出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

せきぐちあいみがスペシャルアドバイザーの「福祉×VR」プログラムが前進!クラファン達成で「障がい者がつくるVRアート展覧会」初開催へ!!

株式会社クリーク・アンド・リバー社
株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)に所属するVR/NFTアーティスト・せきぐちあいみがスペシャルアドバイザーを務める、障がい者を対象としたVRアートプログラムの提供が開始され、11月5日(土)・6日(日)に東京都目黒区で「障がい者がつくるVRアート展覧会」が初開催されることが決定いたしました。 ▼クラウドファンディングの詳細はこちら https://readyfor.jp/projects/98392/




本企画は、福祉現場におけるXR活用の第一人者である東京大学先端科学技術研究センター・登嶋健太氏の監修のもと、2021年より社会福祉法人千楽が進める「福祉×VR」の新たな障がい者支援事業です。今回、せきぐちあいみはスペシャルアドバイザーとして本企画に参加。今秋に千楽の施設利用者が制作したVRアートを披露するイベントの開催を目的に、クラウドファンディング「障がい者がつくるVRアートを楽しく体験できるイベントを開催したい!」が実施されました。

本クラウドファンディングが公開された7月21日(木)の翌日には目標金額50万円を突破し、31日間で総支援額1,730,000円、支援者数137名で目標額の3倍強(346%)を達成。このたび、障がい者がつくるVRアート展覧会が開催されることが決定いたしました。会場では、施設利用者によるVRアートのほか、要介護5のコラムニスト神足裕司さんが制作したNFTアートも披露される予定です。なお、当日は、「社会福祉法人 千楽」の公式Facebookアカウントで、VR展覧会の様子の一部がライブ配信されます。ぜひご視聴ください。


クラウドファンディング「障がい者がつくるVRアートを楽しく体験できるイベントを開催したい!」


施設利用者がVRアートプログラムを体験する様子
■内容
千葉県浦安市で障がい福祉サービス事業所を展開する社会福祉法人千楽(ちらく)が実施したクラウドファンディング。VRアーティストのせきぐちあいみ、東京大学先端科学技術研究センター・登嶋健太氏の監修のもと、VRアートを使った支援プログラムを作成し、「福祉×VR」事業をスタート。今回は、事業所の利用者の方々が制作したVRアートを、だれでも楽しく体験できるイベントの実施費用を募った。

▼VRアートプログラムのサンプル


https://youtu.be/X_VtOoweGMo

■募集期間
2022年7月21日(木)~8月20日(土)

■目標金額
500,000円

■支援総額
1,730,000円

■支援者数
137人

■プラットフォーム
READYFOR

■実施者
社会福祉法人千楽

〒279-0042 千葉県浦安市東野1丁目7番5号
設立年月日:2022年3月14日(2006年に設立した「NPO法人 千楽 chi-raku」沿革になります。

■監修


登嶋健太 氏(東京大学先端科学技術研究センター)
東京大学 先端科学技術研究センターで高齢期の福祉を拡張するXRの研究者。2014年から介護職員として勤務しながら、外出が難しい要介護者(1,500人以上)にVR回想旅行の提供をはじめる。 クラウドファンディングなどで360度映像撮影や国内外の高齢者施設で啓蒙活動をおこなう。2018年より現職。


せきぐちあいみ
VR/AR/MR/NFTアーティスト。株式会社クリーク・アンド・リバー社所属。滋慶学園COMグループ VR教育顧問。Withings公式アンバサダー。福島県南相馬市「みなみそうま未来えがき大使」。一般社団法人Metaverse Japanアドバイザー。VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、アメリカ、ドイツ、フランスなど海外でもVRパフォーマンスを披露。2021年12月「フォーブスジャパン」が選ぶ「2021 Forbes JAPAN 100」に選出。2021年3月には、オークションサービスOpenSeaにて『Alternate dimension 幻想絢爛』をNFT出品し、約1,300万円(69.697ETH)で即日落札された。同年5月には南相馬市で、VRライブペイントとそこで描いたVR作品のチャリティーオークションも実施。

▼本クラウドファンディングの詳細はこちら
https://readyfor.jp/projects/98392/



#わたしの居場所 - 障がい者がつくるVRアート展覧会 -



■会期
2022年11月5日(土)~11月6日(日)

■時間
11:00~18:00(*予定)

■場所
東京都目黒区 某スタジオ
※9月下旬よりクラウドファンディング支援者に案内が開始されます。当日券の予定はありませんが、キャンセルなどあれば若干ご用意する可能性があります。クラウドファンディング「新着情報」で告知します。

▼新着情報はこちらから
https://readyfor.jp/projects/98392/announcements

■主催
社会福祉法人 千楽

■ライブ配信
VRアート展覧会の一部をFacebookアカウント「社会福祉法人 千楽」でおこないます。

▼当日のライブ配信はこちらからからご覧いただけます
https://www.facebook.com/chiraku2022/

==================

C&R社は、東京都が実施する「5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)」において開発プロモーターとして都内スタートアップを支援するほか、漫画『ブラックジャックによろしく』や『カイジ』の初のNFTをGameFi*プラットフォーム「PlayMining」内のカードバトルゲーム「JobTribes」に提供しております。そのほか、建築士・工務店と注文住宅を建てたい方の双方をVR空間で結び付けるVR建築展示場「XR EXPO(R)」の提供や、せきぐちあいみがゲストとVR空間で対談するコンテンツ「せきぐちあいみのVR JOURNEY」の企画・制作など、最先端の技術を活用した様々な事業・サービスを展開しております。C&R社は今後も、ミッションである「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」をめざし、事業クリエイティブカンパニーとして、人と社会の幸せに貢献する新たな事業・サービスを次々と創出してまいります。

* GameFi : NFTゲーム。遊べば遊ぶほど稼げるゲーム(Play To Earn)のこと。

▼「せきぐちあいみのVR JOURNEY」はこちらからご視聴いただけます


https://youtu.be/E74Zg5XFxYM


【クリーク・アンド・リバー社とは】
映像・ゲーム・Web・広告/出版・作家、コンピュータサイエンス・医療・IT・会計・法曹・建築・ファッション・食・CXO・舞台芸術・ライフサイエンス、アスリート、アグリカルチャーの18分野のプロフェッショナル・エージェンシー。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」をミッションに掲げ、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の3つの事業を各分野で展開している。

Webサイト:https://www.cri.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/creekcrv
Facebook:https://www.facebook.com/creekandriver


【C&R Creative Studiosとは】
ゲーム、Web、映像、XR、CG、動画、広告、漫画、小説、建築、ファッションなど、C&R社の各スタジオを核に、様々なジャンルのクリエイターたちが就業形態を問わず集まり、日本から世界を席巻するコンテンツ開発をしていくメンバーやチームの総称。せきぐちあいみも出演するCM動画を公式YouTubeチャンネルで公開中です!

▼「C&R Creative Studios」特設サイト
https://www.creativevillage.ne.jp/studios/?rls

▼「C&R Creative Studios」のCMも公開中!


https://youtu.be/hT-XC_aRSIc
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)