医療・医薬・福祉 その他

カンボジアで治療困難な小児がん患者。命の希望をつなぐ来日手術が完了

認定NPO法人ジャパンハート
国内外で医療支援に取り組む特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区 理事長:吉岡春菜)は、カンボジアでの治療が困難な8歳の小児がん患者を日本に招き、2022年9月7日に手術を実施いたしました。



今回、手術を受けたのは、胚細胞腫瘍(はいさいぼうしゅよう)というがんを胸に患っている、8歳の患者、チャンテッ君です。胚細胞腫瘍は、先進国では抗がん剤と手術による治療で80%近くが助かると報告されていますが、胸にできた腫瘍を切除するには専門医と高度な設備が必要であり、カンボジア国内ではこのような高度な手術ができる病院がありません。そのため、ジャパンハートは日本へ患者を招くことを決定しました。
日本では「国立病院機構岡山医療センター」が治療を引き受け、手術を実施しています。

ジャパンハートは、日本では80%が助かる小児がんの生存率が20%にも満たないと言われているカンボジアで、2018年より小児がん治療を開始しました。2018年12月以降、日本国内の医療機関から定期的に小児外科専門チームに招聘し、高度な技術が必要となる手術を実現していましたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行による渡航制限の影響で、新たな小児外科専門チームの派遣は未だ困難な状況です。
9月7日手術前
チャンテッ君についても、カンボジアでは治療が難しいものの、日本で手術が出来れば助かる可能性が高いため、日本での治療が患者家族の唯一の希望でした。

チャンテッ君は、この後日本国内で手術後の入院を終えた後、カンボジアに帰国してジャパンハートこども医療センターで引き続き入院治療を行う予定です。

ジャパンハートはこのたびの来日治療に際して、ホームページ(https://www.japanheart.org/topics/support/220830.html )で寄付を募集しています。集まった寄付は、チャンテッ君の来日治療に必要な渡航費、滞在費、帰国後の治療費等に使われます。


ジャパンハートこども医療センターとは



カンボジア・カンダール州に2016年に開院した前身の「ASIA Alliance Medical Center(ジャパンハート医療センター)」から、小児医療強化のため小児病棟を増築したことを機に、2018年「ジャパンハートこども医療センター」として設立。ポルポト政権の知識層虐殺によって医療者不足となり、長年医療崩壊状態にあったカンボジアを日本の医療で支援し、貧しい人々への治療に加え、将来を見据えた現地医療者の育成も担っている。年間約2万件の治療を実施し、内、無償治療をおこなう小児医療が約2.5千件、小児固形がんにおいては新規患者の入院数が日本の小児がん拠点病院のどこよりも多くなっている。これらの活動を評され、2021年に、内閣総理大臣が本部長を務めるSDGs推進本部主催「第5回ジャパンSDGsアワード」でSDGs推進副本部長(外務大臣)賞をジャパンハートとして受賞。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)