医療・医薬・福祉 外食・中食

〔神奈川〕10月から高齢者専用宅配の実証実験 体調や困りごとをきめ細かくサポート

パルシステム連合会
福祉事業との連携で高齢者の生活に寄り添います

生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜、理事長:藤田順子)は10月3日(月)から、相模原市内において高齢者専用の配達コース運用を試験的に開始します。商品受け渡しの際にコミュニケーションの時間を確保し、体調の変化や困りごとを聞き取ります。福祉事業とも連携し、利用者の暮らしに寄り添います。


福祉事業との連携で専門的な相談にも対応
高齢者専用の配達コースは、相模原市南区の一部地域でパルシステムを利用するおよそ90世帯を対象とします。週1回、決まった曜日・時間にほぼ同じ職員が商品を届ける宅配のしくみを生かし、宅配時の対面の時間を通常より長く確保して、体調の変化や困りごとがないかを聞き取り、コミュニケーションを図ります。利用者の体調不良などの異変があった場合は、神奈川県と締結する「地域見守り活動に関する協定」に基づき、自治体や警察、消防に通報します。
配達担当者は介護保険サービスの基礎知識や認知症サポーター養成講座(オレンジリング取得)、シニア世代の食事バランス講座などを受講し、利用者の相談に対応します。試験運用は同組合の福祉事業所「ぬくもり相模大野駅前」のサービスエリアのため、相談内容に応じて福祉サービスにつなげることも可能です。

宅配ならではの「見守り安心サービス」をバージョンアップ
パルシステムの宅配は、配達時のちょっとした異変にも気がつきやすい業態です。この特性を利用し、登録した親族などに毎週の配達の際の安否確認をメールで知らせる「見守り安心サービス」を2016年から無料で提供しています。
高齢者専用宅配の実証実験は「見守り安心サービス」をバージョンアップさせ、利用者宅での異変を未然に防げるようサポートすることを目指します。

70歳以上の利用者は5年間で170%増
同組合の個人宅配を利用する70歳以上の高齢者は、約1万6千人です。5年前の約9千人と比較すると170%を超える増加率で、地域の高齢化に加えコロナ禍による宅配需要が高まっています。高齢化社会での買い物などの生活を支える重要なインフラの役割をパルシステムが果たすため、今後も研究と実践を継続していきます。

■実証実験概要
対象地域:相模原市の相武台団地、上鶴間、東林間、南台
対象年齢:70歳以上

■「見守り安心サービス」概要
https://www.pal-system.co.jp/service/mimamori/
商品受け渡し時のコミュニケーションで困りごとをヒヤリング

■組織概要
生活協同組合パルシステム神奈川
所在地:横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル、理事長:藤田順子
出資金:111.9億円、組合員数:347千人、総事業高:563.1億円(2022年3月末現在)
HP:https://www.palsystem-kanagawa.coop

パルシステム生活協同組合連合会
所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信 政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,569.1億円/組合員総数168.3万人(2022年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal.or.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)