医療・医薬・福祉 暮らし

長友佑都による緊急企画!!!新型コロナウイルス影響下のひとり親を支援するクラウドファンディングプロジェクトがスタート #ひとり親をみんなで支えよう

認定NPO法人フローレンス
この度、株式会社Cuore代表取締役社長であり、プロサッカー選手長友佑都(以下、長友佑都)により、「#ひとり親をみんなで支えよう。寄付型クラウドファンディングプロジェクト」の立ち上げをご案内いたします。



各報道にもある様に、新型コロナウイルス感染拡大が長期化し生活困窮世帯に大きな影響が出てきています。2月末に突然の一斉休校要請が出され、4月7日には緊急事態宣言が発令。自粛要請の影響で休業や倒産に追い込まれる企業も増加の一途をたどっています。医療崩壊が危ぶまれ、尊い命を繋ぐための医療現場への支援が多く実行される中、同時に深刻な環境下にいる人たちもいます。それが、ひとり親世帯です。

外出自粛、企業の休業や倒産に伴い、収入の減少や育児の負担が重くのしかかり、厳しい生活を強いられる家庭も増えています。

特に育児と仕事を一手に担うひとり親家庭の状況は深刻で、親が自分の昼食を抜いて子どもの食事にあてるといった状況も生まれ、毎日の食事ですらままならないご家庭が出てきている状況です。
現金給付や助成など行政のサポートが急がれますが、一刻も早く支援が必要なご家庭へ橋渡し的に支援を届けて行く必要があります。

そこで、長友佑都をプロジェクト主催者とし、ひとり親家庭への病児保育の無料提供、経済的に厳しい家庭へ食品配送と見守り支援を行う「こども宅食」など、ひとり親家庭や経済困窮家庭への支援実績のあるフローレンスを協働パートナーに支援を実行してまいります。


支援方法について

今回、発起人である長友佑都の想いに賛同してくださる皆様からいただいた資金を元に、認定NPO法人フローレンスをはじめとする全国の様々な団体と連携をし、支援を迅速に届けていきます。


■支援内容
1.食糧支援
お米やレトルト食品など、調理の手間が少ない食材をお届けします

2.ひとり親家庭に必要な保育を無料で提供する
親御さんの心の余裕、時間の余暇をうみ出すために訪問型保育を提供します

3.相談窓口の増設による丁寧な相談対応
誰にも頼れないひとり親の支えとなり、適切な支援を届けるサポートをします
(弁護士やソーシャルワーカーによる専門性ある内容含む)

4.その他、刻々と変わるニーズに対して、ひとり親支援を行う団体と連携して必要な支援を進めていく



長友佑都のコメント

今現在、猛威を振るうコロナウィルスの影響により世界中が大変な状況になっています。日本も非常に厳しい状況であることはニュースから拝見しています。僕が住むトルコでも感染者数が10万人になっております。厳しい環境ですが、自分たちに今できること、それは外出を自粛して自宅にいることです。それが自分自身、自分の愛する人や友人、仲間を救うと思っています。

力を合わせて乗り越えていくべき今、これまでに多くの支えを皆さんから頂いてきた僕にできることは何だろうと考えました。その中でどうしても支援したいと思った方々がいます。それは、ひとり親世帯の皆さんです。

僕は幼い頃、母の女手一つで3人の兄弟を育ててもらいました。一生懸命に母が働く姿を近くで見ながら、経済的に苦しいことを幼いながらに理解をしていたことを覚えています。いつか母に恩返しをしたい。それが僕を突き動かし続けている想いの一つでもあります。

ひとり親世帯はただでさえ苦しい状態にも関わらず、コロナの影響で更に厳しい状態となっております。僕は日本代表としてみんなにパワーをもらってここまで走ってくることができました。今度は僕がみんなに届ける番だと思っています。

具体的には、クラウドファンディングという形を取りまして、食料品や支援窓口の設置など、今必要となっている事に当てていきたいと思っています。今回、現場で支援をしてる団体からは、明日の食事も困っている家庭が多くあることを聞きました。どうか一人でも多くの人にこの支援の輪に賛同してもらいたい。

ご支援をどうぞよろしくお願いします。みんなで未来を繋ぎましょう。


長友佑都選手 プロフィール

長友佑都(33) 愛媛県出身

プロサッカー選手。ガラタサライSK所属。2013年アジアサッカー連盟から国際最優秀選手賞に選出。日本代表としても活躍し、ワールドカップ3大会連続出場、アジアカップ3大会連続出場などの実績を持つ。自身がひとり親家庭で育った経験から、今回のひとり親支援を目的としたクラウドファンディングの立ち上げに至る


プロジェクト概要

タイトル:「長友佑都 緊急企画:コロナで苦しむ"ひとり親"へ支援を届けたい」
実施主体:株式会社Cuore
運営事務局:認定NPO法人フローレンス
目標金額:1億円 ※税制上の優遇措置が受けられます。
寄附募集期間:2020年4月24日(金)~5月10日(月)23:00(17日間)
形式:All-IN形式 / 寄附型 ※All-IN形式は、目標金額到達の有無に関わらず集まった資金が受け取れます。
支援金の使途:食糧支援、保育の無償提供、相談窓口の設置、刻々と変わるニーズに対して、国内のひとり親支援団体と連携して必要な支援を提供

詳細はクラウドファンディングページをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/save-singleparent


認定NPO法人フローレンスについて

現在所属スタッフ650名規模を誇る国内有数の認定NPO法人です。安価な病児保育の提供などを通じたひとり親家庭の支援は12年の実績があります。子どもが病気になったときの預け先が無い「病児保育問題」、障害児の保育の受け皿が極度に不足している「障害児保育問題」、子どもの虐待や貧困問題等、国内の親子領域の課題を政策提言やソーシャルアクション、事業活動を通じて解決する団体です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会