企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

AI・介護記録ソフト「CareViewer」と「Chatwork」の連携機能が拡充

日本KAIGOソフト株式会社
さらに便利で、頼りになるアプリに成長




日本KAIGOソフト株式会社(本社:北海道札幌市、代表者:中元 秀昭、以下KAIGOソフト)が提供する介護記録ソフト「CareViewer」と、国内利用者数No.1*のビジネスチャット「Chatwork」の連携機能が拡充されました。

「CareViewer」と「Chatwork」の間で、相互にメッセージを送れるようになったほか、「Chatwork」のタスク管理機能に対する「CareViewer」からのアプローチの幅が広がりました。


* Nielsen NetView 及びNielsen Mobile NetView 2021年4月度調べ月次利用(MAU:Monthly Active User)調査。調査対象47サービスはChatwork株式会社にて選定。


「CareViewer」は現在、全国の介護関連事業所などで利用されています。「CareViewer」には、介護にまつわる各種の記録、管理、通知、共有機能が網羅されていて、現場の作業効率をアップするほか、現場スタッフ、被介護者とその家族などの間の信頼関係を高め、安心感の醸成にも役立っています。


■相互メッセージングが実現 タスク管理機能も深く連携
相互メッセージング(チャット)機能と、タスク管理機能の拡充内容は、次の通りです。


相互メッセージング(チャット)機能


 以前の「CareViewer」は、「CareViewer」から「Chatwork」への一方向のみでメッセージを送ることができました。「Chatwork」から「CareViewer」へ、返信などのメッセージを送っても、「CareViewer」には通知されませんでした。

拡充以後は、「CareViewer」と「Chatwork」が相乗りする一つの画面でチャットすることができます。
例えば、「CareViewer」にログインしている介護太郎さん(仮名)が投稿したメッセージ「本日は電気設備の年次点検のため停電します」は、「Chatwork」にログインしている介護花子さん(仮名)が、介護太郎さんのメッセージへの返信として投稿したメッセージ「了解しました」と、同じ画面で、発信順に表示されます。

チャット画面には、「CareViewer」のトップ画面から、1ステップで入ることができます。
これらの機能拡充は、「Chatwork API」の「Webhook」を使うことで可能になりました。





タスク管理機能


 以前の「CareViewer」からは、「Chatwork」のタスクへ、新規タスクの登録のみができました。拡充以後は、タスク一覧の確認と、「完了」「未完了」のチェック(状態変更)ができるようになりました。
また、「CareViewer」から「Chatwork」のタスク管理機能へのアプローチは、アプリでのみ可能でしたが、拡充以後はWebでもできるようになりました。


■コロナ禍を受けて、拡充

「CareViewer」と「Chatwork」の連携機能を拡充した背景には、コロナ禍の影響がありました。

多くの介護事業所では、緊急事態宣言などの発令下において、被介護者とその家族との面会をお断りせざるをえない状況になりました。そうした際の、それぞれの心理的負担を少しでも軽減したいという思いが背中を押したのです。

これまでも、各種のコミュニケーションに役立てられてきた「CareViewer」ですが、「Chatwork」を介した相互メッセージ機能やオンライン面会を利用すれば、面会ができない期間でも、まるで一緒に暮らしているような距離感をつくり上げることが可能です。

また、タスク管理機能の連携拡充は、特別な状況下での、現場スタッフの意思疎通に役立つものです。ソーシャルディスタンスが求められるなどで、作業の中に遠慮が入り込むと、意思疎通が不十分になり、ケアレスミスの発生の可能性は高まります。現場では、ケアレスミスが大きな問題を招くことがあります。

タスク一覧を確認した上で、それぞれの「未完了」「完了」を、「CareViewer」から簡単に告知しあえることは、ケアレスミスを防ぐ大きな力となるはずです。


■アフターコロナも好循環の傍らに

「CareViewer」を利用中の介護現場からは、「CareViewer」が、コロナ禍の終息後に、ますます大きな役割を果たすようになるという声も聞かれます。

コロナ禍を機にした社会全体の変化の1つに、デジタル機器を使ったコミュニケーション能力の向上があります。同じコロナ禍の間、一部の先進的な介護事業所は、社会全体の平均よりはるかに大きくコミュニケーション能力を高め、その意義を実感し始めています。その多くの場面で、進化した「CareViewer」が活躍しているのです。


コミュニケーションを円滑化することのメリットは、被介護者だけでなく、働く人たちの間にもあります。作業が効率化して負担が軽減、職場環境を整えることとなります。

そして、職場環境が整えば、自然と介護作業の質の向上に繋がるはずです。私たちKAIGOソフトは、いつも、そんな好循環の傍らにありたいと願っています。


【ご相談窓口】
担当:村上 久沙人
Tel:050-5443-1850
mail:careviewer@japan-kaigosoft.com
CareViewer サイトURL:https://care-viewer.com/


【Chatworkについてのお問い合わせ】
Chatwork株式会社
担当:大島 亜衣里
mail:press@chatwork.com


【会社概要】
会社名:日本KAIGOソフト株式会社
本社所在地:札幌市東区東苗穂5条2丁目9-28
設立:2016年2月
代表取締役:中元 秀昭
事業内容:介護用ソフトウェアの開発・製造・販売・運営・保守メンテナンス

サイトURL:https://www.japan-kaigosoft.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)