アパレル・ファッション

新型コロナウイルスとの闘いを支援するため、ブルガリがハンドクレンジングジェルの寄付を英国へ拡大

ブルガリ ジャパン株式会社
2020年4月23日、イタリア、ローマを代表するハイジュエラー ブルガリは、新型コロナウイルスのさらなる蔓延を防ぐため、最前線でウイルスと向き合う英国の医療従事者へハンドクレンジングジェルを寄付しました。



ブルガリは、2020年2月より、新型コロナウイルスの撲滅において科学会と医学会への支援をつづけております。ローマ、スパランツァーニ病院への寄付による最先端の3D顕微鏡の納品は、新型コロナウイルス感染を細胞レベルで研究することを実現し、この先に期待されるワクチンの開発に貢献しています。その翌月、イタリアでの感染拡大がさらに深刻な局面をむかえると、ブルガリはフレグランスの生産設備をハンドクレンジングジェルの製造に切り替え、政府の保険当局を通じ、イタリアとスイスの病院、医療関係施設へ寄付しました。

ブルガリは本日、英国に医療現場でも使用できる160,000本以上のハンド消毒ジェルを寄付することを発表し、5月初旬に国民保健サービス(NHS)を通じ供給されます。医療従事者がポケットに常備できるよう、ジェルは75mlサイズのリサイクル可能な容器を用いています。英国は欧州のなかでも感染拡大が深刻な状況となっている国のひとつであり、最前線の医療従事者は前例のない課題に直面しています。ブルガリはこの支援により、感染リスクと向き合う彼らの感染予防に貢献できると信じています。ブルガリにとって長きにわたり大切なマーケットであり、もっともブルガリが愛されている国のひとつである英国が難しい局面をむかえた今、支援活動を通じて貢献する義務があると考えています。

新型コロナウイルスと闘うための支援は、イタリア国内でもっとも影響を受けているロンバルディア州ベルガモのクレマ市から始まっています。同市は、ブルガリがフレグランスの生産で長きにわたりパートナーシップを締結するICR社が寄付用の消毒剤を用いたハンドクレンジングジェルを生産している都市です。当初は1日に6,000本生産していましたが、現在は1日に20,000本まで増やしています。これは何千人もの命がすでに失われているイタリア国内の感染中心部にいるにもかかわらず、自発的に活動を続けることを、勇気をもって選択した、勇敢で献身的な50人のブルガリの従業員がもたらした称賛すべき成果です。彼らの英雄的な貢献は、イタリア、スイス、そして英国での蔓延を防ぎ、命を救う一助となっています。

ブルガリ・グループ CEO ジャン-クリストフ・ババンは次のようにコメントを寄せております。
「ブルガリはミラノ近郊のローディ市で製造されたハイエンドのフレグランス生産を通じアルコール使用のノウハウを習得しており、新型コロナウイルスの感染から英雄的な医療従事者を保護するため製造インフラを消毒ジェルの生産に集中することにいたしました。この支援活動はもっともウイルスの影響を受けている母国であるイタリアから始めました。つづいて、100万人あたりの感染者数がもっとも多い欧州諸国のひとつであるスイスに寄付を拡大することにいたしました。そして現在、欧州で1日あたりの死者数がもっとも多い英国の国民保健サービスを通じた寄付へも拡大いたします。
企業とは利益を最大化することだけでなく、つながりのあるコミュニティにおける責任のある一市民として行動することは、日々の倫理的な資源調達、サステイナブルな活動、ネパールでの地震から英国での感染流行まで、自然災害救助に貢献する迅速な対応であると信じています」

英国保健・社会保障省の大臣であるマット・ハンコック氏は次のようにコメントを述べました。
「新型コロナウイルスとの闘いは世界的な取り組みです。このたび感染予防のためのハンドジェルを寄付してくださったブルガリに感謝しています。ブルガリは自身が担える役割を果たし、人々の感染予防を助けることで、間違いなく命を救っています。ブルガリの寛大さと、このウイルスとの闘いに勝つために、彼らが果たしている責任に敬意を表します」

インペリアル・カレッジ・ロンドンのグローバル・ヘルス・イノベーション研究所のディレクター兼教授であるアラ・ダルジ・デンハム卿は次のようにコメントを述べました。
「英国政府により本日受理されたLVMHグループに属するブルガリから国民保健サービス(NHS)へのハンド消毒ジェルの寛大な寄付に、心より感謝しています。ブルガリは、前例のないほど困難な時期に自身の製造設備をハンドジェルの生産施設に改造し、新型コロナウイルスに対するグローバルな闘いにおいてグローバルブランドがどのように適応し、重要な役割を果たすことができるかを実証しました」

ブルガリは長きにわたりチャリティパートナーシップを締結するセーブ・ザ・チルドレンが、新型コロナウイルスの蔓延により影響を受けた家族の支援に懸命に取り組んでいることへ敬意を表します。英国の慈善団体は、パンデミックの悪影響を受けやすい人々に不可欠な物資を供給するための緊急基金を立ち上げました。「ブルガリ セーブ・ザ・チルドレン」コレクションの売り上げの一部は寄附金としてセーブ・ザ・チルドレンの取り組みに貢献し、11年前に締結されたこのパートナーシップは、これまでに9000万ドル以上の寄付を支援しています。

ブルガリは、ラグジュアリー業界の世界的なリーダーであるLVMHグループに属しており、同グループはフランスの衛星当局に支援をすることを発表しております。LVMHグループパフューム&コスメティックス事業に属すディオール、ゲラン、ジバンシィの生産設備を活用し、週に50トンのハンド消毒ジェルを生産し、フランス国内の病院へ寄付します。また、中国のサプライヤーへ大量のマスクを発注し、100万枚のマスクがフランスに届けられます。LVMHグループは今後、数百万枚のマスクをイタリアとスペインに寄付することも検討しています。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会