医療・医薬・福祉

大学発ベンチャー表彰における【大学発ベンチャー表彰特別賞】の受賞につきまして

株式会社PURMX Therapeutics

株式会社PURMX Therapeutics(パームエックス・セラピューティックス、本社:広島市、代表取締役社長:田原栄俊、以下「当社」)は、国立研究開発法人科学技術振興機構が主催する2022年度の「大学発ベンチャー表彰 ~Award for Academic Startups~」にて【大学発ベンチャー表彰特別賞】を受賞しましたので報告いたします。

「大学発ベンチャー表彰 ~Award for Academic Startups~」は、大学等の成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、特にその成長に寄与した大学や企業などが表彰されます。本表彰は、大学等における研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業等から大学発ベンチャーへの支援等をより一層促進することを目的として開催され今年で9年目を迎えます。


当社は、広島大学発のベンチャーとして2021年に設立された創薬ベンチャーです。広島大学大学院医系科学研究科・細胞分子生物学研究室 田原栄俊教授が長年に渡り行っていた老化に関わるマイクロRNA(注1)の研究を進めてきました。がん細胞では、老化に関わるマイクロRNAが失われていることを見いだし、そのマイクロRNAをがん細胞に補充することによりがん細胞で失われた「老化のスイッチ」をいれるコンセプトの抗腫瘍作用を有する核酸医薬の開発を行っています。その中でも、強力な老化誘導マイクロRNAであるmiR-3140-3pを用いて、株式会社スリー・ディー・マトリックスが独自に有するA6Kという核酸医薬(注2)を保護する担体を合わせて医薬品開発パイプラインMIRX002を創出しました。現在、広島大学病院(責任医師 岡田守人教授)にて医師主導治験として第一相臨床試験(単回投与、反復投与)の二つ治験を実施中です。

当社は、これ以外にも複数のシーズを有し、さらに新しシーズを創出するスクリーニングプラットフォームも有しており、有効な治療法がない患者様に画期的な新薬を届けるために、今後も研究開発を加速させていきます。


【株式会社PURMX Therapeuticsについて】
広島大学大学院医系科学研究科・細胞分子生物学研究室 田原栄俊教授が、新たに広島大学発のベンチャーとして、株式会社PURMX Therapeutics(パームエックス・セラピューティックス)を2021年1月27日に設立しました。今後、MIRX002はもちろん、それ以外の微小核酸についても医薬品開発を推進していく予定です。


【広島大学について】
広島大学大学院医系科学研究科・細胞分子生物学研究室 田原栄俊教授が長年に渡り、老化に関わるマイクロRNAの研究を行い、その成果としてMIRX002の創出につながりました。また今回の第一相試験に関しては、広島大学原爆放射線医科学研究所 腫瘍外科 岡田守人教授が治験責任医師として、医師主導治験を行います。


【株式会社スリー・ディー・マトリックスについて】
米国マサチューセッツ工科大学(MIT)により発見された自己組織化ペプチドをコア技術とし、医療製品開発を行う企業です(東証JASDAQ 7777)。自己組織化ペプチドの一種であるA6Kは、マイクロRNAを含む核酸を生体内での分解から保護して細胞内への輸送を行うことを臨床試験で示しています。当社はA6Kの応用に関するライセンス契約を締結し、MIRX002の核酸保護・輸送担体として使用しています。


【用語解説】
(注1) マイクロRNA
生体内に存在する20~25塩基からなる微小なRNAであり、他の遺伝子の発現を調節することで様々な生命現象を制御する分子です。これは、人の体内で合成される核酸で、判明しているだけでも約2600種類のマイクロRNAが存在しています。

(注2) 核酸医薬
核酸医薬とは、異常な遺伝子の働きに対し、それを抑制するように作用する新しい医薬品です。様々な遺伝子に対する核酸医薬が注目されていますが、現在のところ悪性胸膜中皮腫に対する治療薬として承認されている核酸医薬はなく、新たな開発が期待されております。マイクロRNAは、人の細胞で合成される核酸の一種であることから、「天然型」の核酸と呼ばれています。

(注3) 第一相臨床試験
新しい薬をはじめて患者に投与する試験。少数の患者さんで、投与量を段階的に増やしていき、薬の安全性と適切な投与量、投与方法を調べます。癌患者を対象とした第I相臨床試験では、通常、標準的治療法のないがん患者さんが対象となります。


本件に対するお問合せ
株式会社PURMX Therapeutics
電話:082-257-5290
FAX:082-257-5294
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)