企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

完全フリーハンドな個人認証(特定)を活用し、指1本で、安心で快適な暮らしを実現させるバイオニクス株式会社をDX支援

株式会社ハイブリッドテクノロジーズ
血流認証技術を活用したプラットフォーム戦略をサポート

 日本とベトナムのリソースを活用したハイブリッドなシステム開発を行う株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:チャン バン ミン、証券コード:4260、以下当社)は、スタートアップの事業成長を目的として出資とエンジニアリソースの提供を行う支援プロジェクト「Hybrid Technologies Capital」の第7弾支援先として、高精度な個人認証とヘルスケアの融合で予防医学に貢献するバイオニクス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:須下 幸三 、以下バイオニクス社)を選定しました。







■バイオニクス株式会社とは
 バイオニクス社は、数あるバイオメトリクスの中でも最高峰のセキュリティ・ソースだと自負する「血流認証システム」を2002年に開発しました。本製品は、これまで長い刻をかけて培ってきた生体認証の中でも高精度な「血流(静脈)認証」の仕組みやノウハウが活かされています。本製品を開発して以来、集合住宅、大型テナントビル、企業内の重要施設などに導入し、高度なセキュリティ環境を実現してきました。カギやIDカード、パスワードにつきまとう「所持すること・記憶すること」の手間をなくし、紛失や盗難のリスクを回避する血流認証システムを通して、何も手に持たない利便性と、より安全な情報社会の両立を目指しています。

■支援背景
 バイオニクス社が持つ「血流認証技術」は独自のアルゴリズムを用いているため、偽造が困難です。また、体調や個体差に左右されず、失くすことのない鍵であるため、紛失や暗証番号が必要ありません。そのため、お子さまやご高齢の方にも安心して使用いただけます。
 今後は「血流認証技術」の“指での解錠”という特性を活かし、鍵の解錠に留まらず、ヘルスケア領域にも展開していきます。たとえば、血中酸素濃度の測定による健康管理、個人特定による高齢者の深夜徘徊防止、子どもの見守りサービスの展開等、少子高齢化が進む中、安心して生活できる社会の実現に貢献します。このような提供領域の拡大を背景に、バイオニクス社では優秀なエンジニアから成る開発体制をスピーディーに構築することが必要となっています。

 こういった課題に対し、当社の強みであるハイブリッドなエンジニア開発リソースとビジネスコンサルティングチームの提供をさせていただくことで、バイオニクス社のエンジニア体制の強化が実現し、最終的には両社の事業成長が可能と判断し今回の選定を行いました。

■支援内容
 当社の強みであるハイブリッドなエンジニア開発リソースやビジネスコンサルティングによって、血流認証技術を活用したプラットフォーム戦略の開発、実現を支援してまいります。
 また、当社の繋がりを利用した営業支援も行い、さらなる事業成長に貢献いたします。

【バイオニクス社のコメント】
バイオ二クス株式会社 代表取締役社長 須下 幸三氏

 私共バイオニクス株式会社はこの度、事業シナジー最大化の一環として株式会社ハイブリッドテクノロジーズから出資を受ける事と致しました。
 今後我々の血流認証技術はより進化を遂げて参ります。従来の個人特定技術だけでなく、我々が20年以上培った血管撮像技術を活かし、バイタルチェック技術を付加し、より付加価値の高い技術として世界市場に向けてエントリーして参ります。公衆衛生の重要性が増し、また我が国においては高齢化社会が益々進む環境下で、必ずやこれら社会課題解決を実現する技術になると確信しております。その中で欠かせないアプリケーション開発を株式会社ハイブリッドテクノロジーズのお力を借りながら、全ての年代のユーザー様によりお使い頂け易いトータルソリューションとして市場に展開して参ります。

「Hybrid Technologies Capital」プロジェクト概要
 「Hybrid Technologies Capital」は、多くのスタートアップ企業にて挙げられる資金調達の難航や社内リソースの枯渇という課題を解決し、スタートアップ企業の事業成長を目的として立ち上がった投資プロジェクトです。当社の強みであるべトナムと日本のエンジニアリソースを融合させたハイブリッド開発のリソース提供と資金の提供を行うことで、支援先企業のDX支援と事業拡大を目指します。
 支援先となる対象企業の事業領域や投資開発領域は無制限とし、シードからレイタ―のすべての投資フェーズのスタートアップ企業を対象としています。
 今後は、より積極的にスタートアップ企業への出資と開発リソースの提供を行い、事業拡大の支援を行うとともに、支援先企業のネットワークを活用した企業間の協業体制も強化していくことで、各企業における包括的でスピーディな事業成長とDX推進を促します。また、日本のスタートアップの成長の課題となっている、「デジタル化・DX化」の解決を当社のリソースを用いて行っていくことで、国内の経済成長への貢献を目指します。


※スキームイメージ
【Hybrid Technologies Capitalにおける提供価値】
1. Investment (投資):

支援先企業の資金調達支援を実施。
2. ハイブリッド型サービス:
プロダクト開発、グロース開発のための開発リソースとナレッジの提供。
3. パートナー企業との連携:
投資先、営業体制構築など提供可能なネットワークを活用し、出資先との協業を支援。

【バイオ二クス株式会社会社概要】
所在地:大阪市中央区本町1丁目2-1本町リバーサイドビル2F
代表取締役社長:須下 幸三
資本金:50,000千円
事業内容:血流認証による人物識別技術の企画、調査、研究開発
上記の人体情報による人物識別に関する機器・装置及びソフトウェアの企画、調査、研究開発、販売
画像処理、画像処理データの管理、映像伝達に関する機器・装置及びソフトウェアの企画、調査、研究開発、販売
URL:https://www.bionics-k.co.jp/

【株式会社ハイブリッドテクノロジーズ会社概要】
所在地:東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル5F
代表取締役社長:チャン バン ミン
資本金:893,343千円(2022年8月31日時点)
事業内容:ハイブリッド型サービス
URL:https://hybrid-technologies.co.jp/
IRサイト:https://hybrid-technologies.co.jp/ir/

出資希望の連絡、お問い合わせはこちら: https://hybrid-technologies.co.jp/capital/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)