美容・健康 食品・飲料

JR東日本の駅を中心に展開するジューススタンド「ハニーズバー」と「からだにユーグレナ」がコラボした新ドリンク『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』を10月3日(月)より期間限定で発売!

株式会社ユーグレナ
出勤時やお出かけの時に、栄養たっぷりのユーグレナ入りドリンクを!

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充、以下「ユーグレナ社」)の主要食品ブランド「からだにユーグレナ」と、株式会社JR東日本クロスステーションフーズカンパニー(所在地:東京都台東区、カンパニー長:日野正夫)以下「JR東日本クロスステーション社」)が運営するハニーズバーは、オリジナルコラボドリンクメニュー『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』を首都圏のJR東日本の駅構内を中心に展開するジューススタンド「ハニーズバー」にて2022年10月3日(月)より期間限定で発売します。


 ユーグレナ社とJR東日本クロスステーション社は、外出時に美味しく手軽にミネラルやビタミンなどの栄養を補給できるオリジナルコラボドリンクとして、59種類の豊富な栄養素を含む石垣島ユーグレナに、4種のフルーツと黒糖の甘味を加え、小さなお子様から大人までご好評いただいている「からだにユーグレナ やさしいフルーツオレパウダー」を使用した新ドリンクメニュー『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』を共同開発し、駅のジューススタンド「ハニーズバー」にて発売いたします。尚、ご購入いただいた方には、「からだにユーグレナ やさしいフルーツオレパウダー」のサンプルをプレゼントいたします。
 新ドリンクは、「からだにユーグレナ やさしいフルーツオレパウダー」に、キウイ、アボカド、マンゴー、ケールなどを合わせ、野菜のさわやかさと果物の甘さが楽しめるスッキリとした味わいのドリンクに仕上げました。
 『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』は、ジューススタンド「ハニーズバー」全19店舗にて10月3日(月)より約1か月間、S~Lまでの3つのサイズ展開で販売いたします。
詳細は以下の通りです。

■『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』について
商品名:『石垣島ユーグレナ×キウイヨーグルト』
販売場所:「ハニーズバー」全19店舗
販売期間:2022年10月3日(月)~10月末予定
販売価格(税込):S/290円(185ml)R/380円(255ml)L/450円(325ml)



■ハニーズバーについて
2007年より、首都圏のJR東日本の駅を中心に展開するジューススタンド。「駅のエネルギーチャージスポット」をキーワードに、新鮮な季節の果物やミルク・ヨーグルトにはちみつを合わせたフレッシュジュースを常時5~8種類そろえています。現在は19店舗を運営中。
【販売店舗】※臨時休業・営業時間を変更している場合がございます。
恵比寿東口店・町田店・大宮店・池袋山手外回りホーム店・藤沢店・田端店・大塚店・国分寺店・新秋津店・東京店・新宿店・巣鴨店・赤羽埼京線ホーム店・大宮駅第4ホーム店・吉祥寺中央店・新橋店・大崎店・大井町店・信濃町店
https://foods.jr-cross.co.jp/honeysbar/



『からだにユーグレナ』とは

今日の健康と、10年後のカラダのことも考えたブランドです。コンセプトは、“細胞から元気なカラダへ”。
人間は、37兆個もの細胞の集合体で、日々1兆個もの細胞が生まれ変わっていると言われています。手軽に石垣島ユーグレナの豊富な栄養素を体内に届け、すこやかな毎日をつくり、はたらきかけ、そしてカラダをまもります。この“つくる・はたらく・まもる”の「からだにユーグレナサイクル」で、日常から健康管理を心がけるあらゆる人々の健康を、手軽に取り入れやすい食品・飲料などの領域かからサポートしていきます。また、当社の創業のきっかけであるバングラデシュの子どもたちの栄養改善のために、売上の一部で栄養豊富なユーグレナ入りクッキーを届ける活動も行っており、商品をお使いいただくお客様の健康のみならず、世界中の子どもたちの健康と未来を応援しています。


『からだにユーグレナ』シリーズ共通の4つのこだわり
●未来の健康のために、つづけたくなる味と手軽さ
59種類の豊富な栄養素を持つ石垣島ユーグレナを、ギュッとそのまま凝縮。飲みやすさにもこだわっています。
●カラダのことを考えたこだわり設計
ラインナップ全て、食育経験豊富な管理栄養士監修のもと石垣島ユーグレナ10億個以上/1日・本に設計しました。
●こだわりの自然原材料
ユーグレナは、豊かな太陽とミネラル豊富な水に恵まれた石垣島で屋外培養しており、農薬不使用です。そのほかの原料も「家族や大切なひとに飲ませたい」という思いに応える自然・安心・安全な材料を使用しています。
●ヒトにも地球にもサステナブル(持続可能性)
容器には再生可能な紙や、環境に配慮したバイオマスインキ、バイオマスプラスチックを可能な限り採用しています。また、商品の売上の一部はバングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナ入りクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の運営に充てられます。

『からだにユーグレナ』ブランドサイト 
https://www.euglena.jp/karadani/
公式通販サイト「ユーグレナ・オンライン」 
https://online.euglena.jp

■石垣島ユーグレナについて
石垣島ユーグレナ粉末
石垣島ユーグレナ粉末ユーグレナは藻の仲間です。豊かな石垣島の自然で育った石垣島ユーグレナは、人間が必要とする豊富な栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、特有成分パラミロン※1など)を持ち、細胞壁をもたないため、栄養の消化吸収率も高い特長があるスーパーフードです。また、環境的要素に配慮した責任ある方法で育てられていることが認められ、SDGsの目標14の達成に有効な方法の一つである「ASC-MSC 海藻(藻類)認証」を2019年1月に世界で初めて取得しています。
※1 ユーグレナ特有の成分であり、グルコース分子がβ-1,3-結合により直鎖状に重合した多糖体


<株式会社ユーグレナについて>

2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。
https://euglena.jp


<株式会社JR東日本クロスステーションフーズカンパニーについて>
2021年4月1日にJR東日本グループの4社が統合し、リテールカンパニー、フーズカンパニー、ウォータービジネスカンパニー、デベロップメントカンパニーで構成された「株式会社JR東日本クロスステーション」(略称:JR-Cross)として新たにスタート。「ハニーズバー」の他「いろり庵きらくそば」、「ベックスコーヒーショップ」や、ラーメン・カレーなどのファーストフード店舗から、和食・洋食などの専門店舗、社員食堂など、さまざまな特色のある飲食店を運営しています。 日本が世界に誇れる食文化「駅弁」や日常食として馴染み深い「おむすび」など、日本の生活に寄り添う食もさまざまな業態で展開。 また、製販一体の中核を担う食品製造は4つの製造工場で構成されています。
※2022年9月より3つの製造工場へと体制が変わります。
https://www.jr-cross.co.jp/corp/business/foods.html


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)