美容・健康

10月20日 改良新発売 「コレステサポート」(機能性表示食品)

株式会社ファンケル
4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる臨床試験済みサプリを発売

株式会社ファンケルは10月20日(木)から、高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きを持つ機能性表示食品「コレステサポート」(30日分:2,700円<税込>)を通信販売と直営店舗で改良新発売します。また一般流通では10月上旬から順次、先行発売します。 改良に伴い、4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げることを臨床試験で確認した、機能性表示食品へと生まれ変わりました。配合成分のメカニズムは、新しく配合された「りんご由来プロシアニジン」によりコレステロールを体外へ排出することを促すとともに、「紅麹ポリケチド」の働きによって体内でコレステロールが作られることを抑えるというものです。目安量も4粒から2粒に低減し、より継続して摂取しやすい製品へと改良しました。コレステロール値が高めの中高年の方々にお勧めです。




<製品特長>

4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる

本品を摂取することで、4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果を確認している機能性表示食品です。


気になるコレステロール値に二つの機能性関与成分を配合

「りんご由来プロシアニジン」とは、りんごの皮の部分に多く含まれるポリフェノールの主成分です。本成分により、コレステロールの排出が増え、血中のコレステロールが低下すると考えられています。
「紅麹」とは清酒や味噌に用いられる麹菌の仲間で、紹興酒などの醸造に用いられています。紅麹に含まれる機能性関与成分「紅麹ポリケチド」により、体内でコレステロールが作られることを抑えると考えられています。


1日の目安量を4粒から2粒に低減

製品としての機能性を高めながらも、目安量を減らすことに成功。今まで以上に摂取しやすく、続けやすい製品設計になりました。

<開発背景>
LDL(悪玉)コレステロールが基準値外の方は約5,000万人※おり、健康寿命の延伸を目指す日本にとって大きな社会課題の一つとなっています。当社では2009年より「紅麹&植物性ステロール コレステ習慣」という名称のサプリメントを販売してきました。コレステロールの数値に悩む多くの方のために、このたび処方設計を見直し、臨床試験を行い効果を確認している機能性表示食品として改良新発売します。
※ 令和元年 国民健康栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/content/000710991.pdf)から算出。

<製品詳細>
製品名:コレステサポート
発売日:2022年10月20日(木)
販売チャネル:通信販売、直営店舗、一般流通
価格(税込):30日分2,700円<本体価格:2,500円>
1日摂取目安量:2粒
アレルゲン(28品目中):りんご
届出番号:H98
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)