医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

JMCA Conference 2022

ゼロシーセブン株式会社
モーションキャプチャの先駆者たちによる一夜限りのスペシャル・セッション

日時:2022年10月31日(月) 17:00 - 19:30 会場:オンライン開催 参加:事前登録が必要、参加費無料 登録:https://lp.terrabyte.co.jp/JMCA_Conference2022 主催:JMCA(インターリハ株式会社 / ゼロシーセブン株式会社 / 株式会社テラバイト / 株式会社フォーアシスト)




プログラム

ゲスト講演者(30分)

G1「私的研究小史から見たバイオメカニクス研究動向」 布目寛幸 様(福岡大学スポーツ科学部スポーツ科学科 教授)
G2「人間計測による人間拡張技術が拡げる健康で快適な生活」村井昭彦 様(産業技術総合研究所人間拡張センター共創場デザイン研究チーム長)
G3「リハビリテーションを視覚化し、治療につなげるための動作の解釈」松田雅弘 様(順天堂大学保険医療学部理学療法学科 専任准教授)


ベンダー講演者(10分)

H1「モーションキャプチャーシステムのグローバルスタンダード”VICON”からの新型カメラValkyrie発表および最新機能のご紹介」菅野洋平(インターリハ株式会社)
H2「DX時代のヒューマンセンシング利活用領域と近未来の予測」池田隆行(ゼロシーセブン株式会社)
H3「”No muscle, no life.” AnyBody筋骨格解析ソフトウェア」菊池俊彦(株式会社テラバイト)
H4「モーションキャプチャーにおける同期計測とフィードバックの重要性」坂元昭人(株式会社フォーアシスト)





Japan Motion Capture Alliance – ジャパン モーションキャプチャ・アライアンス

JMCAはモーションキャプチャ関連企業が運営するアライアンスです。ユニークな製品群と良好なチームワークによるソリューションで信頼と実績を積みあげて参りました。
モーションキャプチャは、ヒトやモノの動きを三次元的に可視化・数値化し、定量評価する技術です。活用領域はバイオメカニクス研究から製品ユーザービリティ評価、QOL / QOW評価、エンターテインメント・コンテンツの制作と多岐にわたります。少子高齢化による社会課題の解決にもこの技術は重要な一端を担っており、これからはDX化で垣根を超えたイノベーションが織りなすアートとサイエンスの融合を見据えた視点も必要になると考えます。
JMCAが業界横断的なソリューションを提供する場として機能し、社会課題解決に貢献できれば幸甚です。


JMCA発起人:   
インターリハ株式会社
ゼロシーセブン株式会社
株式会社テラバイト
株式会社フォーアシスト
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)