その他 医療・医薬・福祉

9月27日(火)TICAD8公式サイドイベント「アフリカにおけるアクセシビリティの向上」

認定NPO法人DPI日本会議
DPI日本会議の企画が公式サイドイベントとして認定されました

認定NPO法人DPI日本会議(所在地:東京都千代田区、議長:平野みどり)は、TICAD8公式サイドイベント「アフリカにおけるアクセシビリティの向上」を開催します。



TICAD(Tokyo International Conference on African Development、アフリカ開発会議)はアフリカの開発をテーマとし、1993年以降日本政府を中心に、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催されています。

チュニジアで8月27日~28日に開催された第8回アフリカ開発会議(TICAD8)について、8月1日~9月30日にサイドイベントがオンラインで開催され、DPI日本会議の企画が公式サイドイベントとして認定されました。

過去横浜で開催された2008年のTICAD4と2019年のTICAD7にはJICAのサイドイベント主催者としてアフリカからの研修生とともにDPI日本会議が参加しています。

また横浜での2003年のTICAD3とケニア・ナイロビでの2016年のTICAD6では、アフリカ市民社会の代表の一員としてアフリカのDPIメンバーが参加しています。

今回のTICAD8への参加がさらなるアフリカとの連携強化に貢献することを願っています。

日時:9月27日(火)日本時間17:00~18:30 (10:00~11:30 ザンビア、南アフリカ)
テーマ:アフリカにおけるアクセシビリティの向上―アフリカ障害者コミュニティのインクルーシブ開発におけるアクセシビリティの推進と日本の障害者の協力
開催方法:ズームウェビナー
通訳:日英逐次通訳
参加費:無料
情報保障:日本語手話通訳、日本語要約筆記、英語自動文字起こし

日本では、障害者運動の成果もあり、特に公共交通でのアクセシビリティは高く評価されています。

アフリカでも障害に配慮したアクセシビリティへの関心も徐々に増え、日本からの助言が活かされ自分たちなりのアクセシビリティの工夫や、モデルに倣っての計画の立案などがみられます。日本での運動のあり方を振り返るとともに、アフリカでの進捗状態を発表してもらいます。

プログラム

1)開会あいさつ
DPI日本会議議長 平野みどり

2)基調講演
「アフリカのアクセシビリティ CRPD 9条の実践」
アフリカ障害フォーラム事務局長 シュアイブ・チャルクレン

3)各国の状況 報告
3-1「日本の状況」DPI日本会議事務局長 佐藤 聡
3-2「ザンビアの状況」ザンビア障害者機関 ニコラス・ゴマ
ザンビア障害者連盟 ジャスティン・バカリ
3-3「南アフリカの状況」ハウテン州政府知事室 ゼイン・ブルブリア

4)まとめと閉会
アフリカ障害フォーラム事務局長 シュアイブ・チャルクレン


お申込み方法

下記のWEBフォームからお申し込みください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_d8U9uOcrRnGcQq8SZbafDg

上記オンラインフォームがご利用いただけない方は、下記をDPI事務局の笠柳までメールでお送りください。
1.お名前
2.ウェビナーの開催URLをお送りするメールアドレス
3.電話番号
4.団体名(あれば)
5.必要な個別支援(手話、PC文字通訳、点字資料、その他)

メールお送り先:kasayanagi☆dpi-japan.org(☆を@に変えてお送りください)


主催、お問い合わせ先

認定NPO法人 DPI日本会議
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5階
TEL:03-5282-3730 FAX:03-5282-0017
E-mail:office☆dpi-japan.org(☆→@)

団体概要

団体名:認定NPO法人DPI日本会議
所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5階
ホームぺージ:https://www.dpi-japan.org/
活動概要:1986年に発足。「障害者の権利の実現を目指す運動を通して、全ての人が希望と尊厳をもって、ともに育ち、学び、働き、暮らせるインクルーシブな社会を創る~障害者権利条約の完全実施へ~」というビジョンのもと、国への政策提言、権利擁護活動を中心に、身体障害、知的障害、精神障害、難病等の障害種別を超え、国内外で幅広く活動している。全国92の団体が加盟している。(2022年9月現在)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)