医療・医薬・福祉

高い認知機能を維持する高齢者において特徴的な脳波の時系列パターンを同定

千葉工業大学
−大規模な永平寺町の認知機能検査と脳波解析により実施−


学校法人 千葉工業大学 大学院 情報科学研究科 修士課程 1年 飯沼佑太、同 情報科学部 情報工学科(教授)/ 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所児童・予防精神医学研究部(客員研究員) 信川創、国立大学法人 金沢大学 医薬保健研究域医学系 精神行動科学 水上喜美子 助教、国立大学法人 福井大学 医学系部門 看護学領域 川口めぐみ 講師、医療法人社団 青樹会 清和病院 東間 正人 医長、明石こころのホスピタル 田中悠二、学校法人大阪成蹊学園 教育学部 山西輝也 教授、国立大学法人 金沢大学 医薬保健研究域 医学系/子どものこころの発達研究センター(協力研究員)/ 国立大学法人 福井大学 学術研究院医学系部門(客員准教授)/ 魚津神経サナトリウム(副院長)高橋哲也は、福井県永平寺町において行われた大規模な健常な高齢者に対する認知機能検査と脳波データから、高い認知機能を維持する高齢者に特徴的な脳波の特性を同定することに成功しました。超高齢社会においては、個々の高齢者に最適化された認知機能の強化・維持のための介入を実現することは喫緊の課題です。認知機能に関わる脳活動の特性を、臨床的汎用性の高い脳機能画像である脳波を用いて同定する本研究の成果は、高齢者の認知機能に関する脳機能を客観的に推定する上で大きく貢献することが期待されます。なお、この成果は、スイスに本部を置く科学、工学、医学についての出版社であるFrontiers Media SAの査読付き学術雑誌であるFrontiers in Neuroscienceにて発表されます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)