医療・医薬・福祉 交通・運輸・輸送

「ヒューマンアシスト事業」を本格始動

株式会社椿本チエイン
ロボティクス活用により、医療・介護、農林業市場へ事業拡大


1.はじめに
 株式会社椿本チエイン(社長:木村 隆利、本社:大阪市北区)は、テクノロジーの力で人を扶助する「ヒューマンアシスト事業」を本格始動します。

2.背景
  当社では、2021年からスタートした「中期経営計画2025」において、1.「人にやさしい社会の実現」、2.「安全・安心な生活基盤の構築」、3.「地球にやさしい社会の創造」の3つの社会課題の解決につながる「次世代ビジネスの創出」に向け活動を展開中です。そのうち、1.「人にやさしい社会の実現」では、「ヒューマンアシスト事業」を新ビジネスの1つに掲げており、ロボティクス(ロボット工学)を活用した医療・介護、ヘルスケア、農林業分野などへの事業拡大を図ることを目指しています。
 その1つとして、ロボティクスを生かしたプロダクトやサービスを手がける株式会社SHIN-JIGEN(代表取締役兼CEO:藤本 弘道、本社:奈良市、以下、SHIN-JIGEN)と共同で新しい事業開発に取り組むことになりました。当社の機械部品から搬送システムまで幅広く事業展開する強みと、アシストスーツの開発・普及に20年にわたって取り組み、数々のロボット事業を手がけた実績を持つ藤本弘道氏が率いるSHIN-JIGENの豊富な知見を掛け合わせることにより、新しい価値を創造していきます。
*当社の長期ビジョン2030および中期経営計画2025
https://www.tsubakimoto.jp/ir/library/mid-term-plan/

「株式会社SHIN-JIGEN」について

所 在 地:奈良県奈良市
代 表 者:代表取締役:藤本 弘道氏       
設  立:2022年5月2日
事業内容:
ロボティクスに基づく人間拡張・人間扶助のテクノロジーを駆使して、日々の暮らしやビジネスシー ン、福祉生活に未来目線のプロダクトやサービスを提供し、ウエルビーイングをもたらすロボティクスファーム。新事業創出(ゼロイチ事業)を得意とする。
Webサイト https://shin-jigen.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)