医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

【急成長市場】アート×福祉で子供の発達をサポート児童発達支援事業「アートキッズ療育」がお笑い芸人のEXITを公式アンバサダーに起用しフランチャイズ加盟0次募集を開始!

LOGZGROUP株式会社
福祉経験のある、りんたろー。かねちーが、早期療育でこどもの可能性をひろげる事業を届ける。

福祉事業を展開するLOGZGROUP株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:古徳一暁)は、この度早期療育を目的とする児童発達支援事業「アートキッズ療育」のフランチャイズ事業を開始。公式アンバサダーとしてお笑い芸人のEXITが就任したことを発表いたします。EXITがサービス紹介をするCMは、サービスサイト内で公開されるほか、プロモーション活動を開始いたしました。




児童発達支援事業(※1)とは、0歳から小学校就学前までの、障害がある子どもや発達に遅れのある子どもたちが通う場所で、日常生活の自主訓練や、機能訓練等を目標とした児童福祉法に基づくサービスです。
LOGZGROUPの展開するアートキッズ療育は、「アート×療育」をコンセプトに、好きを強みに変える児童発達支援サービスとして、1号店を東京都品川区にオープン予定。今後3年で300店舗の出店を計画しています。

▼アートキッズ療育 紹介動画




児童発達支援事業の市場

全国約500万人の未就学児のうち、約6.5%30万人の子どもが発達障害を持つといわれていますが、児童発達支援サービス利用者は約3.5万人と9割が潜在的待機児童です。(平成28年厚生労働省 社会福祉施設調査より)子どもの発達に悩む家族に、適切なサービスが行き届いておらず、必要とされている事業です。
通いたくても事業所の空きがなく、通うことができないという悩みを抱える家族も多く、国が力を入れている事業です。






サービスの特徴




■社会貢献性が高いビジネス
子供の発達をサポートする事業として、国が予算をとり社会問題をとして捉えている領域です。
■ストック型
0歳から小学校就学前までの発達に遅れのある子どもたちが通う場所であり、利用開始後から小学校入学までの長期で継続した売上が見込めます。
■アート×福祉の独自カリキュラム
従来の療育カリキュラムに加え、アートを取り入れた新しいカリキュラムで競合と差別化を図り集客を行うことが可能です。


公式アンバサダー起用の経緯

悩める家族の心のよりどころとして多くのユーザーにサービスを届けるため、EXITのりんたろー。さんと兼近大樹さんのお二人を公式アンバサダーに起用いたしました。
「LIFESTYLE INNOVATION~誰もがワクワク笑顔で生きてく世界を創る~」という弊社のビジョンと、EXITのお二人の福祉業界での職務経験や「すべての人の辛いこと、 ストレスの出口になれれば」という想いに親和性を感じ、起用に至りました。

■プロフィール
2017年12月に結成したりんたろー。さん と兼近大樹さんによるお笑いコンビ。史上最速となる結成11カ月で東京・ルミネtheよしもとでの単独ライブを行い、2019年には全国8都市を巡るJAPANツアーを芸人としては最速で開催。コンビ名は、 「すべての人の辛いこと、 ストレスの出口になれれば」との思いから。お笑い第7世代の代表格として活躍中。過去に、りんたろー。さんは介護ヘルパー、兼近さんはベビーシッターのアルバイトをしており、福祉に関わる仕事に携わった経験がある。

りんたろー。
1986年03月06日生まれ 静岡県出身
兼近大樹
1991年05月11日生まれ 北海道出身



フランチャイズ募集について




LOGZGROUP株式会社では、障害のある方でも「自分らしく生きられる社会の実現」をビジョンとして掲げています。志を同じくして事業拡大を進めていける方をパートナー企業として迎え、福祉の可能性を広げるため、アートキッズ療育をフランチャイズ展開しています。安心して事業運営していただけるよう「集客」「運営」「採用」の三方から全力でサポートする体制を整えております。※現在は限定10社募集中。

LOGZGROUPと共に福祉の可能性を広げていける、新たなパートナーの皆様を心よりお待ちしております。

▶︎LOGZGROUPのフランチャイズについて:http://fc-artkids.logz.co.jp


■会社概要
LOGZGROUP株式会社は、「LIFESTYLE INNOVATION~誰もがワクワク笑顔で生きてく世界を創る~」というビジョンのもと、福祉事業、メディア事業、HR事業、福祉請求クラウド事業を展開。福祉事業では、「障害という線引きをなくす」というミッションを掲げ、既存の障害者雇用の枠にとらわれず、IT特化のカリキュラムを提供する「就労移行ITスクール」を全国で運営。プログラマーやWEBデザイナーという障害者雇用の新たな選択肢を生んでいる。また、福祉事業所向けにHR事業、福祉請求クラウド事業を展開している。

本社所在地:東京都港区南青山1−15−2 越山ビル5階
代表者:代表取締役 古徳一暁
事業内容:福祉事業、福祉請求クラウド事業、フランチャイズ事業、人材紹介事業
サイト:http://fc-artkids.logz.co.jp

※正式記載方法に準じて「障がい者」を「障害者」と記載しています。
※1 児童発達支援事業は、児童福祉法に基づく福祉サービスのひとつ。小学校就学前0~6歳 までの障害がある子どもや発達に遅れのある子どもたちが通う場所で、日常生活の自主訓練や、機能訓練等を行う場。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)