医療・医薬・福祉 食品・飲料

飲みたいを叶える!炭酸飲料に特化したとろみ調整食品「つるりんこシュワシュワ」9月20日(火)新発売

森永乳業株式会社
森永乳業グループ病態栄養部門の株式会社クリニコ(本社:東京都目黒区、社長:中林將宏)は、 9月20日(火)より、とろみ調整食品「つるりんこ」シリーズより、飲み込みにくいと感じる方がおいしく、 楽しく炭酸飲料を摂取するためのとろみ調整食品「つるりんこシュワシュワ」を新発売します。





リリースPDF版はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d21580-20220915-9a5b9123427509ba6ebb055376e62c9f.pdf

国立長寿医療研究センター老年内科の前田圭介氏(医師)が実施した、高齢者の嗜好調査アンケートによると(※1)、56.6%の方が過去1か月間に炭酸飲料を飲んでいると回答し、仮に炭酸飲料を飲むことを禁じられた場合「受け入れられない」と回答された方は60.5%にもおよびました。また、炭酸飲料の中でもコーラが最も好きな味として選ばれるなど、若者に好まれる印象が強い炭酸飲料ですが、高齢者の嗜好にもマッチしていることが確認できました。ただし、嚥下機能の低下により飲み込みにくくなると、好きな炭酸飲料を諦めるしかなかったという声も当社に寄せられていました。多くの方の飲みたいという想いに応えるため、今回の製品発売に至りました。


※1:前田圭介. 老年症候群と食および排泄の問題に関する研究(長寿医療研究開発費20-57)2021年
   対象:全国1,100名(男女比1:1)、インターネット調査、平均年齢74.3±5.4歳

クリニコでは、嚥下機能の低下により、飲み込みにくいと感じる方が安心して水分や栄養を摂取できるように、2003年よりとろみ調整食品「つるりんこ」シリーズを販売しております。一方、従来のとろみ調整食品を使い炭酸飲料にとろみをつけようとすると、スプーン等でかき混ぜる過程で炭酸が抜けるといった課題がありました。
このたび新発売する「つるりんこシュワシュワ」は、コーラ等の炭酸飲料のとろみ付けに特化して開発したとろみ調整食品です。従来品では難しかった、炭酸飲料本来の風味やシュワシュワ感を残すことにこだわった商品です。「いくつになっても、飲みたいものを、飲みたいときに」そんな願いが込められております。

1.商品特長
「つるりんこ」シリーズ
飲みものなどに加えてかき混ぜるだけで、簡単にとろみをつけられる、とろみ調整食品です。

「つるりんこシュワシュワ」
1.とろみをつけたいペットボトル入りの炭酸飲料に「つるりんこシュワシュワ」を加えて、振るだけで、炭酸感を残したままとろみをつけられます。
2.つるりと飲み込みやすく、べたつくことはありません。
3.唾液に含まれる分解酵素(アミラーゼ)の影響により、とろみの程度が変わることはありません。
4.炭酸飲料本来の味わいや色を損ないません。
5.スティック1本(2.5g)を350ml(※2)の炭酸飲料に加え、30秒程度振って、冷蔵庫で3時間程度冷却
し、お召し上がりください。
※2 炭酸飲料の量を調整いただくことで、とろみの程度を調整いただけます。


◇作り方動画はこちら⇒https://www.youtube.com/watch?v=CGbjwzJOOoY


<開発秘話>
嚥下機能の低下により、飲み込みにくいと感じる方が、諦めることなく“本来の炭酸飲料のおいしさを楽しんでほしい”という想いから、昨年9月に従来のとろみ調整食品を用いたペットボトル入り炭酸飲料へのとろみ付け方法の動画を配信(https://www.youtube.com/watch?v=ngUYw-29JVk)したところ、多くの反響をいただきました。しかし、同方法ではとろみ調整食品を加えて振る際にいくつかのコツが必要であり、さらに、開栓時の炭酸飲料の吹き出しを抑えるために半日程度冷蔵庫で落ち着かせる時間が必要でした。新発売する「つるりんこシュワシュワ」は、振る工程をよりシンプルにし、冷蔵庫で3時間程度冷却することでお召し上がりいただくことが可能になりました。


◇2022年9月23日(金)~24日(土)に行われる【第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(https://site2.convention.co.jp/jsdr28/)】において、炭酸飲料へのとろみのつけ方の実演や、炭酸飲料に関連したセミナーの実施を予定しております。


2.商品概要
1.商品名 つるりんこシュワシュワ
2.種類別 とろみ調整食品
3.包装形態 アルミスティック
4.内容量 (2.5g×30本)×12袋/ケース
5.保存方法 常温
6.賞味期限 製造日より18ヶ月
7.主要ターゲット 飲み込みにくいと感じる方で
          おいしく、楽しく炭酸飲料を摂取したいと思う方
8.発売日・地区  9月20日(火)・全国※3
  ※3:医療・介護施設に限り、先行発売を行います。一般の方へ向けた発売時期・価格は、未定です。
9.ケースJANコード 4902720152952


3.参考
とろみ調整食品とは、「飲み込みにくいと感じる方が安心して水分や栄養を摂取するために、飲料や料理にとろみをつけるための食品」です。とろみ調整食品の市場規模は2021年時点に145億円で、2019年からは109.3%伸長しており、今後も成長が期待されている市場です(※4)。同市場内の売上NO.1の商品は、弊社「つるりんこQuickly」です(※4)。
※4:【シード・プランニング社】2022年版 高齢者/病者用食品市場総合分析調査より

◇つるりんこシリーズ◇ すでに発売中のつるりんこシリーズに、新たに「つるりんこシュワシュワ」が加わります。


<株式会社クリニコについて>
森永乳業グループの株式会社クリニコは、1978年に設立以降、通常の食事だけでは体に必要な栄養を満たすことができない方のための食品を開発・販売しています。入院されている方、老人ホームや介護施設に入居されている方、ご自宅にお住まいになっている方、どなたもご使用いただけるよう、医療・介護施設向けの販売や、通信販売など幅広く展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)