医療・医薬・福祉

【みんなの介護】今すぐ入居できる!「空室あり」の老人ホームが多い地域ランキング 【2022年9月・首都圏編】

株式会社クーリエ
掲載施設数No.1(※)の⽼人ホーム検索サイト「みんなの介護」を運営する株式会社クーリエ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 安田 大作)では、サイト運営で得た知見を基に介護事業の課題や社会的事象を調査・研究しています。今回は、施設見学数が増加するいまだからこそ知りたい「すぐに入居可能」な介護施設の空室情報に関するレポートです。



介護施設への見学数が急増中

「みんなの介護」を利用した老人ホームの見学数が2022年に入り急増しています。今年8月に行われた施設見学数は、昨年(2021年)8月の約2倍。人気の老人ホームから次々に満室になりつつあります。


お盆やシルバーウィークの連休は、例年、老人ホーム入居希望者が多いという特徴があります。「みんなの介護」がこれまで実施したアンケートによれば、連休中は帰省などをきっかけに家族で話し合う機会が生まれ、老人ホームへの入居についても前向きに検討されるケースが多いようです。

そこで、今回は、老人ホーム需要が全国でも特に高い首都圏(1都6県)の施設について調査。2022年9月7日時点で「空室あり」の老人ホームが多い地域をランキング形式にまとめました。


1位は横浜市で232件。続いて、2位は154件でさいたま市3位は川崎市で151件でした。

トップ3を詳しく見ていきます。1位の横浜市は青葉区に「空室あり」の老人ホームが42件集中していました。15位の町田市を上回る数です。一方、2位のさいたま市は見沼区に24件、南区と北区に20件ずつと、横浜市よりは分散しています。3位の川崎市は宮前区に39件が集まっていました。

一方、東京都内で最多は4位の世田谷区で104件でした。都内でランクインしたのは、この他に、練馬区・板橋区・大田区・杉並区・江戸川区という結果になりました。

老人ホーム選びにおいては、現在お住まいの地域で探される方が多くいらっしゃいます。もちろん、長年住み慣れた地域の方が安心ではありますが、老人ホーム探しに時間が掛かって在宅介護が長く続くと、ご本人・ご家族の負担も次第に大きくなっていきます。お住まいの地域で希望の老人ホームが見つからない場合は、思い切って多少離れる地域も視野に入れると希望の施設が見つかるケースがあります。検討範囲を広げて、施設見学などを検討されてみてはいかがでしょうか。

全国の即入居可・空室のある老人ホーム・介護施設一覧|みんなの介護
https://www.minnanokaigo.com/search/vacant/

テキスト版、すぐに入居できる「空室あり」の施設が多い地域ランキング 【首都圏編】

1位:横浜市/232件
2位:さいたま市/154件
3位:川崎市/151件
4位:世田谷区/104件
5位:千葉市/94件
6位:練馬区/80件
7位:川口市/64件
8位:相模原市/56件
9位:板橋区/54件
10位:大田区/53件
11位:杉並区/50件
12位:高崎市/48件
13位:船橋市/46件
14位:江戸川区/45件
15位:町田市/41件
16位:松戸市/36件
17位:前橋市/35件
18位:藤沢市/34件
19位:柏市/33件
20位:平塚市/30件
21位:足立区/29件
22位:葛飾区/28件
23位:太田市/26件
24位:目黒区/25件
24位:千葉市/25件
24位:越谷市/25件
27位:水戸区/24件
27位:さいたま市/24件
29位:中野区/22件
29位:横須賀市/22件

【調査概要】


調査実施日:2022年9月7日
調査対象サイト:「みんなの介護」https://www.minnanokaigo.com/
調査対象:「みんなの介護」に掲載している49,836件の介護施設
調査機関: みんなの介護(株式会社クーリエ)
算出方法:首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨木)に所在する、空室がある介護施設数


※主要な老人ホーム検索サイトを対象に掲載施設数の調査を行った結果、みんなの介護がNo.1を獲得しました。
【掲載施設数についての調査概要】


調査期間:2022年4月7日~4月11日
調査方法:自社調べ
調査対象サイト:みんなの介護、LIFULL介護、探しっくす、オアシスナビ、シニアのあんしん相談室、MY介護の広場、有料老人ホーム情報館、いい介護
施設数の計上方法:調査対象サイトについて、調査期間中における各都道府県の施設掲載数(訪問介護事業所を除く)の積み上げ値を比較。各都道府県の施設掲載数については、調査対象サイトの都道府県のインデックスページに記載されている検索結果数について、実際の掲載数との整合性を確認の上、当該結果数の数値を採用。




株式会社クーリエについて



株式会社クーリエでは、「きちんとした情報があれば、人はもっと良い選択ができる」という考えのもと「確かな価値を多くの人へ」という企業理念を掲げ、デジタルプラットフォームビジネスを展開し、新たな価値創造を追求しています。

〈関連ウェブサイト〉
介護情報の総合ポータルサイト「みんなの介護」
https://www.minnanokaigo.com/
介護の人材採用メディア「みんなの介護求人」
https://job.minnanokaigo.com/
連載コンテンツ「みんなの介護ニュース」
https://www.minnanokaigo.com/news/
介護福祉⼠ 国家試験対策ツール「ケアスタディ」
https://job.minnanokaigo.com/carestudy/
介護スタッフ広場「みんなの介護コミュニティ」
https://job.minnanokaigo.com/community/

〈公式SNS〉
「みんなの介護」Facebookページ
https://www.facebook.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」Twitter公式アカウント
https://twitter.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」 Instagram公式アカウント
https://www.instagram.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/minnanokaigo/
「みんなの介護求人」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWaUESoZ1t_e29FciH5btKg

【会社概要】
株式会社クーリエ
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17F
代表取締役 安田 大作
コーポレートサイト
https://www.courier.jpn.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)