医療・医薬・福祉

AVITAと大阪警察病院、医療機関におけるアバター利用の実証実験を開始

AVITA株式会社
アバター事業を手掛けるAVITA株式会社(東京都渋谷区、代表:石黒浩)と社会医療法人警和会大阪警察病院(大阪府大阪市、院長:澤芳樹)は、2022年9月10日より大阪警察病院にアバターによる院内案内システムを導入し、実証実験を開始しました。


新病院の設立(2025年1月開院予定)に向けて、医療機関におけるDXの可能性を模索することに加えて、職員の感染予防と新たな雇用創出を目的として、アバター活用に関する実証実験を推進していきます。

【病院入り口に設置された実証実験中のアバターによる院内案内システム】
 装置前で質問を言うと音声と画面表示で回答するシステムになっている(2022年9月5日大阪警察病院撮影)

 AVITA社のアバター接客サービス「AVACOM(アバコム)」とアバター(デジタルヒューマン)を活用しています。すでに子供から高齢者まで年齢や性別を問わず、多くの人が興味を持ってアバターに話しかける様子が見られています。案内業務だけでなく、今後は大阪大学石黒浩研究室での20年以上の研究成果を活かして、来院者や患者に寄り添う新しいサービスの提供を目指して参ります。

【大阪警察病院でのアバター活用例(予定)】
 ◯ 通院患者向けの案内・受付業務
 ◯ 入院患者に寄り添った入院生活のサポート
 ◯ アバターを活用したリハビリテーション  など

◆大阪警察病院 院長 澤芳樹のコメント
 2025年1月に開院予定である新病院のコンセプトは、「いのち輝く未来病院」です。新病院では、先進技術や情報通信技術を活用し、病院業務の効率化や患者さんに安全で安心な医療を提供するためにスマートホスピタルを構築します。その一つの取り組みとして、アバターが対応する総合案内や受付などを想定しており、一方では、新病院が開院する年に大阪万博2025も開催され、テーマパビリオンの中でもアバターと共生する世界が描かれる予定です。そこで患者さんや利用者へのサービス向上のために、このような世界観が新病院で実現できればと考え、また病院職員の働き方改革にも繋がることを期待して実証実験に協力をしました。今後、アバターによる案内システムがレガシーとして未来の病院に取り入れられることを期待しています。



◆AVITA株式会社 代表取締役CEO 石黒浩のコメント
 アバターはこれからの働き方を大きく変えていきます。病院においてもアバターを使えば、安全安心に働くことができます。また在宅でも働けます。開いている時間をうまく利用して効率よく働くことができます。一方で、サービス享受者にも大きなメリットがあります。アバターは時に人よりも話やすく、気軽に相談ができます。また、様々な場所で様々な対話サービスを提供することで、より患者の方々に寄り添った対話サービスを提供できます。是非アバターが創る新しい未来を体験していただければと思います。


◆各社会社概要
◯AVITA株式会社
・所在地:東京都渋谷区1丁目12番2号
・代表者:代表取締役 石黒浩
・設立:2021年6月
・事業内容:アバターサービス事業
・コーポレートサイト:https://avita.co.jp
・サービスサイト「AVACOM」:https://avita-avacom.com/


◯社会医療法人 警和会 大阪警察病院
・所在地:大阪府大阪市天王寺区北山町10−31
・院長:澤 芳樹
・設立:昭和12年9月
・WEBサイト:https://www.oph.gr.jp/


【本リリースに関するお問合せ】
 AVITA株式会社 広報担当 contact@avita.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)