美容・健康

【Z世代の美容医療に対する意識調査】8割以上が美容医療に対してポジティブな印象をもち、関心ありとの声 約半数が「自分を好きになる一つの手段」として考える傾向

株式会社メディアド
~美容医療に関する情報収集は圧倒的に「SNS」が主流~

 株式会社メディアド(本社:東京都港区、代表取締役:中西健介)運営する名医のチョイス(https://mchoice.jp/)は、Z世代の女性(23~26歳)108名に対し、Z世代の美容意識に関する実態調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。



調査サマリー






調査概要

調査概要:Z世代の美容意識に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー(R)︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年9月2日~同年9月5日
有効回答:Z世代の女性(23~26歳)108名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として「名医のチョイス」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://mchoice.jp/


Z世代女性の90.7%が美容に関心あり

 「Q1.あなたの美容に対する関心度を教えてください。」(n=108)と質問したところ、「とても関心がある」が39.8%、「やや関心がある」が50.9%という回答となりました。

Q1.あなたの美容に対する関心度を教えてください。
・とても関心がある:39.8%
・やや関心がある:50.9%

・あまり関心がない:5.6%
・全く関心がない:3.7%
・わからない/答えられない:0.0%


普段から美容のために、77.6%が「スキンケア」に注力

 Q1で「とても関心がある」「やや関心がある」と回答した方に、「Q2.美容のために普段から意識していることがあれば教えてください。(複数回答)」(n=98)と質問したところ、「スキンケア」が77.6%、「紫外線対策」が52.0%、「規則正しい生活」が51.0%という回答となりました。

Q2.美容のために普段から意識していることがあれば教えてください。(複数回答)
・スキンケア:77.6%
・紫外線対策:52.0%
・規則正しい生活:51.0%

・栄養バランスを考えた食事:40.8%
・自分に合うメイクの研究:33.7%
・適度な運動:29.6%
・半身浴やストレッチなどによるリラックス:21.4%
・エステなどのスペシャルケア:19.4%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:2.0%


Z世代女性の83.3%が「美容に関する悩み」あり

 「Q3.あなたは、美容に関する悩みはありますか。」(n=108)と質問したところ、「ある」が83.3%、「ない」が16.7%という回答となりました。

Q3.あなたは、美容に関する悩みはありますか。
・ある:83.3%
・ない:16.7%


美容の悩み、第2位「毛穴」(61.1%)、第1位「ニキビ・ニキビ跡」(62.2%)

 Q3で「ある」と回答した方に、「Q4.どのようなことに悩んでいますか。(複数回答)」(n=90)と質問したところ、「ニキビ・ニキビ跡」が62.2%、「毛穴」が61.1%、「肌のくすみ」が40.0%という回答となりました。

Q4.どのようなことに悩んでいますか。(複数回答)
・ニキビ・ニキビ跡:62.2%
・毛穴:61.1%
・肌のくすみ:40.0%
・脱毛・ムダ毛ケア:40.0%

・日焼け・美白:34.4%
・シミ:33.3%
・目のクマ:30.0%
・太りやすい:28.9%
・シワ:14.4%
・顔のたるみ:14.4%
・その他:2.2%


8割以上が、美容医療に対し「ポジティブな印象」あり

 「Q5.あなたは、美容医療に対してポジティブな印象がありますか。」(n=108)と質問したところ、「ポジティブ」が35.1%、「どちらかというとポジティブ」が45.4%という回答となりました。

Q5.あなたは、美容医療に対してポジティブな印象がありますか。
・ポジティブ:35.1%
・どちらかというとポジティブ:45.4%

・どちらかというとポジティブではない:9.3%
・全くポジティブではない:4.6%
・わからない/答えられない:5.6%


約半数が、美容医療は「自分を好きになる一つの手段だから」と回答

 Q5で「ポジティブ」「どちらかというとポジティブ」と回答した方に、「Q6.ポジティブな印象を持っている理由を教えてください。(複数回答)」(n=87)と質問したところ、「自分を好きになる一つの手段から」が49.4%、「美容医療に対して好奇心や実施欲が高まっているから」が34.5%、「美容医療の情報が増え、親近感を覚えているから」が32.2%という回答となりました。

Q6.ポジティブな印象を持っている理由を教えてください。(複数回答)
・自分を好きになる一つの手段だから:49.4%
・美容医療に対して好奇心や実施欲が高まっているから:34.5%
・美容医療の情報が増え、親近感を覚えているから:32.2%

・年々ハードルが下がっていると思うから:31.0%
・知人の実施も多く、身近に感じられるようになったから:31.0%
・化粧やファッションと同じだと思うから:26.4%
・価格が安く手が出しやすい施術もあると感じるから:25.3%
・アプリの“顔補正”や“肌補正”に近いと感じるから:17.2%
・その他:1.1%
・わからない/答えられない:2.3%


Z世代女性の8割以上が「美容医療」に関心あり

 「Q7.あなたの美容医療に対する関心度を教えてください。」(n=108)と質問したところ、「とても関心がある」が28.7%、「やや関心がある」が52.8%という回答となりました。

Q7.あなたの美容医療に対する関心度を教えてください。
・とても関心がある:28.7%
・やや関心がある:52.8%

・あまり関心がない:12.0%
・全く関心がない:4.6%
・わからない/答えられない:1.9%


美容医療に関する情報収集の方法として、「Instagram」や「Twitter」とSNSが最多

 Q8.美容医療に関する情報収集の方法を教えてください。(複数回答)」(n=108)と質問したところ、「Instagram」が67.6%、「Twitter」が44.4%、「YouTube」が41.7%という回答となりました。

Q8.美容医療に関する情報収集の方法を教えてください。(複数回答)
・Instagram:67.6%
・Twitter:44.4%
・YouTube:41.7%

・友人:25.0%
・美容医療のWebサイト:21.3%
・雑誌:17.6%
・テレビ:13.9%
・広告:5.6%
・Facebook:4.6%
・新聞:1.9%
・その他:2.8%
・特にない:6.5%
・わからない/答えられない:0.0%


まとめ

 今回は、Z世代の女性(23~26歳)108名に対し、Z世代の美容意識に関する実態調査を行いました。

 美容に関心の高いZ世代の女性の83.3%が「美容に関する悩み」があると告白しました。具体的な悩みを伺うと、第3位は同率で「肌のくすみ」「脱毛・ムダ毛ケア」、第2位は「毛穴」(61.1%)、第1位は「ニキビ・ニキビ跡」(62.2%)の結果となりました。

 また、SNS活用が活発なZ世代においては、インスタグラマーやYouTuberが美容医療に対しオープンになったことで、美容医療は悩みを解決し、自分を好きになる一つの手段として「ポジティブな印象」を持っており、Z世代からは美容医療に対する関心も高い傾向にあるようです。

 Z世代女性の美容医療に関する情報元の多くがSNSであり、インスタグラマーやYouTuber、クチコミアプリを参考にしている実態があるようです。自分の悩みに合う解決策や選択肢を見つけるために、美容医療を行う際に、医師の人柄や医師の対応で選ぶ患者も増えてきており、多くの医師を知るプラットフォームが今後は求められてくるのではないでしょうか。


名医のチョイスとは

 名医のチョイスは「美容医療は医師で選ぶ時代」をコンセプトに、美容医療・婦人科の名医と患者さまの出会いをサポートするためのメディアです。

 さまざまな分野の名医を取材し発信していくことで、エイジングに伴う見た目や体型の変化、からだの不調や妊活などに悩む女性が、自分にあった医師を見つけることを目的としています。

 また名医の人柄や患者に対する想いを発信することで、クリニックに気軽に相談にいける環境づくりに取り組み、美容医療へのハードルを下げたいと思っています。

詳細はこちらから:https://mchoice.jp/


会社概要

 医師による確かな美容健康情報の発信を通して、美容・医療業界の発展に貢献したいと考え、美容医療×メディアの領域で様々なサービスを提供してきました。2019年10月にリリースした美女医による監修サービス「Bijoy(ビジョイ)」は、開始からわずか半年で登録医師数100名を突破、2021年7月には300名を突破。将来的には美人な医師の登録者数日本一を目指しています。

会社名  :株式会社メディアド
設立   :2018年6月19日
代表取締役:中西 健介
所在地  :東京都港区南青山3丁目8番40号 青山センタービル2階
URL   :Bijoy(ビジョイ) https://bijoy.jp/
名医のチョイス https://mchoice.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)