美容・健康

昭和大学医学部客員教授 二木芳人氏推薦「LUXULY PROBIOTICS+」

株式会社we labo
伊勢丹新宿店にて先行販売開始!

ー 毎日のカラダを、整える ー 生きて腸まで届く乳酸菌※を配合した、お腹の環境について細部まで拘ったサプリメント(※有胞子乳酸菌)





生菌を腸まで届けるカプセル




配合成分と各菌の働きについて

【植物発酵エキス末】


59種類の植物性原料を、3年かけて熟成発行させたエキス末。植物は多様なアブラナ科の野菜を使い、旬の収穫・露地栽培で化学肥料、農薬を使わず有機栽培に拘りました。


【納豆菌】



枯草菌(こそうきん)という細菌の一種で、納豆を作るのに欠かせないもの。納豆菌は身近な田んぼや畑、枯れ草に存在し、煮大豆納豆菌を加えると、発行の過程でたんぱく質を分解しておいしさの成分アミノ酸を生成し、納豆ができます。腸内では糖を作ります。


【ビフィズス菌B-3】


主に人間や動物の腸内に存在する乳酸菌の仲間で、善玉菌の代表格です。特に乳児の腸内に多く存在しています。悪玉菌の増殖を抑える乳酸、酪酸を作ります。


【有胞子乳酸菌】


普通の乳酸菌と異なり、殻につつまれた「胞子」という状態になるのが特徴です。殻で守られているため、酸や熱に強いです。また、腸内では悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートします。熱に強いため、温かい飲物に溶かしても死ぬことがありません。ただし、もともと私たちの体にいる菌ではないので、摂取をやめると約1週間で体の外に排泄されてしまいます。悪玉菌の増殖を抑える乳酸を作ります。





【酪酸菌】


酪酸菌は腸に届いた食物繊維を発酵・分解して「酪酸」を作る細菌の総称です。酪酸は、短鎖脂肪酸(脂質を構成する脂肪酸の一部)の一種で、短鎖脂肪酸の代表的なものに酪酸のほか、酢酸やプロピオン酸があります。酪酸を作り出せるのは酪酸菌だけで、乳酸菌やビフィズス菌には作ることができません。


59種類の植物発酵エキス、納豆菌、酢酸、酪酸などの生菌が力を合わせ、きれいな腸内フローラ環境を作ります。


《二木芳人氏推薦の言葉》
「良好な腸内環境を維持する事は、健康な生活の基本です」

略歴
昭和大学 医学部 内科学講座 臨床感染症学部門 客員教授
1976年川崎医科大学卒業。同大学呼吸器内科を経て、1988年から米国ニューヨーク・Memorial Sloan-Kettering Cancer Centerに留学。1990年に帰国後は、川崎医科大学、倉敷第一病院呼吸器センターを経て、2006年より昭和大学医学部 臨床感染症学講座 教授。2017年より同特任教授、2020年より現職。日本化学療法学会、日本感染症学会、日本呼吸器学会等、多数の学会に所属。


容量
329mg×90粒(1包3粒入)
1日3粒を目安にお召し上がりください。

植物発酵エキス末:312mg
ビフィルス菌B-3:50億個
有胞子性乳酸菌:1億個
納豆菌:1億個
酪酸菌:1000万個
MADE IN JAPAN

通常販売価格
18,360円(税込)

販売店舗情報
伊勢丹 新宿店 B2F
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 
TEL:03-3352-1111
伊勢丹 新宿店 丹青会9月16日より先行発売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)