流通 美容・健康

10月4日、 COPERNICA(コペルニカ)「角層バリアクリーム」新発売

イオン株式会社
乳液のような伸びの良さと潤いを閉じ込める効果を兼ね備えた保湿クリーム

イオンリテールは10月4日(火)、「イオン」「イオンスタイル」等、461店舗※1とイオンの公式通販「イオンスタイルオンライン」、「おうちでイオン イオンネットスーパー」にて、スキンケアブランド「COPERNICA(以下、コペルニカ)」の「角層バリアクリーム」を発売します。



当社は2022年3月から、性別や年齢に関係ないシンプルケアの提案と「Z世代に多い肌悩み」に着目したスキンケアブランドとして「コペルニカ」を販売しています。

ターゲットであるZ世代に多い悩みとして「乾燥も気になるけど、油分の多いクリームを使うとニキビになる」という心配があります。こうした中、保湿とニキビになりにくいを両立させたクリームを企画・開発しました。さらに、このクリームは、乳液のような伸びの良さとべたつきが少ないバランス処方を実現しています。

<コペルニカ 角層バリアクリームの特長>


「整肌チューニングコンプレックス※2)」と3種のカプセル化された「ヒト型セラミド※3)」と「ビタミンB3※4)」配合により、すこやかな肌へ

皮膚科学の知見に基づいた独自の成分配合による整肌・保湿成分「整肌チューニングコンプレックス※2)」に加え、当商品ではさらに「ヒト型セラミド※3)」と「ビタミンB3※4)」を配合しています。


ニキビの原因になりにくいとは

ニキビの元になるアクネ菌を増殖させにくく、かつ高い保湿性を実現したノンコメドジェニック処方※5)です。皮膚コンディショニング成分のテンニンカ果実エキスを配合しています。


毎日使いたくなる、潤うのにべたつかないを実現したバランス処方

肌が本来もつ潤い成分である細胞間脂質に着眼したラメラゲルテクノロジーを採用することで、肌の上に第二の肌があるような潤いヴェール感をつくり水分蒸散を防ぎます。

当社はこれからもコペルニカを拡充し、シンプルで無駄のない必要十分なスキンケアを提案してまいります。

【販売概要】


商品名:コペルニカ 角層バリアクリーム
容量/価格:50g/本体 1,800円(税込 1,980円)
販売日:2022年10月4日(火)
展開店舗:「イオン」「イオンスタイル」等、461店舗※1)
「おうちでイオンネットスーパー」※6) https://shop.aeon.com/netsuper/
WEB販売:イオンの公式通販「イオンスタイルオンライン」 https://aeonretail.com/item/2007943220685/
WEB予約:「イオンスタイルオンライン」にて2022年9月7日(水)~9月30日(金)
店頭予約:本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」等、380店舗
2022年9月7日(水)から店頭の予約限定キットがなくなり次第終了です。
ブランドサイト:https://aeonretail.com/shop/glambeautique/copernica/

【コペルニカアンバサダーチームとは】



2022年1月に店舗の若手従業員を中心に次世代の育成とターゲット世代の意見を開発に反映するために発足しました。月に1回、オンラインでミーティングをしながら、モニター評価や、セールスコピーを一緒に考え、商品開発から売り方まで関わっています。当商品のセールスコピー「こころもとろける?瞬間うるおいヴェール」にはチームの意見が反映されています。


セールスコピーを使用している店頭用販促物



参加して良かった点
「商品の企画や販促に参加できること」「ブランドに深く関わる事で愛着が湧き、お客さまに自信を持っておすすめできる」「入社して、一番興味のあった商品開発という分野に携われている」

角層バリアクリームの感想
「なめらかでベタつかない」「テクスチャが重くない」「クリームを使うのに抵抗がある方や、クリームを普段使わない方にもおすすめしたい」

※1:北海道、東北、九州、沖縄の店舗も含みます。一部取り扱いがない店舗がございます。
※2:グリチルリチン酸2K、加水分解酵母、ゼニアオイ花エキス、フムスエキス(腐植土抽出物)(すべて整肌・保湿成分)
※3:セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP(全て保湿成分)
※4:ナイアシンアミド(保湿成分)
※5:ノンコメドジェニック試験済。すべての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないというわけではありません。
※6:ネットスーパーの取り扱い商品は発送店舗の品揃えに準じます。

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)