美容・健康 流通

“毛穴”より小さいミクロの「泡」が入り込む。お肌へのストレスを極限まで抑えた「泡」のオールインワン化粧品が誕生!!

株式会社ヒロソフィー
「泡」のチカラでたったの10秒ケア、しかも高保湿。

1本で10役の機能。1.化粧水、2.美容液、3.乳液、4.クリーム、5.パック、6.下地、7.アイクリーム、8.デコルテクリーム、9.リップクリーム、10.洗顔


ドクターズコスメのパイオニアとして40年の歴史を持つ株式会社ヒロソフィー(本社、東京都港区、代表取締役:古岡正成)は、新しく化粧品ブランド「FlowerShop」を立ち上げ、お肌へのストレスを極限まで抑えるため、ジェルやクリームではなく、ふわふわ泡のオールインワン化粧品を発売いたします。



公式ECサイトでご購入いただけます。
【Webページ】 https://flowershop-tokyo.com/


■期間限定! 新感覚!!「泡」のオールイワン化粧品 発売キャンペーン!

【発売日】 2022年9月


【価格】 通常価格3,980円(税込)
     初回価格1,980円(税込)50%OFF
     期間限定として300円割引OFF キャンペーンも実施中!!

【ブランド名】 FlowerShop
【商品名】 オールインワン フレグランス 美容液〈泡タイプ〉

本製品の詳細はこちら
https://flowershop-tokyo.com/


開発ストーリー
簡単、手軽にスキンケアができるオールインワン化粧品は世の中にたくさんの商品があり、多くの方に使用いただいております。ただ、一方でこれ1つだけでは物足りないという意見も少なからずこざいます。

オールインワン化粧品はジェルやクリーム形状が多く、水分を逃がさぬよう肌に膜をはります。そのため、顔を動かすときに膜が引っ張られてつっぱりを感じたり、水分が蒸発する際に肌の水分まで飛んでいき乾燥を感じることがあるのです。

私たちは短時間で必要十分なケアをしっかり行うために、そして何より肌の実感を感じていただくために試行錯誤を重ねました。

そこでたどり着いたのが「泡タイプ」の形状でした。サッとぬるだけでどんなところでもスルっと入り込み弾けて浸透する。しかもべたつきなく使用感が良い。届ける成分も肌本来の生命力を取り戻す幹細胞エキスを中心に48種類配合しております。

泡タイプという「初めての感覚」で「実感」し、「気分がウキウキ」とあがり、そして「初めての事にチャレンジ」する。
私たちは肌だけではなく、気持ちも含めて変わっていける化粧品開発を目指しています。


■商品特徴・ポイント
1、泡タイプ(他社では発売)
・お肌へのストレスを極限まで抑えるため、ジェルやクリームではなく、あえて泡のオールインワン化粧品にしている
・毛穴より小さいミクロの泡がすみずみまで入り込んで浸透
・泡で伸びが良く液だれがない

2、時短スキンケア
・泡のチカラでたったの10秒ケア
・1ステップでカンタンお手入れ完了
・忙しいキャリアウーマン、子育てママ、30~40代主婦におすすめ

3、1本で10役のオールインワン設計
・1本で「化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、下地、アイクリーム、デコルテクリーム、リップクリーム、洗顔」の機能


4、フレグランス
・他にない価値はフレグランス。贅沢な華やかな香りでセレブな気分になれる。オーガニック感のあるアロマの香り。
・「ストレスを開放しながら自信を与えていく」をテーマに、数百の天然保湿オイルの中から選んだ貴重な植物オイル12種を調香師がオリジナルのバランスでブレンド。


最先端の技術テクノロジーとエッセンス
テクノロジー1
O/W製法が支える「ねばり泡」の可能性
泡オールインワンに採用されているのは、なじみやすい水成分を表面に、蓋を担うオイル分を内側にしたO/W製法。それにより、肌表面でじゅわっとはじけながら角質層に浸透する泡となる。今までに使用してきた10アイテムの化粧品の機能を1本に閉じ込め、オールインワンの可能性を引き出しました。



【テクノロジー2】
密着性に優れたミクロの濃密泡のパワー
スーッと伸びて、もっちりしたなめらかな肌を作る秘密。それは毛穴より小さいミクロの濃密泡によるもの。これにより成分がどんな凸凹にもムラなく均一に広がり、じわじわ潤う。メイクのはがれや崩れにも強く、美しさが進化する印象です。



【テクノロジー3】
調香師によるオリジナルブレンドが誇る、12種の天然保湿ハーブオイル香りの物語
「ストレスを解放しながら自信を与えていく」をテーマに、数百の天然保湿オイルの中から選んだ貴重な植物オイル12種。それぞれの個性を組み合わせたオーガニック感のある香りで、心が緊張から解き放たれ、安らかなくつろぎモードに。


【エッセンス1】
ロングセラー成分とテクノロジーの融合美肌をキープする新型栄養補給
古来から美肌に必要とされているコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミド。それぞれを誘導化や異種ブレンドし、新肌覚醒に必要な成分全48種を調合。今までに多くの化粧品、そして女性たちに選ばれてきた成分は、新技術素材との融合でお肌の新型栄養補給として姿を変えます。



【エッセンス2】
再生医療から着想された幹細胞必要なのは栄養補給可能な肌の生命力
失われた細胞を生み出す力を持っている人間。「幹細胞」はこうした能力を持っており、それを基に研究されているのが近年話題の「IPS細胞」です。この再生医療の着想で化粧品素材として植物幹細胞が開発されました。



【エッセンス3】
乳酸菌EC12、発酵エキス、乳酸球菌 配合
私たちの皮膚には通常1兆個以上の微生物が存在しています。年齢によって明らかに少なくなる微生物が「表皮ブドウ球菌(潤い菌)」。弊社オールインワン化粧品には、乳酸菌フローラEC12を配合。また、乳酸菌(Lactobacillus)、乳酸球菌(Lactococcus)、レウコノストック(Leuconostoc)、クルベロマイセス(Kluyveromyces)、サッカロミセス(Saccharomyce)の5種類の菌から構成される、 共生発酵物kefir(ケフィアグレイン)を配合しました。




■特徴成分
【泡がおすすめのワケ】
オールインワンの多くはジェルやクリームがほとんど、原価が安く作りやすいため、低価格で販売されているものもたくさんあります。
しかし、ジェルやクリームの場合、肌にふたをするようにして水分を逃がさないようにするため、突っ張りを感じることがあります。
また物質の水分が蒸発するときにお肌の水分まで飛ばしてしまい、かえって乾燥してしまうこともあります。
それに比べて、泡は、毛穴よりも小さいため毛穴にするりと入り込み、毛穴の奥ではじけて浸透します。
だから、自然にうるおいが増していき、メイクなじみもよくなってきます。




48種の美容成分】
美容医療の発想で、48種類の美容成分を選定。ミクロの泡にぎゅっと詰め込みました。
<ケア>ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタ、シロキクラゲ、バラ花、ビタミンE等
<高保潤成分>大豆コレステロール、海藻エキス、サンザシ、ナツメ果実エキス等
<エモリエント成分>ゼラニウム、カモミール、セージ、ジャスミンオイル等
<クリア成分>オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、リンゴ果実エキス等


【最先端のテクノロジーが詰まった成分】
1、リンゴ果実培養細胞エキス配合
スイスの最新技術である植物幹細胞。幹細胞は肌を整える基礎部分をケア。幹細胞が多いと修正力が高くなります。

2、 乳酸菌+発酵エキス
弊社オールインワン化粧品には、乳酸菌フローラEC12を配合。また、乳酸菌(Lactobacillus)、乳酸球菌(Lactococcus)、レウコノストック(Leuconostoc)、クルベロマイセス(Kluyveromyces)、サッカロミセス(Saccharomyce)の5種類の菌から構成される、 共生発酵物kefir(ケフィアグレイン)を配合しました。


3、超純水
限りなくH2Oに近づけた高純度なカラダにやさしい水。水にも徹底的にこだわりました。


株式会社ヒロソフィーについて
今から40年ほど前より、日本のバイオテクノロジーの分野を切り拓いてきた「学研」(現 株式会社学研ホールディングス)。
私たち「HIROSOPHY(ヒロソフィー)」は、学研独自の研究基盤と、ドクターズコスメとして40年の歴史を持つ「アールボーテ」シリーズを受け継ぎ、さらに研鑽をつづける美と健康のトータルサポートブランドです。

輝く人生
いつまでも若く美しく元気に楽しく

そのテーマの下、自分自身をモニターに、本当に自分が使いたいもの、皆様に心から喜んで頂けるものだけを、と努力して参りました。従来の「アールボーテ」の天然植物成分を核に、最新テクノロジー研究でより高い効果を追求し、高価な成分を惜しみなく配合、また、体・肌に有益でないものは妥協せず排除しました。
宣伝、流通、人件費などは極限まで省き、大手メーカーではありえないプライスで贅を極めた愛用品を一品一品心をこめてお届けいたします。


【会社概要】
会社名:株式会社ヒロソフィー
本社所在地:東京都港区芝4-6-4 ヒロソフィー三田ビル
代表取締役:古岡 正成
事業内容: 化粧品及び健康食品等の製造販売

公式HP: https://flowershop-tokyo.com/
公式Instagram ID: flowershop_hiro
問合せ: support@flowershop-tokyo.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)