食品・飲料 美容・健康

日清オイリオ生活科学研究レポート No.48 ’22 外食に関する調査 ココロも満たされる外食

日清オイリオグループ株式会社
◆70代は記念日やイベントに皆で、若年層は自分へのご褒美にも ◆外食店で注文する揚げ物メニューの印象は「おいしい」が最多

日清オイリオグループ株式会社(社長:久野 貴久)は、「ビジョン2030」の実現に向けて“もっとお客さまの近くへ”を基本方針に取り組んでいます。「生活科学研究課」では、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて調査し、情報発信をしています。 コロナ禍の影響を大きく受けた外食産業。一般社団法人日本フードサービス協会によると、2019年に26兆円まで拡大した市場規模が縮小し、2021年の全体売上高は2019年比83.2%となりました。そのようななか、テイクアウト・デリバリーやおひとり様対応など新たな取り組みが広がり、生活者にとって外食店の料理を楽しむ手段が増えています。 当研究課では、中食・外食に関する調査を継続的に実施しています。本レポートでは、「外食に関する調査」として、外食利用に対する意識、外食利用時の揚げ物に対する意識について、分析結果をまとめました。


・生活科学サイト: https://www.nisshin-oillio.com/report/
・日清オイリオ生活科学研究レポート No.48(PDF):
https://www.nisshin-oillio.com/report/report/images/no48/no48.pdf


外食の理由は、リフレッシュや人と一緒に楽しむため

外食する理由は、「気分転換・息抜きができるから」が48.2%と最も多く、次いで「家族と一緒に楽しめるから」「友人・知人と一緒に楽しめるから」が挙がりました。料理に関する「手間が掛かるものを手軽に食べられるから」「本格的な料理を楽しめるから」なども上位に挙がりました。(レポート5頁参照)




70代は記念日やイベントを皆で祝いたい、若年層は自分へのご褒美にも

外食する理由を性年代別にみると、70代は男女ともに「家族と一緒に楽しめるから」「友人・知人と一緒に楽しめるから」が多く、「記念日やイベントを祝いたいから」も3割を上回りました。「気分転換・息抜きができるから」は、女性の割合が比較的高く、40代、60~70代では6割に達しました。「自分へのご褒美だから」は、若年層ほど多い傾向が見られました。(レポート6頁参照)






外食店の料理で気にすることは、家庭で作れないメニューや味

料理について気にしていることは、チェーン店・個人経営店いずれも「作れないメニューである」が最も多く、次いで「専門店の味が食べられる」が挙がりました。個人経営店では「お店で手作りしている」が27.0%と、チェーン店との差が12.6ポイントで最大となったほか、「素材にこだわりがある」「盛り付けの美しさや彩りの豊かさ」も比較的多く、2割を上回りました。チェーン店では「栄養バランスがよい」「味付けの濃さ」「カロリー」が比較的多く、2割近く挙がりました。(レポート7頁参照)





揚げ物メニューの印象は「おいしい」が最多、「揚げ立て感」「カロリーが高い」が上位に

揚げ物メニューに対するポジティブな印象は、すべてのジャンルの外食店で「おいしい」が最も多く、「揚げ立て感がある」「手作り感がある」などが上位に挙がりました。ネガティブな印象は、すべてのジャンルの外食店で「カロリーが高い」が多く挙がりました。(レポート9頁参照)





その他調査結果のポイント

○ 外食の頻度は「減った」が4割、コロナ禍の影響大きく
○ 揚げ物メニューの注文は、様々な料理ジャンルの外食店で
○ 揚げ物メニューに書かれていたら魅力を感じることは「衣がサクサク」のほか、「コレステロール」「カロリー」などの栄養成分関連
○ フライ油の種類や質は、外食店の料理ジャンルによらず「気になる」が約半数
○ フライ油に使われていたら嬉しい油は「オリーブオイル」が最多、健康イメージのある油が上位に

調査概要
・実査期間
調査1: 2022年6月9日~14日
調査2: 2022年6月16日~21日
・調査手法 定量調査 (インターネット調査にて実施)
・調査地域 首都圏(1都3県)、近畿圏(2府4県)
・調査対象 20~70代の男女
・サンプル数・割付
調査1: n=10000
(性別・年代・地域の人口構成比に応じた割付にて回収、ウエイトバック処理を実施)
調査2: n=2000、外食※を月1回以上利用する人 
※ 飲食店で食事をすること(イートイン)。テイクアウト・デリバリーを除く。
(調査1で外食を月1回以上利用すると回答した人の構成比率に基づいて回収)

◆ 調査結果詳細(レポート)はホームページをご覧下さい。
https://www.nisshin-oillio.com/report
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)