美容・健康 ホテル・レジャー

創業約60年の札幌の老舗銭湯が、個室サウナ施設としてリニューアルオープン

株式会社MASSIVE SAPPORO
設備の老朽化とコロナ禍での客数減を機に、サウナ・飲食へ事業転換

株式会社 MASSIVE SAPPORO(本社:札幌市中央区、代表:川村 健治)は、札幌の創業約60年の元銭湯『富美の湯(ふみのゆ)』を個室サウナ施設『フミノサウナ』としてプロデュースを行い、2022年9月23日(金・祝)に開業いたします。同施設内には飲食店『SORA KAZE(そらかぜ)』を併設いたします。 当施設は、設備の老朽化とコロナ禍での客数減少を受け銭湯としての営業を終了し、昨今市場が拡大するサウナ施設に事業を転換いたしました。銭湯時代に担ってきた地域の憩いの場として、今後も地域コミュニティに貢献してまいります。 リニューアルオープンにあたり、報道向け内覧会を実施いたします。詳細は本文下部をご参照ください。





◆まちの銭湯をとりまく環境

全国の銭湯の9割が加入する「全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会」(全浴連)によると*1、連合会加入施設数はピーク時の1968年から2022年にかけて約90%近く減少。札幌市の場合*2、1971年時点でおよそ1,000軒あった銭湯が2022年には約30軒にまで減少しています。
当施設(旧:富美の湯)が創業した約60年前、当時はまだ一般的な住宅には入浴設備がなく、銭湯は地域住民にとって毎日のお風呂場として利用されていましたが、年々住環境が整備されるにつれて、銭湯の客数は減少しました。
※1:全浴連HP https://www.1010.or.jp/zenyoku/
※2:北海道公衆浴場業生活衛生同業組合HP:https://www.kita-no-sento.com/

◆銭湯「富美の湯」を閉業し、個室サウナ施設「フミノサウナ」へ転換した経緯


当施設は、長年使用してきた設備の老朽化と、コロナ禍での客数の減少をきっかけに、2020年12月末に銭湯としての営業を終了。昨今のサウナ市場の拡大、コロナ禍により「三密回避」「ソーシャルディスタンス」の意識が消費者に定着したこと等を受け、個室サウナ施設としての事業転換に至りました。
銭湯時代に担ってきた地域住民の憩いの場としての役割は今後も継承したいと考え、サウナ利用客だけでなく誰でも利用可能な飲食店を併設。地域コミュニティに貢献できる施設を目指してまいります。

◆個室サウナ施設『フミノサウナ』
・所在地:北海道札幌市白石区菊水上町3条2丁目52ー143
・営業時間:10:00-24:30 最終受付22:30
・料金:1室120分貸切 1名2,600円~
・設備:全6室(1-3名用4室、1-4名用1室、1-7名用1室) うち2室に水風呂完備
・webサイト:http://www.fumino-sauna.com/
・運営会社:有限会社 富美興業
・プロデュース:株式会社MASSIVE SAPPORO
・設計・施工:株式会社エス 創作工房


◆併設飲食店『SORA KAZE』
・所在地・営業時間:フミノサウナに準ずる
・フード:鉄板を使用した串焼き、グリルチキントースト、ホルモン焼きなど
・ドリンク:サウナーの定番ドリンク・オロポのほか、オリジナルドリンク『フミノチル』など



◆報道関係者向け内覧会
・場所:上記フミノサウナ所在地
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。
・日時:9月22日(木) 9:30-14:00
9:30-10:00 撮影用下見ツアー
10:00-10:30 開業セレモニー(花束ヴィヒタ贈呈、テープカットの代用として擬似ロウリュ)
10:30-14:00 撮影・インタビュー
・撮影可能コンテンツ:各社所要時間20分程度で、所定のサウナ室にてサウナを体験いただけます。申込数によって時間・順番等を変更することがございます。ご了承ください。
・受付:要事前予約。
社名・媒体名(番組名)・参加人数を明記のうえ、報道向けメールアドレスまでご連絡ください。

◆クラウドファンディング
22年9月9日よりクラウドファンディングでの資金調達を実施し、開始から24時間以内に目標金額100%を達成いたしました。※支援募集は9月末まで
https://camp-fire.jp/projects/view/610977

■株式会社MASSIVE SAPPOROについて
設立月:2010年11月
本社所在地:北海道札幌市中央区北5条西17丁目4-8 ノースファインN5 2F
代表者:川村健治
資本金:5,920万円
事業内容:民泊・無人ホテルの企画・運営・関連コンサルティング、不動産売買仲介等の不動産関連事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)