医療・医薬・福祉

折りたたみ可能、軽量アルミフレームの「ケンコー介助式車椅子 KW-02AL」

株式会社ケンコー・トキナー
9月16日発売

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、折りたたみ可能、軽量アルミフレームの「介助式車椅子 KW-02AL」の販売を、2022年9月16日より開始いたします。価格はオープンですが、42,000円程度(非課税)の販売価格を想定しています。


軽量アルミフレームの介助式車椅子
ケンコー介助式車椅子 KW-02AL


■ノーパンクタイヤ
ノーパンクタイヤを採用しているので、タイヤのメンテナンスが不要です。

■ハンドブレーキ付
駐車ブレーキの他に、ハンドグリップにハンドブレーキが付いているので、介助式としても使用できます。

■折りたたみ可能
使用していない時は折りたたんで収納できます。
また、背折れ式なので収納時はさらにコンパクトに折りたためます。


仕様

商品サイズ(W×D×H):62×99×88cm
座面サイズ(W×D):46×40cm
シートの高さ:49cm
重量:10kg
耐荷重:100kg
折りたたみ時サイズ(W×D×H):28×76×71cm
パイプ材質:アルミニウム

発売元
株式会社ケンコー・トキナー
https://www.kenko-tokina.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)