医療・医薬・福祉

NTT Comの社会課題解決事業に、認知機能みまもりAI「ONSEI」のAPIを提供

日本テクトシステムズ
株式会社ディー・エヌ・エーの子会社である日本テクトシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:増岡 厳、以下 日本テクトシステムズ)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)が提供する、AIにより認知機能の状態を測定できるサービス「脳の健康チェックフリーダイヤル」に、認知機能みまもりAI「ONSEI」のAPI提供を開始しました。 「脳の健康チェックフリーダイヤル」は、世界アルツハイマーデーである2022年9月21日より無償トライアルが開始されます。


2025年には高齢者の5人に1人、国民の17人に1人が認知症になると予測されています。NTT Comは「認知症で不安になる本人・家族・企業が少なくなる社会へ」をコンセプトに掲げ、認知症に関する社会課題に、ともに取り組むパートナー企業を募集し、パートナー企業との共創による社会課題の解決に取り組んでいます。
一方、当社はITやAIを活用した「ONSEI」などのプロダクトを通じて、認知症領域での社会課題解決を目指しています。
今回当社は、NTT Comが掲げるコンセプトに賛同し、「ONSEI」のAPIを提供します。

NTT Comが提供する「脳の健康チェックフリーダイヤル」は、当社が提供しているサービス「ONSEI」とAPI連携し、20秒程度の発話により、発話内容(年齢/日付)と声の質を元に、AIが認知機能の変化を測定することができるサービスです。
なおサービスは以下のフリーダイヤルから利用できます。


当社が提供する「ONSEI」は、金融、保険、自治体などに向けたサービス拡充・導入拡大を進め、高齢者を中心とした健康増進・医療費の適正化に貢献していきます。

これまで当社が長年に渡って臨床研究、実証等、試行実施を通じて開発したシステムを、DeNAの知見をもって、機能の拡充、品質の向上を行い、堅牢なセキュリティ対策を施した上で社会実装に臨みます。DeNAグループとして今後も、高齢運転者認知機能検査をはじめ医療・ヘルスケア領域での社会課題解決を目指します。


【日本テクトシステムズ 会社概要】
日本テクトシステムズは、「穏やかに過ごして行ける社会のために」を目指し、「~for peaceful aging~」をコーポレートメッセージに掲げ、前身企業時代から20年以上培った、医療、とくに認知症分野での多岐にわたる知見とICT技術を活かして開発した認知機能検査実施支援システム等を全国の医療機関向けに提供しています。
画像診断装置用プログラム「MRI-TAISEKI」の医療機器認証取得(医療機器認証番号:303AIBZX00004000)や、高齢者運転免許更新時等の認知機能検査に於けるタブレットによる実施~採点~管理システム「MENKYO」、20秒の音声で判定する認知機能AIチェックツール「ONSEI」など他にはないアプローチで社会問題である認知症に対峙する医療ICTベンチャー企業です。
なお、日本テクトシステムズは国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より
「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術/介護支援技術/遠隔医療AIが連携した日本式ICT地域包括ケアモデルの研究開発」に採択され、研究事業を推進しています。
URL:https://systems.nippontect.co.jp/

【「ONSEI」サービス概要】
音声から音声特徴量を抽出し、AIが解析することで認知機能の変化をチェックするツールです。
タブレットやスマホを使い、ガイダンス通りに、生年月日、今日の日付・曜日を回答するだけで、開始から解析完了まで20秒で認知機能をチェックすることができます。チェックの性能は93%の正分類率で、自治体、店頭、介護事業所などで継続的な認知機能チェックに活用されています。
URL:https://systems.nippontect.co.jp/products/onsei/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)