その他 医療・医薬・福祉

JR山手線沿線一周30駅を巡るチャリティウオーク「東京ヤマソン」が10月22日(土)に開催。

一般社団法人インターナショナルボランティアグループ
参加費は全額「横浜こどもホスピスプロジェクト」へ寄付されます。

JR山手線沿線、約42kmをチームで歩き、12時間以内にゴールするエキサイティングなチャリティウオークです。各駅を通過してアクティブな写真を撮って帰ってくる。友人と、職場の仲間と、ご家族と、東京再発見をしながら社会貢献をしましょう。



一般社団法人インターナショナルボランティアグループ(東京都千代田区岩本町3-8-8、代表理事 Joseph Pournovin)は「東京ヤマソン」を2022年10月22日(土)に開催し、エントリーを開始しています。
https://tokyo-yamathon.com/ja/yamathon-intro-jp/
東京ヤマソンは「山手線+マラソン」の造語で、JR山手線沿線約42kmをチームで歩き、全駅30駅を巡って1周するチャリティ・ウオーキングチャレンジです。(マラソンを掛けた造語ですが、走る事は推奨せず、徒歩で制限時間12時間以内にゴールする、非常にユニークでエキサイティングなチャリティ・ウオークです。 体力的に自信のない方々のためには、山手線の半周(15駅)を巡るハーフヤマソン(約21km)も用意されています。


参加者は1チームあたり14,000円の参加費を支払いますが、この参加費が全額「認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト」に寄付されます。このように、東京ヤマソンは世界では一般的に行われている「ファンドレイジング」活動を日本で普及し、定着を図る試みでもあります。
東京ヤマソンは10年の歴史を持ち、年々参加者が増加しているイベントで、2019年のイベントでは1,100名の参加者により開催されました。
国際色豊かなイベントで、日本に在住の外国人や家族も含め、参加者の半数が多数の国籍の方々です。
参加者に加えて、イベントを運営するボランティアも募集しています。

イベント概要:
開催日:2022年10月22日(土)
    7:30AM~9:15AM スタート (密集防止のため15分毎に時差ブロックスタートをします)
    9:15PM 最終ゴールリミット
    ハーフヤマソン、目白駅の最終ゴールリミットは5:00PM

チーム :2人~4人/ チームの編成によるチーム参加とする
参加寄付金:14,000円/チーム
      - 1チームの人数は2人から4人まで。
      - 参加費の全額がチャリティパートナーである 「認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト」に寄付さ  れます。
      ※チャリティを目的としたイベントのため申し込み入金後、参加を取りやめても参加費の返金はされません。
      ※フルヤマソンでもハーフヤマソンでも参加寄付金は同額です。

出発地 / 終点: 東京TOKIAビル(東京都千代田区丸の内)
        ハーフヤマソンにおいては目白駅ゴール

イベントへの参加方法:
       1) フルヤマソン(約42km):
       - 東京TOKIAビルをスタートし、山手線全駅(30駅)を巡り、スタート駅に12時間以内にゴールする。
       - 各駅にて躍動的かつ創造的なチーム写真を撮影する。
       - 山手線沿線の時計回り、反時計回りのいずれでも可。

       2) ハーフヤマソン(約21km):
       - 東京TOKIAビルをスタートし、山手線半周(15駅)を巡り、目白駅にゴールする。
       - 目白駅の最終ゴールリミットは5:00PM。
       - 各駅にて躍動的かつ創造的なチーム写真を撮影する。
       ※時計回りと半時計回りでは歩行距離が若干違いますが、タイムレースではなく、チャレンジウオークであ        る趣旨をご理解の上ご参加ください。

計時及びランキング:
      - チームリーダーに提供する計測チップによる計測をします。
      - イベント終了後チームランキングを公表します。
      ※計時及びランキングを公表しますが、あくまでも各チームの記録と記念を主目的としています。スピードを競う競技ではありません。
      コースナビゲーション - 山手線30駅全駅(ハーフは15駅)を通過し、各駅証拠写真を撮影すれば、コース選択は自由です。
      - 時計回り、反時計回りも選択自由です。
      - モデルコースの提示をしますが、必ずしも従う必要はありません。

申込期間 :エントリーは9月30日(金) 23時59分まで。
お問合せ:一般社団法人インターナショナルボランティアグループ
      info@ivgjapan.org
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)