出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

〈Amazon売れ筋ランキング本「闘病記」1位〉白血病YouTuberが伝えたいこととは?…明るく逆境を生き抜くヒューマンドキュメント/新刊『いつか、未来で』9月16日(金)発売

株式会社主婦と生活社

5歳で白血病を発症、7歳で余命宣告。以降、3回の移植に耐え、闘病を続けながら、同じ病気の子どもたちと家族のために、自身の闘病生活や入院に役立つアドバイスなどをユーモアを交えながら発信。小児がん患者当事者の貴重な言葉と、過酷な状況でも、明るい笑顔と家族への思いやりを忘れない姿に応援の声がやまない、白血病ユーチューバーの「にゅーいん」さん。これまでに語ったこと、今語りたい本音を一冊にまとめました。家族との対談やインタビューも収録。主婦と生活社より、9月16日(金)発売。

※予約開始直後の2022年8月20日にはAmazon売れ筋ランキング本「闘病記」1位に。




【著者紹介】
にゅーいん
本名:竹内蔵之介(たけうち・くらのすけ)


1998年、高知県生まれ。5歳でステージ4の白血病と診断される。7歳で余命宣告(5年生存率5%)を受け、当時5歳の妹からの骨髄移植を行う。再発を繰り返しつつ、白血病治療の副作用に苦しみながらも学生生活を送り、一浪して大学に進学。一人暮らしと大学生活を始める。現代で可能な急性リンパ性白血病移植法3種類をすべて行い、トータル入院期間は10年。今も後遺症と闘いながら、自身の経験を発信している。チャンネル登録者数5180人(2022年8月)。

YouTubeチャンネル「にゅーいん」
https://www.youtube.com/channel/UCm1c0cszrcpXY5hHCvTGmUg


★にゅーいん さんにインタビュー★
●出版の感想は?
最初はYouTubeを書籍化ってどうするんだろうって思ったけど、いざ本になってみたら、すごく自分らしい文章で。確かに動画もいいけど文章化するのもいいなあって。声をかけてくれた出版社さんにお礼を言いたいです。

●どんな人に読んでほしい?
動画を見てくれてる人も本がお初の人もいると思いますが、やっぱり動画を配信する理由と同じで、患者当事者というより、支える周りの人たち、親御さんとか友達、きょうだいに届いて、当事者をどう支えるかの参考にしてくれたらいいなと思います。




【書籍情報】
『いつか、未来で 白血病ユーチューバーが伝えたいこと』
著者:にゅーいん
発売日:2022年9月16日(金)
定価:1,705円(本体1,550円+税10%)
https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15747-5/

[Amazon]https://www.amazon.co.jp/dp/4391157470/
[楽天ブックス]https://books.rakuten.co.jp/rb/17233844/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)