デジタル製品・家電 美容・健康

【テレワークで働く女性への影響】子どもがいる女性といない女性それぞれのストレスポイントを調査!リラックス&集中力を保つためには●●!?

株式会社セルパワー
セルパワーで健康維持を!

株式会社セルパワー(本社所在地:京都市下京区、代表取締役:佐々木 耕司)は、20代~50代のテレワークをしている女性を対象に、「テレワークとストレス」に関する調査を実施しました。


政府は4月7日(火)、7都府県を対象に緊急事態宣言を発令しました。
この発令を受け、テレワークを導入した企業が増えたのではないでしょうか?
慣れないテレワークにストレスを感じている方も多いと思います。
家にいると気が散ってしまったり、集中できなかったり、さらには子どもの世話もしなければいけなかったり…。
様々な要因から仕事の効率が落ちてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、株式会社セルパワーhttps://www.cellpower.jp/)は、20代~50代のテレワークをしている女性を対象に、「テレワークとストレス」に関する調査を実施しました。


【子どもがいる家庭といない家庭でのテレワークの実態】何にストレスを感じる?

子どもがいる家庭といない家庭の女性は、テレワークをするにあたってストレスの感じ方に違いがあるのでしょうか?
はじめに、子どもがいる女性にテレワークを始めて育児や家事に影響が出たかを聞いてみました。


「テレワークをしていてどういったところに育児や家事の影響が出ましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『家事をする量が増えた(56.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『食費などの出費が増えた(56.5%)』『外出ができない(44.6%)』『子どもを叱る頻度が増えた(35.4%)』と続きました。

子どもが通っている学校が休校処置になっている場合、食事の準備や子どもの世話も一緒にする必要があるので、家事や育児の負担が増えている女性が多いようです。

では、具体的にストレスと感じているのはどういったことなのでしょうか?


「テレワークをしていてどういったところにストレスを感じますか?(複数回答可)」と質問したところ、『勤務時間中でも子どもの世話をする必要がある(51.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『いつまで続くかわからない不安(46.6%)』『子どもから目を離すことができないため気が散ってしまう(34.5%)』『環境が整っていないため不便に感じる(33.0%)』『コミュニケーションがうまくとれない(20.9%)』と続きました。

子どもがいる家庭だと、仕事と並行して子どもの世話もしなくてはいけないため、仕事に集中できず、より忙しいと感じる方もいると思います。そのため、この生活がいつまで続くのかという不安があるようです。

では、子どもがいない女性は、テレワークをするにあたってどういったところにストレスを感じるのでしょうか?

子どもがいない女性に「テレワークをしていてどういったところにストレスを感じますか?(複数回答可)」と質問したところ、『いつまで続くかわからない不安(40.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『環境が整っていないため不便に感じる(39.0%)』『気が散ってしまう(38.8%)』『コミュニケーションがうまくとれない(31.6%)』『一日中誰とも話をしないこと(31.2%)』と続きました。

この生活がいつまで続くのかわからないという不安を抱いていることがわかりました。
また、一人暮らしの方や他の家族も働いているという方は、テレワークだと会話の量も減ってしまうので、誰かと話ができないといったストレスを抱えていることがわかりました。


【子どもがいる家庭といない家庭でのテレワークの実態】それぞれの悲痛な叫び

ここまでの調査で、子どもがいる女性とそうでない女性では、ストレスに感じることに少し違いがあることがわかりました。
では、具体的にどういったところにストレスを感じているのでしょうか?

■子どもがいる女性が感じるストレス


子どもも遊びたいため、うるさくて集中できない(20代/女性/広島県)
息子もストレスがたまっているため怒りっぽく、その息子に対してストレスがたまる(30代/女性/群馬県)
食事を3食作ること。その片づけ(40代/女性/神奈川県)
昼休みの時間が自分だけのランチだけでなく、家族全員のランチを調理も入れてのランチタイムになること(50代/女性/大阪府)

長い間外に出られないと、大人だけでなく子どももストレスがたまりますよね。しかし、ずっと子どもの相手をする訳にはいかないため、ついつい叱ってしまうこともあるようです。
また、家族が家にいる時間が増える分、自分の時間が減って家事の量が増えてしまうようです。

では、子どもがいない女性はどうなのでしょうか。

■子どもがいない女性が感じるストレス


会話ができない(30代/女性/愛知県)
朝から夜まで一切景色が変わらないこと(30代/女性/石川県)
1日3食毎日作り続けながら業務を続けることがストレス(30代/女性/東京都)
顔を合わせて話せばすぐ済むこともメールやチャットしなければならない(50代/女性/鹿児島県)

会話が減ってしまうことで、ストレスをため込んでしまう方もいるのではないでしょうか?
話を聞いてもらいたいときや些細な会話でさえ、すぐできないのでもどかしさを感じますよね。
子どもがいないといっても、自分や家族などの分の食事を作らなくてはいけないため、そういったところにもストレスを感じるようです。


「集中できない!」ついつい誘惑に負けてやってしまうこととは?

自宅で仕事となると、集中力が続かず、つい誘惑に負けて何かに手を出してしまうなんてこともあるかと思います。
そこで、つい誘惑に負けてやってしまうことを聞いてみました。

■子どもがいる女性がついテレワーク中にやってしまうこと


お菓子をついつい食べてしまう(20代/女性/熊本県)
子供の相手(40代/女性/埼玉県)
つい子供と一緒にテレビを見てしまう(40代/女性/東京都)
家事を並行してしてしまうこと(50代/女性/大阪府)


■子どもがいない女性がついテレワーク中にやってしまうこと


ダラダラしてしまう(20代/女性/沖縄県)
テレビを観る(30代/女性/富山県)
ついスマホを見てしまう(30代/女性/東京都)
家族との無駄なおしゃべり(30代/女性/大阪府)

子どもがいてもいなくても、ついついテレビを観てしまう方が多いようです。
また、スマホを手に取ってしまったり、おしゃべりをしてしまったりと、会社にいるときにはしないようなことをしている方が多いようです。

自宅で仕事となったら、いろいろなものに気が散ってしまいますよね。
会社で仕事するのと同じように、集中して仕事ができるのが理想ですね。


みんなの自粛疲れのストレス発散法を教えて!

ここまでの調査から、長い間外出自粛やテレワークをしていると、様々なストレスがたまってしまうことがわかりました。
自粛中でもできるストレス発散法があったら知りたいですよね。

そこで、「テレワークでのストレス発散法を教えてください」と質問したところ、『映画鑑賞や読書をする(25.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『運動をする(23.0%)』『料理をする(16.2%)』『ゲームをする(14.1%)』『オンライン飲み会をする(6.4%)』と続きました。

空いた時間で、映画鑑賞や読書をしてリラックスするのもストレス発散になりますよね。
また、外出や通勤をしない分、体を動かす機会が減っているので、自宅でできる運動などを取り入れてみるのもいいかもしれません。
さらに、今話題になっている「オンライン飲み会」も、外出自粛で会えない人たちとコミュニケーションをとれる手段になりますね。

それ以外にもおすすめのストレス発散法を聞いてみました。

【おすすめのストレス発散法を教えて!】
・時間のかかる料理をする(30代/女性/愛知県)
・無心で作り置きをする 、掃除をする(30代/女性/愛知県)
・子供とかくれんぼや鬼ごっこを家の中でする(40代/女性/大阪府)
・自宅カラオケをする(50代/女性/東京都)
・ラジオ体操(50代/女性/埼玉県)

普段あまりできない料理や、掃除をすることで無心になりストレス発散に繋がるかもしれませんね。
さらに、子どもと一緒に遊ぶことで、子どもも喜んでくれていい運動にもなるので一石二鳥ですね。
ぜひ、テレワークや外出自粛でストレスがたまっている方は、試してみてください。

今回の調査で、子どもがいる家庭とそうでない家庭では、ストレスに感じる原因が少し異なることがわかりました。
テレワークでのストレスは、業務以外にも家庭環境によって左右されてしまうということでしょう。


いつでも、どこでも、手軽に 「Simple瞑想」



「心に余裕を持ちたい!」
「仕事に集中したい!」
テレワークで集中力が続かない女性におすすめなのが、株式会社セルパワー「Simple瞑想」https://www.cellpower.jp/meditation/)です。

「Simple瞑想」は、10分聞くだけで1時間瞑想したときのようにリラックスした状態に近づくことができる、心がくつろぐ音響機器です。
1日10分、パソコン作業しながら、仕事しながら、読書しながらといった「しながら瞑想」が可能。
リラックスや精神集中をサポートするため、テレワークの強い味方となります。
コンパクトで持ち運びも簡単なので、場所を選ばず使用することができます。

さらに、リラックスした集中を手に入れたい方には「Simple集中」https://www.cellpower.jp/meditation/index2.php)がおすすめです。
集中音を聞くと、右脳と左脳のバランスが取れ、 『リラックスした集中』の状態になります。
『リラックスした集中』は、脳が落ち着いているので、集中力を最大限に生かせる状態で、長続きします。

★健康増進機器認定取得済!
Simple瞑想とSimple集中は、特殊周波数の音源を聞くことにより、気分がリラックスすることや精神集中がサポートされることは健康増進に資するとして、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会が認定する「健康増進機器認定(認定番号0006)」取得済https://www.hapi.or.jp/ninteiseido/)で、信頼と実績があります。

Simpleシリーズを聴くことで業務効率を上げることができ、且つリラックスした状態で作業ができるでしょう。
環境が整っていない場合、テレワークを始めると気が散ってしまったり、誘惑に負けてしまうこともあると思います。

Simple瞑想の動画はコチラ↓


テレワークをする社会人だけでなく、自宅学習をしている子どもも集中力が続かないことがあると思います。
Simpleシリーズは大人だけでなく、10歳以上のお子様でもご利用いただけます。
自宅学習に集中できないお子様も一緒に使って集中力をアップさせましょう!


株式会社セルパワー



■株式会社セルパワー:https://www.cellpower.jp/
■TEL:075-341-3323
■問い合わせ先:https://www.cellpower.jp/contact/

調査概要:「テレワークとストレス」に関する調査
【調査期間】2020年4月16日(木)~2020年4月20日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,022人(子どもがいる女性:455人、子どもがいない女性:567人)
【調査対象】20代~50代のテレワークをしている女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)