美容・健康 医療・医薬・福祉

2022年9月29日(木)開催ビジネスセミナー「メドピア×CCCマーケティングの取り組み生活者起点の医療/ヘルスケアの未来

メドピア株式会社
「Tヘルスケア」から始まるデータでつながる健康社会とは

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、以下:メドピア)の連結子会社であるMediplat(東京都中央区、代表取締役社長:石見 陽、以下Mediplat)は、株式会社新社会システム総合研究所(東京都港区、代表取締役社長:佐久間 健光、以下SSK)が2022年9月29日(木)開催予定の法人向けビジネスセミナー『メドピア×CCCマーケティングの取り組み 生活者起点の医療/ヘルスケアの未来 ~「Tヘルスケア」から始まるデータでつながる健康社会とは』に、ヘルスケア領域で共同事業を展開するCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田代 誠、以下CCCマーケティング)とともに登壇します。




本セミナーは、社会的要請ともいえる生活者に向けた健康増進に関わるサービス展開を検討されている各種企業・団体の方々に向けたセミナーです。ヘルスケア領域において業務提携関係にあるMediplatとCCCマーケティングで事業展開するヘルスケアアプリ「Tヘルスケア」等を通じて得たナレッジをもとに、Mediplatがこれまで蓄積してきたヘルスケアサービスの開発・運用実績を踏まえたCOVID-19前後のヘルスケア市場についての動向を解説いたします。また、7,000万人を超える顧客基盤を持つCCCマーケティングからは、生活者の健康意識を高めるヘルスケアサービスのポイントや有する購買データ、ポイントプログラムの利活用の可能性について、それぞれ事例を交えながらご紹介させていただきます。

■セミナー開催概要
名称

「メドピア×CCCマーケティングの取り組み 生活者起点の医療/ヘルスケアの未来」
~「Tヘルスケア」から始まるデータでつながる健康社会とは~
開催日時
2022年9月29日(木)13:00~15:00
主催
株式会社新社会システム総合研究所
主な対象
大手ICT・ヘルスケア関連企業のミドルマネジメント層の方々
受講料及び申込フォーム
1名につき 33,300円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
申込フォーム:https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=special_22483
プログラム
【13:00~13:50】
メドピアから見るCOVID-19前後のヘルスケア市場動向
株式会社Mediplat ライフログプラットフォーム事業部 事業部長 大隅 隆広


メドピアグループは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」のミッションのもと、医師・薬剤師向けコミュニティサービスを中心とした「集合知プラットフォーム事業」を中心に事業を展開。2018年に開始した生活者向けの予防医療サービスは現在、累計200万人を超える利用者を抱えている。 本講義では、COVID-19前後のヘルスケア業界を概観するとともに、今後ますます進んでいく生活者主体の医療/ヘルスケアに対するサービス運営について考えていく。
1.メドピアグループの医療/ヘルスケア領域の取り組み
2.COVID-19後のヘルスケア業界
3.生活者向け予防医療サービスの展開と展望
4.質疑応答

【13:55~15:00】
生活者の健康意識を高めるヘルスケアサービスとデータ活用の可能性
CCCマーケティング株式会社 ヘルスケアDivision ゼネラルマネージャー 篠崎 友一
CCCマーケティング株式会社 ヘルスケアDivision ヘルスケアUnit 主任研究員 塩田 藍


CCCマーケティングは、Tポイントをご利用いただく約7,000万人の生活者の多種多様なライフスタイルデータをもとに、企業や生活者の抱える課題を解決しながら、様々なニーズに沿った提案を行うマーケティング・ソリューション事業を展開している。2018年より生活者の皆さまからお預かりしたデータ価値還元の一環としてヘルスケア領域の取り組みを開始した。 本講義では、メドピアグループとの共同事業であるヘルスケアアプリ「Tヘルスケア」を始めとした生活者の健康増進をサポートするサービス・事業を紹介するとともに、衣食住等の日常生活に密接に関わるデータを活用した研究「健康行動とCOVID-19流行前・流行初期における購買特徴および変化」などデータでつながる健康社会について着目し、人々の健康的な行動への変容を高め健康社会を実現するために有効なデータ利活用の可能性を考えていく。
1.CCCマーケティンググループのヘルスケア領域の取り組み
2.Tヘルスケア事業の展開と展望
3.健康社会につながるデータ利活用の可能性
4.今後の展望
5.質疑応答

受講方法
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。
■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

【登壇者プロフィール】
●株式会社Mediplat ライフログプラットフォーム事業部 事業部長 大隅 隆広


慶應義塾大学商学部卒業後、大手広告代理店に入社。アカウントセールスとして大手ナショナルクライアントのブランディングおよびキャンペーン等業務に従事。2013年に株式会社エス・エム・エスに入社し、医療・介護事業者に対する人材採用支援事業、医療者向けのメディアサービス事業等の事業責任者を務める。2019年にメドピア入社後は一貫して、生活者向けの予防医療サービスの事業開発に従事。メドピアが持つ医師・管理栄養士等の医療者の集合知と、アプリ・ウェブ等の企画・開発力を活用した新たな事業創造に取り組んでいる。



●CCCマーケティング株式会社 ヘルスケアDivision ゼネラルマネージャー 篠崎 友一

明治大学法学部法律学科卒業後、2002年カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)入社。FCビジネスにスーパーバイザー・支店長として携わった後、2012年に台湾事業の立ち上げに参画。帰国後は新たな生活提案領域へのチャレンジとして二子玉川 蔦屋家電の立ち上げを行う。2020年よりCCCマーケティング株式会社に異動、現職。CCCマーケティングが持つデータを活用した新たな事業創造をミッションとしており、T会員向けヘルスケアアプリ「Tヘルスケア」の企画・開発や、データを活用した未病予防の取り組みなど、T会員のみなさまの健康づくりと正しい生活習慣の実践をサポートする事業開発に従事。



●CCCマーケティング株式会社 ヘルスケアDivision ヘルスケアUnit 主任研究員 塩田 藍

横浜市立大学医学部看護学科卒業後、自治体保健師として地域に住まう精神障害者の支援担当を経て、精神障害者の地域生活をテーマとした研究に取り組み、横浜市立大学大学院医学系研究科看護学専攻修士課程修了、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科博士課程修了。2019年CCCマーケティング株式会社に入社。CCCマーケティングが持つデータを、ヘルスケアの観点から研究に用い、エビデンスに基づくサービス構築の基礎部分や、ヘルスケアアプリの開発を担当する。各人にとって最適となるような健康行動をサポートする事業開発に従事。




【メドピア株式会社の概要】
会社名: メドピア株式会社
所在地: 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
設立: 2004年12月
代表者: 代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL: https://medpeer.co.jp

【株式会社Mediplatの概要】
会社名:株式会社Mediplat(メドピア株式会社子会社)
所在地:東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容:クラウド型健康管理サービス「first call」の運営、ライフログプラットフォーム事業
URL:https://service.firstcall.md/service/about

【CCCマーケティング株式会社の概要】
会社名: CCCマーケティング株式会社
所在地: 東京都渋谷区南平台町16-17
設立: 2020年4月
代表者: 代表取締役社長 田代 誠
事業内容: マーケティング・ソリューション事業
URL: https://mk.ccc.co.jp/

【株式会社新社会システム総合研究所の概要】
会社名: 株式会社新社会システム総合研究所
所在地: 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4階
設 立: 1996年12月
代表者: 代表取締役社長 佐久間 健光
事業内容: 法人向けビジネスセミナー事業
URL: https://www.ssk21.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)