やし、利便性を高めてまいります。

■「さんぽLABLINE公式アカウントの概要
「さんぽLAB」の新着情報、トレンドの話題など、月2回程度の発信を予定しています。
またトーク画面下部のメニュー画面から、各コンテンツに手軽にアクセスできます。

・アカウント名:さんぽLAB
・URL: https://lin.ee/p1y50mA  
・QRコード:以下



■参考:「さんぽLAB」について
・登録条件 ※登録時の資格証明は不要
 産業医、保健師、心理職など企業の産業保健の場で働く有資格者
・展開するコンテンツ
 1. コミュニティ:質問や悩みに関するスレッドを各自で立ち上げ、ディスカッションの場に
 2. 最新の法令情報・資料データ:衛生講和に最適なネタや、現場で役立つ各種データの閲覧が可能
 3. 動画:質問に対する解説動画や当サイト監修、難波克行先生の YouTube 動画、当社が実施したウェビナー動画を紹介
 4. 記事:専門家の方々からの寄稿や当社が発信するお役立ち記事を紹介
 5. 会員限定セミナー:専門家同士の意見交換の場として、「さんぽ LAB」主催のセミナーを実施
 6. 非公開求人案内:当社が提供する「産業医・保健師サービス」で扱っている求人案件を紹介

さんぽLABに関するお問い合わせ先 info_dr@armg.jp 


株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二 https://www.armg.jp/)
1995年、休職者の所得を補償する保険「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」専業代理店として創業。
2002年より、日本で初めてストレスチェックを取り入れた、予防のためのEAP(従業員支援プログラム)サービスの提供を開始し、周辺領域へと事業を拡大。2017年12月に東京証券取引所 市場第1部銘柄に指定。
現在は、EAPや研修・ソリューション、健康経営支援を軸とする「メンタリティマネジメント事業」、病気・ケガ、出産・育児、介護による休業・復職支援や仕事との両立支援を軸とする「就業障がい者支援事業」、個人向け保険販売を軸とする「リスクファイナンシング事業」を展開。
従業員の「ウェルビーイング」、「ハピネス」向上を掲げ、今後は福利厚生アウトソーシングや労務管理支援、組織活性のためのツールなどへと事業拡大。各種サービスのDX化を推進し、「ウェルビーイング領域におけるNo.1プラットフォーマー」をめざす。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)