医療・医薬・福祉

DG Daiwa Venturesの投資先であるIntellectとHomage、「Forbes Asia 100 To Watch」に選出

株式会社DG Daiwa Ventures
株式会社DG Daiwa Ventures(本社:東京都千代田区、代表取締役 大熊将人、荻野明彦、以下:DG Daiwa Ventures) が運営するファンドの投資先であるIntellect Company Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Theodoric Chew、以下Intellect)とHomage Co Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Gillian Tee、以下Homage)の2社が、第2回Forbes Asia 100 To Watchに選出されましたのでお知らせいたします。


IntellectとHomageは2022年8月に発表された、第2回Forbes Asia 100 to Watch(※)に選出されました。

Intellectは、シンガポールを拠点として主に東南アジア諸国にてB2C・B2B2Eのメンタルヘルスアプリを展開しております。
本年7月には、Tiger Globalをリードとする大型資金調達を発表しました。
(会社URL:https://intellect.co

Homageは、同じくシンガポールを拠点として介護士や看護師、セラピスト、医師等の介護人材のマッチングプラットフォームを運営しており、足許マレーシア、オーストラリアにも展開しております。
(会社URL:https://www.homage.sg

DG Daiwa Venturesは、彼らが有する斬新な発想力と、現実社会の課題に取り組む革新的な製品・サービスが評価されたことを大変嬉しく思います。
今後も国内外のヘルスケアをより良いものとしていくために、彼らをサポートしてまいります。

本件の詳細については、以下記事をご参照ください。
https://www.forbes.com/sites/forbesasiateam/2022/08/29/forbes-asia-100-to-watch-2022/?sh=5c9ff94adf33


■DG Daiwa Venturesについて
社名:株式会社DG Daiwa Ventures
住所:東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
設立:2016年7月1日
代表:代表取締役 大熊将人、荻野明彦
概要:次世代技術を有するスタートアップ企業への投資及び事業育成支援を目的に、デジタルガレージと大和証券グループが合弁で設立したベンチャーキャピタルです。これまで2つのファンドで累計約200億円を運用し、デジタルガレージが持つ投資ネットワーク・インキュベーション能力と、大和証券グループが持つファンド運営ノウハウを掛け合わせることで、投資先の事業成長を加速いたします。
URL:https://dg-daiwa-v.com/


(※)本社所在がアジア太平洋地域、直近年商5,000万ドル以下、2022年8月1日までの資金調達総額1億ドル以下を満たす非上場の営利企業を審査対象とする。審査は、地域や業界への貢献度、収益の伸長、資金調達能力、ビジネスモデルや市場の成長性、ストーリーの説得力等の指標をもとに実施される。また、情報の更新に伴い、掲載内容は修正変更や削除される可能性がある。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)