食品・飲料 美容・健康

1位は2023年で50周年を迎える「明治ブルガリアヨーグルト」!gooランキングが「結局一番うまいヨーグルトランキング」を発表

gooランキング事務局
gooランキング(グーランキング)は、世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイトです。今回は、日本の食卓でも多くの人に親しまれているヨーグルトをテーマに、「結局これが一番うまい!」と思うヨーグルトはどの商品なのかについて調査・ランキング化しました。


結局一番うまいヨーグルトランキング



【集計方法】
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:652票
調査期間:2022年7月19日~2022年8月2日

【記事URL】
https://ranking.goo.ne.jp/column/8312/

1位は明治ブルガリアヨーグルト
1971年に日本初のプレーンヨーグルトとして発売され、翌1972年に現名称へと変更された「明治ブルガリアヨーグルト」。2022年9月現在は、無脂肪のものやフルーツソースを加えたものなど、幅広い商品ラインアップを展開中です。
1993年に乳酸菌を「LB81」へとリニューアルし、酸素濃度を下げて発酵させる独自技術「まろやか丹念発酵」によって、まろやかな風味となめらかな食感を実現した本商品。1996年には特定保健用食品の表示許可を受けています。
日本で最も歴史のある“正統ヨーグルト”として知られる明治ブルガリアヨーグルトが、1位となりました。

2位は森永アロエヨーグルト
肉厚なタイ産のアロエベラと、酸味が少なくコクのあるヨーグルトのハーモニーが楽しめる「森永アロエヨーグルト」。「食べる化粧品」をコンセプトに誕生し、1994年の発売以来、幾度となくリニューアルを重ねてきた商品です。
プレーン以外にも無脂肪ヨーグルトを使用したものや、アロエのサイズを3倍にしたものなど、幅広いラインアップを展開している本商品。「マスカット」や「ベリーミックス」など、これまでにフレーバーも数多く発売されています。
水分とミネラルを含むクーリングフードとしても知られるアロエを使用した森永アロエヨーグルトが、2位となりました。

3位はバニラヨーグルト
最後の一口まで楽しめるバニラの風味と、生クリームによるなめらかな口当たりが特長の「バニラヨーグルト」。長時間発酵によって酸味が抑えられており、ヨーグルトや牛乳が苦手な人でも食べやすいことでおなじみです。
「福岡あまおう苺」や「沖縄県産パイン」など、さまざまな限定フレーバーが発売されている本商品。2022年9月19日からは、白ワイン用ブドウのシャルドネを使用したフレーバーとして昨年話題になった「白ぶどう シャルドネ」が再登場しています。
1993年に発売され、2023年で30周年を迎えるロングセラー商品のバニラヨーグルトが、3位となりました。

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標です。





以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)