エンタテイメント インテリア・雑貨

『ブラウン シリーズ9Pro 美顔器ヘッド』で鈴木亮平さんのお肌も“つるすべぇ~”!?美容家IKKOさんレクチャーのもと、鈴木亮平さんが美顔器ヘッドを実体験!

P&Gジャパン合同会社
『ブラウンシリーズ9Pro 美顔器ヘッド付属モデル発売記念PRイベント』イベントレポート


 小型家電ブランドのブラウン(P&G、本社:神戸市)は、新製品『ブラウン シリーズ 9 Pro美顔器ヘッド付属モデル』の発売に伴い、9月21日(水)11時より時事通信ホール(東京都中央区)、オンライン(Teams)にて、鈴木亮平さん及びIKKOさんが登壇した『ブラウンシリーズ9Pro 美顔器ヘッド付属モデル発売記念PRイベント』を開催しました。
 『ブラウンシリーズ9Pro 美顔器ヘッド付属モデル』は2022年8月17日(水)より予約販売開始、2022年9月30日(金)より全国発売を開始いたします。『ブラウン シリーズ9 Pro 美顔器ヘッド付属モデル』は、ヘッド交換式にすることで、ブラウン最高峰のブラウン シリーズ9 Proが持つ究極の深剃りと肌へのやさしさはそのままに、美顔器ヘッドによる効果的なスキンケア性能を両立し、 1台2役を実現しました。ブラウンは電動シェーバーを単なる髭剃りの手段から、スキンケアを含めたトータルビューティケアのソリューションとして、多くの男性のお悩みを解決します。



■鈴木亮平さん、「いつも使っている愛着のあるブラウン シリーズ9 Proのヘッドを取り換えるだけで美顔器になるのは手を出しやすいし、より一層愛着が湧く」
 本イベントでは、ゲストにブラウンのブランドアンバサダーを務める鈴木亮平さんと美容家のIKKOさんをお招きしました。まず、鈴木さんが登壇し、「ブラウンのイベントということでブラウンのジャケットでキメてきました。普段から愛用しているブラウン シリーズ9 Proの良さを紹介できるということで、今日は気合が入っております。今回新たな機能が付きましたが、その機能はもちろんのこと、最高峰シェーバーとしての魅力を皆さんにお伝えしていきたいと思います。」と本イベントへの意気込みを語りました。続いて、美容家のIKKOさんが登壇され、「今、男性美容は私たちの時代と全然違う。男性も毛穴レスとなり、女性以上にどんどん美肌になっています。そして、ついにシェーバーに美顔器がついたということで、非常に興味が湧き、勉強しました。そして、本当に良い製品だと感じたので、是非このイベントに参加したいな、亮平さんのお手伝いをしたいなと思い参加させて頂きました。」と本イベントに参加された背景を語りました。鈴木さんの隣に並ばれたIKKOさんは鈴木さんを見て「本当にイケメンすぎて緊張するわ~。メロメロ、ドキる~」と興奮した様子で、「今日はライバルという設定なんですから」と鈴木さんから照れながら釘を刺される場面もありました。
 そして、お二方が感じているブラウン シリーズ9 Proの魅力や推しの機能について、それぞれが紹介しあう「ブラウン シリーズ9 Proのココがすごい!デモバトル」を実施致しました。
 鈴木さんは1点目として、「顎にそってぬるぬると密着して動くヘッドの凄さを知ってもらいたいですね。」と、朝剃れば夕方までヒゲを目立たせない「夕方ヒゲ、ゼロヘ」を実現する最高峰のシェーバーとしての“Proスイング密着システム”を説明しました。そこで、IKKOさんに究極の密着性を体感頂くべく、デモキットの凹凸に沿ってブラウン シリーズ9 Proを動かすデモンストレーションを行っていただきました。ブラウン シリーズ9 Proの密着性を体感したIKKOさんは「亮平さんの横顔をまじまじと見させていただいていたのですが、本当につるすべで綺麗でしっかり剃れているなと感じていました。密着性ってとても大事で、密着しているようでしていないことも多い。ブラウン シリーズ9 Proはしっかりと密着していてすごいですね。顔って平面ではなくて人によって凹凸が違うのですね。その中で、ヘッドがこのように前後だけでなく左右に動くことでどんな人でも密着して剃れるのはとてもすごい。特にこの左右に動く刃は初めて見たのでとても驚きました。」と納得した様子でした。鈴木さんは2点目として、寝たヒゲやくせヒゲも極限の0.05ミリの深剃りが出来る機能を挙げ、肌に生えるヒゲを模した疑似ヒゲキッドをブラウンの通常モデルと剃り比べるデモンストレーションをIKKOさんに行っていただきました。IKKOさんは「通常モデルと比較して、まず馬力が全然違う。通常モデルはカクカクした剃り心地だったけど、ブラウン シリーズ9 Proはすーっと動かせる。フラットに滑らかに肌に当たるので、肌にも優しい感じがしますよね」と再度驚かれていました。鈴木さんも「私も、普通のシェーバーだと大体剃れるが、1本だけ残ってしまうこともあった。ブラウン シリーズ9 Proはそういったことがないです。」とコメント。それを受けてIKKOさんは「かみわざぁ~!」と叫ばれ、会場が笑いの渦に。3点目には、毎分10000回の振動で肌への摩擦を軽減する“音波振動テクノロジー”を挙げ、ココアパウダーの入ったふるいにブラウンのブラウン シリーズ9 Proと通常モデルを当てて落ち方を比較するデモンストレーションを鈴木さんの説明のもと、お二人で一緒に実施頂きました。ブラウン シリーズ9 Pro を当てたIKKOさんは「すごい。粉雪みたい。パウダーがたくさん落ちてココアの香りがすごくなっちゃったわ~。振動の仕方がすごい繊細。ブラウン シリーズ9 Proは毎分10000回も振動するので、通常モデルで実施したときと比べてパウダーがより細かくなっている。」とコメント。

▲音波振動テクノロジーに関するデモンストレーションの様子
 IKKOさんからは、ブラウン シリーズ9 Proの魅力として、新機能である美顔器ヘッドの特長として取り外しの出来るヘッドの良さを語って頂きました。IKKOさんは「ヘッドを交換できると、より清潔に使用できるところがとてもいいところですよね。交換が大変だと面倒になりますが、とても簡単なのも良いポイント。シェーバーと美顔器それぞれの機能を邪魔せず最大限のパフォーマンスを出せるところも本当に良いと思います。」と話され、実際にヘッド交換をした鈴木さんは「2秒でできる。とても簡単!」と驚かれました。その後、“化粧水浸透テクノロジー”の要因である磁力による反発の力を可視化するデモンストレーションを鈴木さんに実施頂きました。美顔器ヘッドを砂鉄が入った箱の下から当て、砂鉄が動くことで美顔器ヘッドから磁力が発生している様子を見た鈴木さんは「美顔器ヘッドを当てているところに砂鉄がついていく。振動だけじゃないです。磁力が強いですね!楽しい」とコメント。それに対しIKKOさんは「それがとても重要なんです。浸透という点では、平均的に押されること、まばらにならないことが大事なんです。化粧水というと最近では手の圧でゆっくり押し込んでいくのが常識になりましたが、それを平均的に素早く入れていくということが大切。」と解説されました。鈴木さんが「神業ですね」とコメントすると、IKKOさんは「かみわざぁ~2~!」と再度キメ台詞を披露し、会場を笑顔にしました。そして実際に“化粧水浸透テクノロジー”の浸透させる力を体感頂くべく、鈴木さんに重ねたキッチンペーパーを使って、手で保湿ジェルを塗る場合とブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッドを使って塗る場合にどちらがより多くのキッチンペーパーに染みていくか、浸透力の違いを実験頂きました。デモンストレーションを行い、手で塗った場合は4枚目まで浸透、ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッドの場合では7枚目までという結果を見た鈴木さんは「振動のみじゃなくて磁力でさらに押していくという点は驚きですね。よく考えられたテクノロジーだなと感じました。」と驚かれました。
 ブラウン シリーズ9 Proに関する5つのデモンストレーションを終えてし、鈴木さんは「シェーバーとして最高峰というのは身をもって感じていたところですが、そこに美顔器としての機能が追加されたということでかなり期待度が高まっています。肌は大切にしたいものの、美顔器を買うことに抵抗を感じる男性もなかにはいると思います。いつも使っている愛着のあるシェーバーのヘッドを取り換えるだけで美顔器になるのは手を出しやすいですし、より一層愛着が湧くと思いました。」と話されました。

▲化粧水浸透テクノロジーの浸透力に関するデモンストレーションの様子

■鈴木亮平さん、ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッド付属モデルの魅力に納得の「夕方まで、ツルスベ肌続く!」宣言。IKKOさんも「つるすべぇ~」宣言で会場を笑顔に。
 デモンストレーションを終えた鈴木さんは「最初バトルということでしたが、もはやどうでも良くなってしまいました。美顔器としての機能も本当にすごくて、実際にブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッド使ってみたくなりました」と話され、IKKOさんのレクチャーのもと、ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッドを実際に体験して頂くことになりました。鈴木さんが化粧水を肌に塗る場面では、IKKOさんから「プロのメイクさんでも指先で化粧水を入れる人がいますが、必ず手のひらで肌を感じながら押していくことが大事。」、美顔器ヘッドを肌に当たるシーンでは、「小鼻の横にちょっとあてて頂くと、飲んだ翌日の顔がむくんだ日にスッキリします。また、たとえば勝負の日など、男性の方も顔パックすることもあると思うんですけど、パックをしながら本製品を当てていくのも非常におすすめです。」など美顔器ヘッドを使う上での様々なアドバイスを頂くことが出来ました。美顔器ヘッドを実体験が終わったタイミングでは、ツルツルになった鈴木さんの肌を見てIKKOさんが「ぴかぴかぁ~!」と鈴木さんを誉め、鈴木さんが「生でIKKOさんの決め台詞をたくさん聞けて嬉しいです」と照れる掛け合いも見ることができました。
 ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッドの感想を聞かれた鈴木さんは「美顔器ヘッドですが、いつものシェーバーを使っている感覚で使えるので、慣れた手つきで使用できるのはとても良いですね。日々の自分のルーティーンの中に取り入れやすいと感じました。肌がもっちりした気がします。皆さんにもお勧めしたいですね。僕も今日から日常的に使って効果を実感したいと思います。」とコメントしました。その後、「なにか困ったことがあれば美のカリスマであるIKKOさんに相談したいですね。」と鈴木さんから話をふられたIKKOさんが「亮平さんのためなら、うぇるかむぅ~!」とキメ台詞を叫ぶなど、終始会場を沸かせていました。
 イベントの最後には、ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッド付属モデルが最高峰のシェーバーであり、美顔器としても魅力的であることを体感した鈴木さんが「私、鈴木亮平はブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッド付属モデルがブラウンが誇る“最高峰シェーバー”であり、“本格派美顔器”であることを宣言します!夕方まで、ツルスベ肌、続く!」と宣言し、IKKOさんは「どんだけぇ~」のイメージで「つるすべぇ~!」と叫び、会場を大爆笑にして、イベントを締めくくりました。

▲ブラウン シリーズ9 Pro美顔器ヘッドモデルを実体験する鈴木亮平さん
▲製品お披露目の様子
▲美顔器ヘッドについて語るIKKOさん
 

■『ブラウンシリーズ9Pro 美顔器ヘッド付属モデル発売記念PRイベント』概要
開催日時:2022年9月21日(水) 11:00~12:00
開催場所:時事通信ホール(東京都中央区銀座5丁目15−8 時事通信ビル)/ オンライン
登壇者 :鈴木亮平さん、IKKOさん、P&Gブランドディレクター 筋 健亮

■製品概要
発売開始日:2022年8月17日より予約販売開始、2022年9月30日より全国発売開始
地域:全国

■『ブラウンシリーズ9 Pro製品特徴』
 ブラウン最高峰のシリーズ9 Proは極限0.05mmカットで夕方ヒゲ、ゼロへ。肌にやさしく、究極の深剃りを実現します。
・ コンパクトヘッドに搭載された最高峰のテクノロジー : プロブレードとくせヒゲキャッチ刃を含む5カットシステムにより、くせヒゲ、寝たヒゲを根元から剃ります。
・ Proスイング密着システム : 前後に動くヘッドが、究極の密着性を実現します。
・ 音波振動テクノロジー : 世界で唯一の音波振動テクノロジーは毎分10000回の振動により、肌との摩擦を軽減し、肌にやさしいシェービングを実現。
・ 人工知能テクノロジー : ヒゲの濃さを読み取り、毎秒13回自動でシェービングパワーを調節。ヒゲの濃い箇所でパワーを最大化し、少ないストロークで剃ります。



■『美顔器ヘッド』 製品特長
美顔器ヘッドはブラウンシェーバーの最高峰モデル『シリーズ 9 Pro』の交換用ヘッドで、シェーバーヘッドと付け替えることで美顔器の機能を発揮します。化粧水浸透*3テクノロジーにより、化粧水などのスキンケア製品を肌へ浸透*3させます。美顔器ヘッドは過去のすべてのシリーズ9に使用することが可能です。

化粧水浸透*3テクノロジー:
美顔器ヘッドから発生する磁力が化粧水成分に作用して起こる磁力の反発と毎分10000回のシェーバーの振動により、化粧水を肌へと浸透*3させます。美顔器ヘッドはグリセリン等のほとんどの保湿成分と反応するため、どんなスキンケア製品でも使用が可能です。

■『美顔器ヘッド』 使い方
1. シェービングヘッドを取り外す。
2. 美顔器ヘッドを取りつける。
3. 化粧水などのスキンケア製品を肌に塗布する。(※どの化粧水でも使用可能)
4. スキンケア製品の上から、美顔器ヘッドを当てる。



<P&Gについて>
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、電気シェーバー「ブラウン」をはじめとして、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」、オーラルケアブランド「Oral-B by Braun」など、様々な製品を提供しています。(https://jp.pg.com)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)