スポーツ・アウトドア 美容・健康

PGA協力 「ゴルフのカガク」全国キャラバン開始 - 第1回をTHE ROYAL GOLF CLUB(茨城県鉾田市)で開催 -

NOMON
PGAティーチングプロとのラウンドレッスンやゴルフに役立つ情報やコーチング理論、サイエンスを体験するイベント

帝人グループのNOMON株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:山名慶)は、公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA) 協力のもと、PGAティーチングプロとのマッチングイベント「ゴルフのカガク」全国キャラバンを開催することになりました。第1回は2022年9月27日(火)から28日(水)の2日間、 THE ROYAL GOLF CLUB(茨城県鉾田市)にて開催いたします。


本キャラバンでは、全国各地のPGAティーチングプロとのラウンドレッスンを通じた交流を目的として開催いたします。また、先進科学から紐解いた独自メソッドで潜在能力を引き出すNOMON Conditioning Lab(NCL)の取組みとして、廣戸道場・レッシュプロジェクト(レッシュ理論・4スタンス理論)や試打ラボしだるTV(YouTube)が人気の石井良介氏、ゴルフィングマシーン公認インストラクター木場本知明氏によるコーチング、“息をする”をテーマとした呼吸に関するフィジカルとメンタル面からの介入方法やスイング時の姿勢を計測、数値による見える化を行うMATOUS(R) GOLFを体験いただき、ご自身のトリセツつくりをサポートいたします。また、「自分の睡眠の質が確認でき、改善のヒントが受けられる」新たな睡眠体験として「睡眠センサー MATOUS(R) Sleep Sensing」と専用アプリ「スリープコンシェルジュ(R)」を体験いただきます。(先着10名限定)

PGA副会長 芹澤信雄氏からも推薦コメントいただいております。「PGAとしても、このようなイベントが展開されていくことはうれしいことです。多くの方々にご参加いただきたいです。本イベントを通じて、皆様のゴルフライフが充実したものになることを期待しています。(公社)日本プロゴルフ協会 副会長 芹澤信雄」

実施概要
■名称:「ゴルフのカガク」 全国キャラバン
■主催:NOMON株式会社
■協力:公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)、報知新聞社、帝人フロンティア株式会社、PRGR、UST Mamiya Japan、日本シャフト、Callaway、GLOBERIDE
■開催日:
第1回 2022年9月27日(火)-28日(水)THE ROYAL GOLF CLUB (茨城県鉾田市)
第2回 2022年10月18日(火)-19日(水)小淵沢カントリークラブ(山梨県北杜市)
第3回 2022年12月13日(火)-14日(水)セブンハンドレッド(栃木県さくら市)
※第2回以降のイベントについて、詳細が決まり次第アナウンスいたします。





イベント概要
■名称:「ゴルフのカガク」 全国キャラバン 第1回
■主催:NOMON株式会社
■協力:公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)、報知新聞社、帝人フロンティア株式会社、PRGR、UST Mamiya Japan、日本シャフト、Callaway、GLOBERIDE
■日時:2022年9月27日(火)8:45集合(8:15受付開始)-28日(水)15:00解散予定
■集合場所:THE ROYAL GOLF CLUB(ザ・ロイヤル ゴルフ クラブ)
〒311-2117 茨城県鉾田市大蔵200
https://the-royal-golf-club.com/access/
■参加料金:¥198,000(税込)/人
(ツインルーム2名1室利用料金、1名1室利用の場合は+¥22,000(税込))
■募集人数:定員26名(最小催行人数6名)
■お申込み:https://nomonshop.jp/lp?u=event-golf
■応募期間:2022年9月12日(月)13:00~9月20日(火)昼12:00
■問合せ先:ゴルフのカガク運営事務局 担当/下浦 info@nomon-event.jp
■スケジュール:
1日目(9/27)
8:15 受付開始
8:45 集合(ロビー)※ゴルフができる服装でご集合下さい。
9:00 NOMON Conditioning Lab for Golf :自分のトリセツ
9:30 廣戸道場・レッシュプロジェクト(レッシュ理論・4スタンス理論)
11:30 NOMON Conditioning Lab: “息をする”フィジカル編
12:30 昼食
13:30 石井良介氏のコーチング
木場本知明氏のコーチング
MATOUS(R) GOLF(スイング解析) 
17:30 懇親会BBQ
MATOUS(R) SLEEP(睡眠解析)※先着10名様
2日目 (9/28)
6:30 朝食
7:30 NOMON Conditioning Lab :“息をする” マインド編
8:00 1ラウンドスループレー(キャディ付き、PGAティーチングプロによるラウンドレッスン)
14:00 軽食及びティータイム
15:00 解散(予定)
※プログラム内容詳細および時間は予告なく変更になる可能性がございます。ご了承ください。

■ご応募・ご参加いただくにあたってのご注意点
・新型コロナウイルス感染症の状況やイベントの開催制限によっては、政府の方針に従いイベントを中止
する場合がございます。
・主催者側の都合でイベントの中止、または内容(講師等)が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
・ご自宅から集合/解散場所までにかかる費用、持参品などの費用は参加者ご自身のご負担となります。
・お部屋には限りがあるため、お1人様部屋が埋まり次第、相部屋をお願いすることもございます。
・主催者側で、各種保険に加入を致します。参加申込みをされる方は、その旨ご了承いただき、お申込みの際に、お連れ様の氏名、生年月日も備考欄へご記載ください。ただし、ゴルファー保険は別途ご加入の上、ご参加ください。
・服装について
THE ROYAL GOLF CLUBは、日本の伝統、文化、歴史と一体となり誇りをもって具現する品位、品格を備えたクラブであり、当ゴルフ場に相応しい服装及び着こなし、所持品及び携行の仕方並びにその他の身なりにご配慮いただけますようお願い申し上げます。
https://the-royal-golf-club.com/clublife/dresscode/

―――――――――――――――――――――――――――――――
■THE ROYAL GOLF CLUB(ザ・ロイヤル ゴルフクラブ)


日本のゴルフを“世界基準”にー
日本が誇るプロフェッショナル達の叡智を結集した「THE ROYAL GOLF CLUB」。国内最長となる全長8,143yの美しくも戦略性に富むチャンピオンコース。最長ホールは705ヤードを有し、各ホールに設けられたバンカーの深さ、グリーンの形状、フェアウェイのうねり、アンジュレーションなど、全てにおいて世界屈指のダイナミックさを備え、国内随一と言える戦略性に富んだ難関コースへと仕上がっています。
オフィシャルサイト https://the-royal-golf-club.com/

■廣戸道場・レッシュプロジェクト(レッシュ理論・4スタンス理論)

アスリートのトレーニングの主眼は、筋力の増強ではなく、体のコントロール力をいかに向上させていくかにシフトしています。なかでも重要視されているのが柔軟性であり、そこから生まれる各部位の可動範囲の拡大が、全身の連動性を高めていきます。今回のイベントでは、快適に自分の体を上手くコントロールできるカリキュラムをご提供いたします。

■石井 良介 いしい りょうすけ/試打ラボしだるTV
https://www.youtube.com/channel/UC16JKCpV_cRWPlMbZDkLZ4A/videos

トラックマンを活用したレッスン活動で人気。メディアではYouTubeチャンネル「試打ラボしだるTV」で試打解説を担当する、令和の人間試打マシーン。今回のイベントでは、最新クラブの試打とコーチングを担当いたします。




■木場本 知明 きばもと ともあき/ザ・ゴルフィングマシーン公認インストラクターGSEM

日本体育大学ゴルフ部監督だった父親の影響でゴルフを始め、高校卒業後に渡米。
サンノゼ州立大学の商学部修士課程を修了し、米国で企業に就職。米国で主流の「ザ・ゴルフィングマシーン」の理論を学び、日本で最初のザ・ゴルフィングマシーン公認インストラクターGSEMとして活動。2018-2020まで月刊ゴルフクラシックで、「新訳ザ・ゴルフィングマシーンの解説」を連載。ゴルフ雑誌に幅広く寄稿。ツアープロからクラブを持ったことがないゴルファーまで、お困りのゴルファーを幅広くアドバイスをしています。

■NOMON Conditioning Lab(NCL)

先進科学から紐解いた独自のメソッドで、それぞれの方が、肝心な時や、ここ一番のシーンにおいて元々自分が持っている潜在能力を引き出せるようになるためのコンディショニング・ラボです。今回は、ご自身のトリセツをつくるための1つである「呼吸」に対し、フィジカルとマインドの観点から、呼吸の構造や効果の理解、パフォーマンスの向上や緊張からの解放まで様々なシーンでの「呼吸」との付き合い方をアスレティックトレーナーや臨床心理士からのレクチャーを受けて紐解いていきます。


■関屋 裕希 せきや ゆき/心理学博士 臨床心理士 公認心理師

東京大学大学院医学系研究科 デジタルメンタルヘルス講座 特任研究員・精神保健学分野 客員研究員
専門は、働く人のメンタルヘルス。不調の予防だけではなく、ポジティブなメンタルヘルス状態の実現を目指し、心理学の知見をもとに、ワーク・エンゲイジメントやwell-beingを高めるアプローチを開発・研究している。著書に『感情の問題地図』(技術評論社)など。
ホームページ:http://sekiyayuki.mystrikingly.com/

■平松 良康 ひらまつ よしやす/アスレティックトレーナー

鍼灸学修士
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
柔道整復師、鍼灸あんまマッサージ指圧師
日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者
様々な競技でのアスレティックトレーナー経験の他、治療家やトレーニングコーチとしても活動しています。

■MATOUS(R) GOLF

マトウスゴルフは、ウェアラブルなゴルフレッスンソリューション。ウェアとセンサーが一体化したセンシングウェアとアプリケーションでスイング時の姿勢(体幹)を計測・解析。デジタルアバターを用いて姿勢や体感のブレを正確に見える化し、改善ポイントをフィードバックすることができます。

オフィシャルサイト https://matous.jp/golf/

■MATOUS(R) Sleep Sensing/Sleep Concierge

睡眠計測デバイス「MATOUS(R) SS」をシーツなどの寝具の下に設置して就寝することで、睡眠中の体動情報やバイタルサインを計測し、専用アプリ「Sleep Concierge」において、睡眠時間、睡眠の深さ、中途覚醒、寝返りなどの睡眠の質を評価し、睡眠習慣の改善に向けたアドバイスを提供するサービスです。
オフィシャルサイト https://matous.jp/ss/
―――――――――――――――――――――――――――――――
■協力
公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)


日本プロゴルフ協会(PGA)には厳しい資格認定を受けた多くのゴルフプロフェッショナルが会員として登録されており、日本のゴルフ界のあらゆる分野で活躍しています。また、トーナメントプレーヤーを育てるだけにとどまらず、ゴルフの正しい普及・発展という責務を果たすため、優秀な指導者の養成を行うことを目的として、1985年にインストラクター(現在はティーチングプロ)資格認定制度を発足させ、ゴルフ技術だけではなくゴルフ指導者として広範囲な知識を持つ有能なゴルフ教師を毎年数多く世に送り出しています。
日本プロゴルフ協会オフィシャルサイト https://www.pga.or.jp

報知新聞社



スポーツ報知において、日本一の情報量を誇る巨人軍の記事はもちろん、プロ野球、メジャーリーグ、高校野球、サッカー、ゴルフ、大相撲、スポーツ全般、芸能、社会、競馬、公営競技といった各種情報を毎日お届けしています。また、インターネットサイト(https://hochi.news/)ではスポーツ、芸能などの話題をいち早く発信。「報知高校野球」や「月刊ジャイアンツ」といった定期刊行物も出版しています。

帝人フロンティア株式会社

業界で唯一の繊維製造と販売を一貫で手掛ける事業体です。また、グローバルな、原糸から素材・製品化までの一貫型開発・生産と幅広いサプライチェーンを背景に持ち、市場にない商品やサービスを創出・提供しています。本イベントでは、ゴルフのスイング解析「MATOUS(R) GOLF」や睡眠解析デバイス「MATOUS(R) Sleep Sensing」を販売しています。
オフィシャルサイト https://www2.teijin-frontier.com/company/
―――――――――――――――――――――――――――――――

NOMON株式会社

帝人グループのNOMONは、ニュートラシューティカル(人々の日々の健康維持に有用である科学的根拠をもつ食品成分)を追求する企業として、独自の研究開発力をもとに自社製品についてエビデンスを構築し、社会課題の解決に向けて活動しています。食品成分の研究・開発に関わる業務を帝人株式会社、製品の販売・プロモーションに関わる業務をNOMONが実施しています。


―――――――――――――――――――――――――――――――

会社概要
■会社名: NOMON株式会社
■住所 :<本社>〒100-8585 東京都千代田区霞が関3-2-1霞が関コモンゲート西館
<東京オフィス>〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-25-12 FAMビル2F
■代表者: 代表取締役CEO 山名 慶
■資本金: 1,000万円
■事業内容: ニュートラシューティカル製品の販売とそれに関する事業全般
■HP :https://www.nomon.jp/
■メディア:https://life-is-long.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)