その他 医療・医薬・福祉

神戸医療産業都市におけるスタートアップエコシステム構築等に関する連携協定の締結

神戸市
~ 神戸市・公益財団法人神戸医療産業都市推進機構・日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 ~

 神戸市、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(以下「神戸医療産業都市推進機構」)は、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社と連携を図り、神戸医療産業都市におけるスタートアップエコシステム*の構築等に向けた協力体制を構築するため、連携協定を締結しました。



 ベーリンガーインゲルハイムは、医療用医薬品の実験研究施設としてはアジアで唯一、神戸医療産業都市に「神戸医薬研究所」を有しています。本協定に基づき、神戸医療産業都市におけるさらなるオープンイノベーションの推進のため、スタートアップエコシステムの構築に取り組みます。
*スタートアップエコシステム:神戸医療産業都市の医療関連企業や団体が、スタートアップ企業を中心にして有機的につながり、イノベーションが次々と生まれる場


1.連携協定の具体的な内容

(1)スタートアップの誘致・発掘
・ピッチコンテスト(※)などを活用したスタートアップの誘致や研究・技術シーズの発掘等の連携
 ※スタートアップ・起業家が投資家・事業会社に対して、自社の技術やサービスを発表する取り組み。令和4年度はピッチコンテスト「ベーリンガーインゲルハイム・イノベーションプライズ」を神戸において開催
・グローバルネットワークを活用した企業の発掘
 
(2)スタートアップ事業化サポート・海外展開支援
・ベーリンガーインゲルハイム独自のプログラム「Office Hours」を実施することで起業を目指す研究者、スタートアップに商業化までの専門的なアドバイスを提供
・神戸医療産業都市で活動するスタートアップの海外展開の支援

(3)人材育成
・市内学生をはじめとした若年層を対象にライフサイエンス分野における人材育成を実施
1)インターン・施設見学・起業家育成プログラム
2)市内高校や神戸高専との連携
3)研究者との意見交換会
4)リケジョ座談会、キャリアデザイン講座などのダイバーシティ教育の推進
 
(4)広報・プロモーション活動の展開
・展示会への共同出展
・セミナー・シンポジウム等における連携協力
・広報活動における連携

(5)定期的な情報交換、その他神戸医療産業都市の魅力向上等に関すること
・定期的な情報交換の実施
・その他神戸医療産業都市の魅力向上等に関する連携


市長会見の模様をお届けします







ベーリンガーインゲルハイムについて

 アンメットメディカルニーズの高い分野において、画期的な医薬品や治療法の開発に取り組む研究開発主導型のバイオ製薬企業。1885年の創立以来、株式を公開しない独立した企業形態を維持している。日本では、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社が医療用医薬品ビジネス、ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社が動物用医薬品ビジネス、ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社が医療用医薬品製造を行っている。
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社は、平成20年に研究所を神戸医療産業都市内に移転し、ベーリンガーインゲルハイムとしてはアジアにおいて唯一の医療用医薬品の実験研究施設である「神戸医薬研究所」を開設した。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)