食品・飲料 美容・健康

胃酸に100倍強い※1「ダノンビオ」シリーズから「ダノンビオ 糖質オフ」シリーズ発売開始

ダノンジャパン株式会社
3つのベリーを使用した「旬摘みベリーミックス」と5つのフルーツを使用した「濃桃フルーツミックス」

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ローラン・ボワシエ)は、胃酸に100倍強い※1 BE80菌を配合したダノンビオより、「ダノンビオ 糖質オフ 旬摘みベリーミックス」と「ダノンビオ 糖質オフ 濃桃(こいもも)フルーツミックス」を、9月26日(月)より出荷を開始いたします。


「ダノンビオ 糖質オフ」は、本来のダノンビオの機能とおいしさはそのままに、糖質オフを実現しました。新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛が運動不足の原因となり、いわゆる“コロナ太り”が社会問題化する中、よりヘルシーな選択肢である糖質オフ(低糖質)食品への関心が高まっています。ダノンが行った消費者調査*2でも、6割以上の日本の消費者が過去3か月以内に「糖質オフ」製品を購入しています。一方で、プレーンヨーグルトでは定番の「無糖」「無脂肪」「低脂肪」といったヘルシーな選択肢はフルーツヨーグルト市場には少なく、75%※3が「脂肪あり・加糖」で占められています。毎日食べるものだから、できるだけヘルシーなものを選びたい、ダノンビオはそんなお客様のニーズに応えます。「ダノンビオ 糖質オフ」は、胃酸に100倍強いBE80の機能とおいしさはそのままに、気になる「糖質」を30%削減※4しています。


毎日続けられるよう、おいしさにもこだわり、フレーバーには3つのベリーを使用した「旬摘みベリーミックス」と、5つのフルーツを使用した「濃桃フルーツミックス」の2種類をご用意しています。また、ヘルシーな選択肢として、「糖質」以外にもこだわり「脂肪0」「カロリー35%オフ*4」を実現しています。おいしい糖質オフのフルーツヨーグルトで、よりヘルシーなヨーグルト習慣をサポートします。
【製品特長】
「旬摘みベリーミックス」には、3つのベリー(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー)使用。口に入れたとたん、華やかなラズベリーとストロベリーのさわやかな香りが口の中に広がり、そこにやわらかなストロベリーの果肉が合わさることで、甘酸っぱく楽しい食感を生み出します。最後に、ブルーベリーの持つほのかな渋みを感じながらも、様々なベリーが溶け込んだ酸味のあるヨーグルトがさっぱりした後味にしてくれます。
「濃桃フルーツミックス」には、5つのフルーツ(桃・アプリコット・りんご・クランベリー・バナナ)を使用。白桃とクランベリーのさわやかな香りが口の中に広がり、その後、シャキシャキとしたリンゴと、白桃の食感の違いが味に奥行きを与えてくれます。最後に、全体を包み込むようなバナナとアプリコットの香りがほんのりと感じられます。
「ダノンビオ」は、 100倍胃酸に強く※1生きたまま腸まで届くBE80菌をブレンドしています。ヨーグルトの菌の多くは、胃酸に負けてしまって生きたまま腸まで届きづらいという課題がある中、ダノンビオは菌の強さで挑みます。
“生きたまま腸まで届く” 高生存ビフィズス菌のBE80は、毎日老廃物や毒素と一緒に体外に出ていく腸内の善玉菌を補います。これにより毎日のおなかの健康維持をサポートしています。
・「ダノンビオ」は、乳を乳酸菌で発酵させただけのヨーグルト本来の姿にできるだけ近づけ、厳選した素材本来のおいしさをお届けしています。クリーミーな舌触りや、酸味が少なくマイルドな味わいにより、毎日おいしくヨーグルト習慣を続けることができます。

※1 当社従来品比。第三者機関において胃の環境を模した実験器具を用いて、BE80菌と当社のブルガリカス菌との胃液殺菌力に対する生存比較試験の結果。
※2 Rakuten Quick、 日本全国20~59歳女性「過去3か月以内に食べるタイプのフルーツヨーグルトを喫食している人」400名を対象に調査(2021年10月)
※3 インテージSRI+、2017年1月1日~2021年12月31日の調査
※4 自社従来品 ダノンビオ ストロベリーと比較
【製品データ】






■ダノンビオについて https://www.danone.co.jp/bio/
「ダノンビオ」(海外では Activia)は、世界 70 カ国以上で発売され、日本では2022年に発売から20周年を迎えました。ダノンが発見した、100倍胃酸に強く※生きたまま腸まで届くビフィズス菌 BE80 を配合。乳を乳酸菌で発酵させたヨーグルト本来の姿に近づけ、クリーミーな舌触りと酸味が少なくマイルドな味わいで、毎日おいしくヨーグルト習慣を続けることができます。 日本では、毎日簡単に、自然に、効率的に続けられる自分らしい「腸活」を提案するブランドとして、独自の 【100倍胃酸に強い ※BE80 菌配合。】を訴求しながら、プレーン、フルーツ、季節限定品など、豊富なラインアップでおいしく続けられる「腸活」をサポートしています。

■ダノンジャパンについて http://www.danone.co.jp
ダノンは1980年に「味の素ダノン株式会社」として日本市場に初めて参入し、1992年に「カルピス味の素ダノン株式会社」を設立しました。2007年に100%子会社としてダノン傘下に入り、社名を「ダノンジャパン株式会社」に改めました。ダノンの日本法人であるダノンジャパン株式会社は、チルド乳製品では「ダノンオイコス」「ダノンデンシア」「ダノンビオ」「ダノンヨーグルト」「プチダノン」「ベビーダノン」、植物性食品「アルプロ」を提供するとともに、ウォーターでは「エビアン」ブランドのサポートをしています。

また、ダノンジャパンは、日本の大手消費財メーカーおよび食品業界で初となるB Corp認証を2020年5月に取得しました。B Corpは、米国のペンシルベニア州に拠点を置く、非営利団体B Labが運営する国際的な認証制度で、社会や環境に配慮した事業活動において一定の基準を満たした企業のみに与えられるものです。 
ダノンジャパンのB Corp認証取得に関する詳しい内容はこちら↓
https://danone-cms.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cp_topic_body/pdf_path_5ee83ae2f2ef2.pdf

■ダノンについて http://www.danone.com
ダノンは、チルド乳製品と植物由来の製品、ウォーター、専門栄養食品をあわせた、健康に焦点を当てた3事業で急成長を遂げている、飲食業界における地域密着型のリーディングカンパニーです。「より多くの人々に食を通じて健康をお届けする」というミッションのもと、より健康的で持続可能な飲食習慣を促し、栄養面、社会面、環境面で測定可能なインパクトを達成することを目指しています。また、ダノンは、Renewと呼ばれる戦略のもと、長期的な成長、競争力、価値創造の回復に尽力しています。
ダノンは、2025年までにB CorpTM 認証を取得した最初の多国籍企業の一つとなることを目指しています。10万人の従業員を擁し、120を超える市場で製品を販売し、2021年に242億ユーロの売上高を達成しました。ダノンには、国際的に認知度の高いブランド(「アクティビア(日本では「ダノンビオ」として販売)」「アクティメル」「アルプロ」「アプタミル」「ダネッテ」「ダノニーノ」「ダニオ」「エビアン」「ニュートリシア」「ニュート リオン」「ボルヴィック」など)や、ローカルブランド(「アクア」「ブレディナ」「ボナフォン」「カウ・アンド・ゲート」「マイゾーン」「オイコス」「プロストヴァシキーノ」「シルク」など)があります。
ユーロネクスト・パリ証券取引所と、ADR(米国預託証券)プログラムを通じて、OTCQX市場に上場しているダノンは、VigeoEirisやSustainalyticsが運用するサステナビリティインデックスをはじめ、「エティベル・サステナ ビリティ・インデックス」、「MSCI ESG インデックス」、「FTSE4Good インデックスシリーズ」、「ブルームバーグ・ジェンダー・イクオリティ・インデックス」、「アクセス・トゥー・ニュートリション・インデックス」などの主要な社会的責任投資インデックスに選出されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)