美容・健康

第45回 日本美容外科学会総会の企業展示“美容形成 EXPO SAPPORO 2022”にナノエッグが出展 in 札幌京王プラザホテル

株式会社 ナノエッグ
医療機関専売品やナノエッグ独自技術を紹介

株式会社ナノエッグ(本社:東京都港区、代表取締役 山口葉子)は、2022年9月22日(木)~23日(金・祝)に、北海道札幌市の京王プラザホテルで開催される第45回日本美容外科学会総会の企業展示“美容形成 EXPO SAPPORO 2022”に出展いたします。



来たる2022年9月22日(木)~23日(金・祝)に、北海道札幌市の京王プラザホテルで第45回日本美容外科学会総会が開催されます。
企業展示“美容形成 EXPO SAPPORO 2022”のナノエッグブースでは、当社が開発した医療機関専売品のナノメッドシリーズ、及び当社独自技術の紹介を予定。
会場では、当社社長兼研究開発部長の山口葉子もブースで製品説明に当たります。
そこでアンケートにお答えいただいた皆様に、ナノメッドシリーズの製品プレゼントを実施。
「ナノメッド VAエッセンス」と「ナノメッド HQエッセンス」をご用意してお待ちしています。


【開催概要】

第45回日本美容外科学会総会
http://jsaps2022.jp/
企業展示“美容形成 EXPO SAPPORO 2022”

・会期:2022年9月22日(木)~23日(金・祝)
・会場:京王プラザホテル札幌
・住所:北海道札幌市中央区北5条西7丁目2番地1
JR札幌駅より徒歩5分
地下鉄南北線 さっぽろ駅 徒歩7分、地下鉄東豊線 さっぽろ駅 徒歩10分
新千歳空港から空港連絡バス 京王プラザホテル札幌終着 最短1時間30分

・事務局連絡先:北海道大学 医学部 形成外科学教室
・TEL:011-706-6978
(常設事務局URL:http://www.jsaps.com/


【ナノエッグ出展内容】



ナノエッグは、理学博士の山口葉子を中心に大学病院にある難病治療センターでの研究を積み重ね、ナノエッグならではの皮膚科学研究から生まれた独自のテクノロジーや成分を活用し、さまざまな機能性化粧品と化粧品原料を提供しています。

1人ひとりの体質や年齢によって異なる肌の状態や、さまざまな悩みに寄り添い、生活の質を向上させ、「いつまでも健やかで美しくありたい」という願いにお応えしたい、その想いから研究開発した製品は、おかげさまで多くのお客様に愛されています。

ブースでは、医療機関専売製品を中心とした製品のお取り扱いのご相談、化粧品原料・技術のご紹介を賜ります。
ご来場者様のお立ち寄りを心よりお待ち申し上げます。

■独自のナノカプセル化技術「ナノエッグ」


「ナノエッグ」とは、ナノエッグ社が開発した、有用成分を素早く角質内に浸透*1させることを可能にした独自のナノカプセル化技術。
世界で初めて炭酸塩という生体内での溶解性が高い無機質コートを採用しています。
カプセルが安定しているため、皮膚に擦り込んでもカプセルが壊れることなく、角層まで浸透し拡散させることに成功しました。

■独自の浸透技術「ナノキューブ」


「ナノキューブ」とは、肌のラメラ構造に着目し、有用成分を肌に浸透*1させるナノエッグ独自のジェル状整肌成分。
肌の中の組織である細胞間脂質を一瞬揺るがすことで有用成分の通り道を作り、浸透力を加速する仕組みとなっています。
また、肌を揺るがすことで肌本来が持つ自己治癒能力(ホメオスタシス)を呼び起こし、ターンオーバーを促進。
肌をやわらかくし、各成分を角層まで浸透させ、透明感と輝きのある素肌へと導きます。

剤型としてはちょっと変わったゲル形状。
ブースでは、この形状からくる独特の「リンギング」を体験できるよう、ナノキューブ原料をご用意しております。

■ハイドロキノン配合美容液「ナノメッド HQエッセンス」


「ナノメッド HQエッセンス」は、ハイドロキノン(1%)を配合したブライトニング美容液。
ナノエッグ独自の浸透テクノロジー*2により、ハイドロキノンを肌の深部*1まで届け、気になるエイジングサイン*3に集中的に働きかけます。
伸びの良いクリーム状のテクスチャーで使いやすいのも特徴。
安全に、うるおいのあるクリアな素肌へ導きます。

■純粋レチノール配合美容液「ナノメッド VAエッセンス」


「ナノメッド VAエッセンス」は、ハリや弾力をもたらす純粋レチノールを角質層のすみずみへ届けるエイジングケア*3美容液。
世界最小規模でカプセル化された純粋レチノールとグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。
ハリ不足や、弾力の低下、くすみなど、エイジングサイン*3にアプローチ。
伸びが良く肌になじみやすいことから、部分の集中ケアだけでなく、全顔・首にも使用可能です。

■習慣性敏感肌スキンケア「MediQOL(メディコル)」


「メディコル」は、肌のバリア機能を維持するために必要な成分、すなわち、健康な肌に在るべき、皮膚を構成する成分で作られたスキンケアシリーズ。
本来あるべき健康な肌は、肌を守る皮脂膜と細胞間脂質、そして活発な細胞であるための水が重要です。
ところが、バリア機能が低下した肌は、それらの成分すべてが不足していることがわかりました。
それらを適切に補い、3ステップでケアするのがメディコルです。

*1:角質層まで
*2:ナノキューブ(整肌成分):スクワラン、グリセリン、オクチルドデセス-20
*3:年齢に応じたケア


【株式会社ナノエッグについて】

当社は、聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターの研究室から、2006年に創業しました。有用性が高く副作用の少ない薬剤を必要なところで効率よく作用させる技術『DDS 〔ドラッグデリバリーシステム〕』や皮膚の難治性疾患の創薬研究を推進しています。アトピーの原因探索研究及び完治を目的とした新たな治療法や、肌に塗る・貼るだけのワクチンの開発などを構想し、「皮膚科学研究から医療のブレークスルーを起こすこと」「注射針を使わない医療」の実現を目指しています。

社 名:株式会社ナノエッグ
代表者:代表取締役社長 山口葉子
本 社:東京都港区赤坂7-1-15 アトム青山タワー5F
研究所:神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-14 ナノ医療イノベーションセンター4F
事業内容:医薬品研究開発、医薬部外品・化粧品開発及び販売事業、医薬品基剤・化粧品配合原料販売事業
コーポレートサイト https://www.nanoegg.co.jp/
オンラインショップ https://www.nanoegg.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)