デジタル製品・家電 美容・健康

1日約10分、足を乗せるだけでエクササイズ!性能アップ&より軽量化で進化した保阪尚希プロデュース「フットエナジーPRO」

株式会社イッティ
2022年9月11日(日)よりオンラインストアにて販売開始

「魅力をプロデュースする」を理念とし、美容・健康に関する独自開発した商品を展開する株式会社イッティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:瀧本洋)は、2022年9月11日(日)より、新たに高周波EMSを搭載した、足~太ももの下半身のセルフケアをサポートする、保阪尚希プロデュース「フットエナジーPRO」を新発売いたします。



一般的に寿命と呼ばれる「平均寿命」に対し、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間を「健康寿命」といいますが、平均寿命と健康寿命には8年以上もの差があるといわれています(※画像:厚生労働省「第 11 回健康日本 21(第二次)推進専門委員会 資料」より)。

足は体の全体重を支える重要なパーツであり、加齢によりコンディションに影響が出やすい部位であり、日頃のケアやトレーニングを習慣づけることは非常に重要になります。そこで、シリーズ累計12万台以上を突破した「フットエナジー」が進化し、体の土台である“足”の運動を足裏からサポートする「フットエナジーPRO」を開発いたしました。

足裏には10種類もの様々な筋肉が張り巡らされています。意識して動かすことは難しい足の裏の筋肉も、低周波・中周波のEMSに加え、今回搭載された高周波のEMSが加わったことでより奥深くの筋肉であるインナーマッスルをバランスよく刺激できるよう進化。3種の電気刺激と3つのモードによって足のアウターマッスルからインナーマッスルまでしっかりとアプローチし、セルフケアをサポートします。

また、デザインを改良し、持ち手が付いたことによって持ち運びのしやすくなりました。使用の際はお好みに合わせ、角度を3段階で調節可能。EMSの強度も10段階で調節できます。1日10分足を乗せるだけでアウターマッスル・インナーマッスルをバランスよくエクササイズでき、セルフケアを効果的に行うことができます。

いつまでも自分自身の足で歩ける健康的な身体づくりのために大切な日々の下半身のトレーニング。進化した「フットエナジーPRO」が、足裏トレーニング習慣づくりをサポートいたします。

進化のPOINT1.:新たに高周波EMSを搭載

従来品の低周波・中周波のEMSに加え、今回新たに高周波EMSを搭載。高周波EMSが加わったことでより奥深くの筋肉インナーマッスルをバランスよく刺激できるよう進化しました。




進化のPOINT2.:軽量&コンパクト化!

本従来品に比べ約 0.2kg 軽量化。さらに持ち手がついたことで持ち運びが容易になり、より持ちやすく、使いやすくなりました。




保阪尚希 プロフィール



1967年(昭42)12月11日、静岡市生まれ。
10代の80年代から俳優として、主にドラマに出演。94年のTBS系「夢見る頃を過ぎても」、96年の日本テレビ系「俺たちに気をつけろ。」などで主演。その他、TBS系「サラリーマン金太郎」、フジテレビ系「踊る大捜査線」、映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」などに出演。保有資格は、野菜ソムリエ、フードアナリスト、加圧インストラクター、ストレッチハーツ・アドバイザーなど多数。
自身の経験と予防医学の知識をもとに身体の外からケアする「保阪流ウェルネス」を立ち上げる。「ストレッチハーツ」をはじめ誰でも簡単に身体のメンテナンスができるアイテムを紹介。健康を維持するために、朝食は特製ドリンクとさまざまなサプリメントだけ。その他、白米は避けて、発芽玄米を食べる生活を送っている。

商品概要

商品名:保阪尚希プロデュース「フットエナジーPRO」

【サイズ】本体/W:約 335mm×D:約 310mm×H:約 37mm
     リモコン/W:約 40mm×D:約 86mm×H:7mm
     EMS コントローラー/W:約 43mm×D:約 120mm×H:25mm
【質量】約 1.2kg(EMS コントローラーを含む)
【付属品】本体/EMS コントローラー/リモコン(テスト用電池付属:CR2025×1 個)
     充電用ケーブル(microUSB Type-B)/充電用 AC アダプター/取扱説明書(保証書付)
【充電時間】約5時間
【電池持続時間】約2時間
【定格使用時間】10分
【発売日】2022年9月11日(日)
【販売価格】29,980円(税込)

〈オンラインストア〉https://shop.ichiban-boshi.com/user_data/footenergy-pro.php
〈イッティ公式サイト〉https://itty.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)