美容・健康 流通

【腸はメンタル面にも関係している!?】腸活で得られるのはダイエット効果だけじゃない!“腸活”に関する調査を実施

チョイスジャパン株式会社
医師(心療内科・胃腸科)の9割以上が、腸の働きはメンタルにも影響すると回答!

チョイスジャパン株式会社(本社所在地:山口県下関市、代表取締役:岡本昭宏)は、腸活経験者と医師(心療内科・胃腸科)を対象に、「効果的な腸活法とその影響」に関する調査を実施しました。


近年、「腸活」という言葉を聞く機会が多くなりました。
「腸活」とは、腸内環境を整えて腸の働きを正常にし、生活習慣の改善を図ることです。
腸は、全身の健康に関与している大切な臓器です。

近年、身体の美容や健康における重要性や、その秘められた可能性が大きく注目を集めています。
しかし、「腸活」と一口に言っても、具体的には何をするべきなのでしょうか。

適切な効果やそれを得るための方法について、しっかり知っておきたいですよね。

そこで今回、『美腸活青汁』(https://bichokatsu.com/aojiru01/)を販売するチョイスジャパン株式会社は、腸活経験者と医師(心療内科・胃腸科)を対象に「効果的な腸活法とその影響」に関する調査を実施しました。


腸活を始めたきっかけとは?最も期待される効果はダイエット

まずは腸活を始めたきっかけについて伺っていきたいと思います。

・生活習慣を整えるため(20代/女性/大阪府)
・便秘がちになったから(30代/女性/兵庫県)
・肌荒れ(30代/女性/東京都)
・体重の変動が大きいのがショックなため(30代/女性/福井県)
・世間で流行っているから(30代/男性/福岡県)

などの回答が得られました。

便秘や肌荒れ、体重の変化など、自分の身に起きた様々な症状がきっかけとなり腸活を始めた方がいるようです。
また、世間で流行っているからといった興味から始めた方もいることが分かりました。

では、腸活を始めた方の最終的な目的とは一体何なのでしょうか?


そこで、「腸活を始めた目的を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『ダイエット(46.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『便秘の改善(45.2%)』と続きました。

ダイエットのためと回答している方が多いことから、ダイエットと腸には大きなかかわりがあると考えている方が多いようです。

また、便秘の改善という意見も多くあり、腸の環境を整えることでお通じを良くしたいと思って始めた方もいることが窺えます。


腸活って具体的に何をするの?食生活の改善に取り組む人が最多

先程の調査の結果、ダイエット目的や便秘の改善のために腸活を始めた方が多いことが分かりました。

では、実際に腸活としてどのようなことに取り組んでいるのでしょうか?


そこで、「腸活として取り組んでいることは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『食生活の改善(65.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『腸活に良いといわれる食品を積極的に摂取する(55.6%)』『水分の摂取(44.9%)』と続きました。

食事に関する取り組みを中心とした腸活を行っている方が多いようです。

腸は栄養素を吸収するのが主な役割だからこそ、食事の改善を行った方が多いのかもしれません。


効果はあった?腸活によって感じた身体の変化

食生活を中心とした腸活を行っている方が多いことが分かりました。

では、腸活を行っている方で、腸活を始めてから心身に変化はあったのでしょうか?


「腸活を始めてから、心身に変化はありましたか?」と質問したところ、6割以上の方が『大きな変化があった(8.9%)』『多少変化があった(59.7%)』と回答しました。

6割を超える方が何らかの変化を感じているようです。

具体的にどのような変化が起きたのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■どのような変化が起きましたか?
・肌が綺麗になった(30代/女性/東京都)
・便秘が解消された(30代/女性/愛知県)
・前向きになれた(30代/男性/京都府)
・軟便が少なくなった(40代/男性/大阪府)

などの回答が得られました。

お通じに関する嬉しい変化を感じている方や肌に対する変化を感じている方がいるようで、効果があったと感じているようです。

また、メンタル面で前向きになったという回答もあり、腸活を行ったことで気持ちにも変化があった方もいることが分かりました。


医師が考える腸活とは?腸とメンタルの関係

実際に腸活を始めてから6割以上の方が変化を感じていることが分かりました。

ここからは医師に腸を整えることで期待できる効果について伺っていきたいと思います。


「腸を整えることによって期待できる効果を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『便秘の改善(46.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『ダイエット(43.8%)』『美肌(40.1%)』と続きました。

便秘の改善やダイエットという回答が多くなり、先程の調査で判明した腸活の目的と重なっていることが分かります。

実際に便秘やダイエットに良いと考えている医師が多いようです。

腸活は身体への効果が期待できることが分かりましたが、腸の働きとしてメンタル面にはどの程度影響を与えているのでしょうか?

そこで、「腸の健康や働きは、メンタル面にどの程度影響を与えていると思われますか?」と質問したところ、9割以上の方が『大きな影響を与える(33.7%)』『ある程度の影響を与える(41.3%)』『多少の影響を与えている(21.3%)』と回答しました。

多くの医師が腸がメンタルに影響を与えていると考えているようです。

では、具体的に腸とメンタルにはどのような関係性があるのでしょうか?
詳しく伺ってみました。

■具体的にどういった影響がある?
・ストレスが溜まると便が出ない(20代/男性/大分県)
・腸内活動が弱まると免疫力が下がり、体調面、精神面でバランスが悪くなる(40代/女性/大阪府)
・血流が良くなり体調が整う(40代/男性/東京都)
・消化吸収に影響(40代/男性/北海道)

などの回答が得られました。

腸内環境の悪化により体調やメンタルへの影響を考えている方と、体調やメンタルが悪くなることにより腸内環境へ影響を与えると考えている方がいるようです。

どちらにしても腸内環境と脳は密接に関わっていると感じている方が多いようです。

注目!医師が勧めたい腸活方法


先程の調査で、腸活は便秘の改善やダイエットに効果があるということが分かりました。

では、医師として特におすすめしたい腸活法とは何なのでしょうか?


そこで、「腸活としてオススメしたい方法は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『食生活の改善(56.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『腸活に良いといわれる食品を積極的に摂取する(38.4%)』と続きました。

食事を中心とした腸活をおすすめする医師が多いことが分かります。
具体的におすすめの腸活方々についても伺ってみましょう。

■おすすめの腸活法や積極的に摂るべき食品や成分とは
・水分を多く摂る(20代/女性/東京都)
・納豆、ヨーグルト、発酵食品(20代/女性/大阪府)
・バナナ(30代/女性/東京都)
・腸を冷やさない 朝白湯を飲む(40代/男性/千葉県)
・ウォーキング、ヨガ等の有酸素運動をすることや、食物繊維の豊富な食品を摂取すること(50代/男性/神奈川県)

などの回答が得られました。

納豆やヨーグルト、バナナといった身近な食材を摂取することを勧めている方が多くいるようです。

また、腸を冷やさないことや適度な運動を勧めている方もいるようで、食事以外のアプローチ方法も必要だということが分かりました。

毎日の生活で取り入れやすいものばかりなので、できることから始めてみるのが良いかもしれません。



美腸活アドバイザー須本愛子先生より




脳腸相関、免疫力、腸内細菌など近年とても注目されている腸。
腸は、栄養吸収や老廃物の排せつをしているだけでなく、免疫細胞が7割集中していたり、セロトニンの生成、分泌をしていたりと体全体に関わる臓器です。

今回の調査で9割以上の医師が回答されているように、腸内環境とメンタルとの関係も注目されています。

腸活にはいくつかポイントがあります。




腸活で変化を感じなかったという方は、
・ステップを間違えている
・自分の腸タイプに合わない方法を選択している
・便を日々チェックしていない
これらの項目に当てはまる方が多いです。

習慣を変えれば、必ず変化があります。
日々、自分自身の便をチェックし、楽しく美味しく食べながら腸活を習慣化していきましょう。



「美腸活青汁」で手軽に腸活をしてみては?




今回、「効果的な腸活法とその影響」に関する調査を実施したチョイスジャパン株式会社は、活きた酵素の入った『美腸活青汁』(https://bichokatsu.com/aojiru01/)の販売を行っています。

「おなかの調子が悪い」
「イライラしやすい」
「落ち込みやすい」
「風邪をひきやすい」

このようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。
腸をきれいに元気にする腸活を始めてみてはいかがでしょうか?

■美腸活青汁とは?
第二の脳と呼ばれる腸。
美腸活青汁は、活きた酵素で手軽に腸活ができる商品となっております。

【5つのこだわりPOINT】
POINT01 善玉菌優位な腸内環境を作る

無意識に生活をしていると、腸内環境は悪玉菌優位になりがちです。
乳酸菌と菌のえさとなるオリゴ糖の働きで、善玉菌優位な腸内環境を作ります。

POINT02 活きた酵素
加齢とともに減少する体内酵素。
健康に美しく生きるためには胃腸の負担を減らして、消化酵素の節約と外から補うことが大切です。
酵素は加熱すると失活するため、美腸活青汁は非加熱の酵素を選びました。

POINT03 お腹に優しい水溶性食物繊維を使用
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類をバランスよく摂取することができます。

POINT04 ノンカフェインと飲みやすさの両立
良い便を出すためには水分も大切です。
利尿作用のないノンカフェインにすることで、妊婦さんやカフェインが苦手な方でも安心して飲める青汁を作りました。

POINT05 腸内環境を乱すものが入っていない
農薬不使用・国産素材の使用しています。
さらに、食品添加物も不使用となっております。

■チョイスジャパン株式会社:https://choicejapan.net/
■美腸活青汁:https://bichokatsu.com/aojiru01/
■お問い合わせURL:https://choicejapan.net/contact.html

調査概要:「効果的な腸活法とその影響」に関する調査
【調査期間】2022年7月14日(木)~2022年7月15日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,015人(腸活経験者:606人/医師:409人)
【調査対象】腸活経験者/医師(心療内科・胃腸科)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)