医療・医薬・福祉 流通

トモズ東高円寺店 目の健康 体験チェック会開催のお知らせ

株式会社トモズ
株式会社トモズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:徳廣英之)は、株式会社QDレーザ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:菅原 充)がレーザ網膜投影技術を使って開発した目の健康チェック機器である「MEOCHECK(メオチェック)」をドラッグストアとして初めて利用した、目の健康チェックイベントを、2022年9月18日(日)に、トモズ東高円寺店にて開催します。



同イベントは、眼疾患の早期発見を啓発するイベントです。会場では、視力測定、見えづらさチェック、緑内障の視野の疑似体験ができるほか、管理栄養士による、目の健康を考えた食生活やレシピなどの提案も受けられます。

<開催概要>
■開催日時: 9月18日(日)11:00~16:00
■主催:株式会社トモズ
■共催:株式会社QDレーザ、東北大学未来社会健康デザイン拠点
■開催場所:トモズ東高円寺店(東京都杉並区高円寺南1-7-4、https://shop.tomods.jp/99


簡易型目の健康チェック装置「MEOCHECK」とは?



レーザ網膜投影技術を応用した装置MEOCHECKは、従来の視野検査装置と比べて、小型で安価なだけでなく、使い方も簡単で専門家の立ち合い・操作を必要としない、株式会社QDレーザが開発した見えづらさの健康チェック機器です。

体重計や体温計のように家庭や事業所で、日常的に目の健康をチェックできます。チェックの頻度を上げることで、見え方やその変化を手軽に把握することができます。

測定にかかる時間は、所要時間1分程度で、視感度の低下を見出すことで、目の健康と向き合う「気づき」が得られることが検証されています。


東北大学「未来社会健康デザイン拠点」とは?



未来社会健康デザイン拠点は、健康に関する社会課題を解決するために大学と企業が連携して取り組んだ「COI東北拠点」の基盤を発展させる、東北大学の新たなプラットフォームです。健康を支える生活習慣を提案し、未来の幸福な恒常性維持型健康社会の実現を目指しています。

未来社会健康デザイン拠点では、グットデザイン賞を受賞した「日常人間ドック はかる-わかる-おくる」の概念を更に進化させ、目の健康をどこでも把握できるようにするための、研究活動や社会実装を目標としています。

https://www.youtube.com/ 
「COI東北拠点 未来社会健康デザイン拠点の立ち上げ2021」
東北大学イノベーション戦略推進センターより

【About トモズ】
首都圏を中心に展開する調剤併設を基本としたドラッグストアです。
お客様の健康で豊かな生活に役立つ『かかりつけ薬局』を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)